コスモス1686号(コスモス1686ごう、ロシア語:Космос-1686、ラテン文字表記の例:Cosmos 1686)とは、1985年ソビエト連邦によって打ち上げられた宇宙ステーションへの補給船。TKSの4回目の飛行で、3回目の補給ミッションだった。

コスモス1686号
コスモス1686号
コスモス1686号。
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1985-086A
カタログ番号 16095
状態 運用終了
目的 物資輸送
打上げ機 プロトンロケット
打上げ日時 1985年9月27日
質量 18トン
発生電力 2.4kW
軌道要素
軌道 低軌道
近点高度 (hp) 281km
遠点高度 (ha) 315km
軌道傾斜角 (i) 51.6度
軌道周期 (P) 90.5分
テンプレートを表示
ドッキングしたサリュート7号(右上)とコスモス1686号。

設計編集

コスモス1686号は、TKSと呼ばれる重量18トンの大型宇宙船で、帰還用のVAカプセルと、大きな内容積を持つFGBモジュールから構成されていた。もともとはアルマース宇宙ステーションへの補給のために開発されたが、アルマース計画のキャンセルに伴いサリュート計画の補給ミッションに使用された。設計上は有人打ち上げも可能だったが、実際に有人で打ち上げられることはなかった。

コスモス1686号はサリュートに結合したまま大気圏に突入する予定だったため、帰還カプセルは不要となった。このため以前のTKSと異なり、カプセルはスペクトル計や赤外線望遠鏡を備えた観測モジュールに改造された。

飛行編集

コスモス1686号は、1985年9月27日バイコヌール宇宙基地からプロトンロケットによって無人で打ち上げられた。5日後の10月2日にサリュート7号とドッキングし、4.5トンの積荷を送り届けた。このときサリュートにはソユーズT-14の宇宙飛行士が滞在していた。

1985年11月21日、ソユーズT-14が帰還し、宇宙ステーションは無人になった。

1986年5月6日ソユーズT-15で宇宙飛行士が訪れ、6月25日まで滞在した。これがサリュート7号最後の有人ミッションとなった。同年8月、コスモス1686号はエンジンを噴射し、宇宙ステーションの軌道高度を475kmまで押し上げた。その後、軌道高度は大気の抵抗のため低下し続けた。

1991年2月7日、コスモス1686号はサリュート7号とともにアルゼンチン上空で大気圏に突入した。

コスモス1686号はTKSの4回目の飛行で、一つ前のTKSのミッションは1983年4月のコスモス1443号だった。純粋なTKSのミッションはコスモス1686号で終了したが、1987年3月にはTKSの設計を流用したクバント1モジュールが打ち上げられた。

1985年10月8日観測の飛翔体編集

1985年10月8日19時53分頃、関東から四国にかけて観測された発光する飛翔体は、コスモス1686号打ち上げに使われたロケットモジュールの大気圏再突入であるとみられている[1]。この飛翔体は当時甲子園球場で開催されていた阪神タイガースヤクルトスワローズ戦の中継カメラにも収められた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『天文年鑑 1987年版』誠文堂新光社、135頁。 
  2. ^ (日本語) '85 甲子園上空にUFO?, https://www.youtube.com/watch?v=b0jB735EvqI 2021年5月5日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集