コパ・イベリカ西 : Copa Ibérica, 英語 : Iberian Cup)またはタッサ・イベリカ : Taça Ibérica)は、かつてイベリア半島で行われていたサッカーの国際大会である。スペインポルトガルから、各国主要大会の優勝クラブが1クラブずつが参加するが、参加クラブはリーグ戦の優勝クラブとは限らない。

コパ・イベリカ
開始年 1935年
終了年 2005年
主催 不明
地域 イベリア半島
(スペインの旗 スペイン, ポルトガルの旗 ポルトガル)
参加チーム数 2
テンプレートを表示

歴史編集

コパ・イベリカ編集

第1回コパ・イベリカは、1935年7月7日に1試合制で行われた。プリメイラ・リーガ優勝のFCポルトラ・リーガ優勝のレアル・ベティスが参加し、ポルトが4-2で勝利した。第1回大会は両国のサッカー連盟から公式には認知されていない。第2回コパ・イベリカは、第1回大会の48年後の1983年に2試合制で行われた。プリメイラ・ディヴィゾン優勝のSLベンフィカとラ・リーガ優勝のアスレティック・ビルバオが参加し、2試合合計4-3でベンフィカが勝利した。第2回大会は両国のサッカー連盟に公式に認知され、ポルトガルサッカー連盟 (FPF) がトロフィーを提供した。第3回コパ・イベリカは、1991年に2試合制で行われた。コパ・デル・レイ優勝のアトレティコ・マドリードとプリメイラ・ディヴィゾン優勝のベンフィカが参加し、2試合合計4-3でアトレティコが勝利した。

コパ・ペニンスラール編集

2000年にはコパ・ペニンスラールと名称を変え、1試合制で大会が行なわれた。UEFAチャンピオンズリーグ優勝のレアル・マドリードとプリメイラ・リーガ優勝のスポルティングCPが参加し、スポルティングが2-1で勝利した。

レコパ・イベリカ編集

2005年にはレコパ・イベリカと名称を変え、1試合制で大会が行なわれた。タッサ・デ・ポルトガル優勝のヴィトーリア・セトゥーバルとコパ・デル・レイ優勝のベティスが参加し、ヴィトーリア・セトゥーバルが2-1で勝利した。

歴代大会結果編集

開催年 大会名 優勝クラブ 出場資格 スコア 準優勝クラブ 出場資格
1935 第1回コパ・イベリカ   ポルト プリメイラ・リーガ優勝 4-2   レアル・ベティス ラ・リーガ優勝
1983 第2回コパ・イベリカ   ベンフィカ プリメイラ・リーガ優勝 1-2
3-1
  アスレティック・ビルバオ ラ・リーガ優勝
1991 第3回コパ・イベリカ   アトレティコ・マドリード コパ・デル・レイ優勝 1-1
3-2
  ベンフィカ プリメイラ・リーガ優勝
2000 コパ・ペニンスラール   スポルティングCP プリメイラ・リーガ優勝 2-1   レアル・マドリード チャンピオンズリーグ優勝
2005 レコパ・イベリカ   ヴィトーリア・セトゥーバル タッサ・デ・ポルトガル優勝 2-1   レアル・ベティス コパ・デル・レイ優勝

外部リンク編集