コルクガシ(学名:Quercus suber)は、ブナ科コナラ属の常緑高木。その樹皮はコルクとして様々な用途に使用される。

コルクガシ
Quercus suber JPG1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: ブナ目 Fagales
: ブナ科 Fagaceae
: コナラ属 Quercus
: コルクガシ Q. suber
学名
Quercus suber
和名
コルクガシ
英名
cork oak

特色編集

 
コルクガシが自生する地域

原産地はスペインを中心とする地中海沿岸地域である[1]。スペイン、ポルトガルアルジェリアモロッコフランスイタリアチュニジアでコルクガシが栽培されており、その栽培面積は25,000km2にも及ぶ。世界全体のコルク生産量の約50%はポルトガルが占めている。

樹高は18mに、直径は1.5mに達し、幹の外側に厚いコルク層を形成する[1]。樹齢20年に達したコルクガシのコルク層を剥ぎ取っても生育は阻害されず、再び厚いコルク層が再生される[1]。樹齢約25年になると処女のコルクガシから初めてコルク層が剥ぎ取られる。2度目の収穫はその9年から12年後であり、1本のコルクガシはその生涯に約12回の収穫を行う。150年から250年ほどに渡って[2]コルク層を収穫することができる[1]。コルク層の収穫に機械を使用することはできない。

ワインボトルの栓となるコルクはコルク消費量の約15%にすぎないが、収入においては66%を占めている。その他には断熱材、床材、防音材、手工芸品などに使用され、バドミントンシャトルコック釣り竿のグリップなどにも使用される[3]。コルクガシのほかには、日本に自生するアベマキからもコルク層を収穫することができるが、コルクガシに比べて質は劣る[1]。コルクガシ畑には家畜が放牧され[3]、そのドングリイベリコ豚の餌となる。イベリコ豚が放牧されるカシの森林をデエサスペイン語版)と呼び、デエサにはコルクガシの森とセイヨウヒイラギガシの森の2種類があるが、セイヨウヒイラギガシのデエサで育ったイベリコ豚のほうが上質だとされる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e コルクガシ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ^ Abigail Hole, Michael Grosberg and Daniel Robinson, 2007
  3. ^ a b Gil, L. & Varela, M. (2008), Cork oak - Quercus suber: Technical guidelines for genetic conservation and use, European Forest Genetic Resources Programme, pp. 6, http://www.euforgen.org/fileadmin//bioversity/publications/pdfs/1323_Cork_oak__Quercus_suber_.pdf