コンスタンサ・デ・シシリア

コンスタンサ・デ・シシリア(Constanza de Sicilia, 1249年 - 1302年4月9日)は、シチリアマンフレーディサヴォイア家出身の王妃ベアトリーチェの娘。1262年にアラゴンペドロ3世と結婚し、シチリアの晩祷事件以降シチリア王妃となる。イタリア語名はコスタンツァ・ディ・シチーリア(Costanza di Sicilia)。

コンスタンサ・デ・シシリア
Constanza de Sicilia
アラゴン王妃
シチリア王妃
D. Constança de Hohenstaufen, Rainha de Aragão - The Portuguese Genealogy (Genealogia dos Reis de Portugal).png
在位 アラゴン王妃:1276年 - 1285年
シチリア王妃:1282年 - 1285年

出生 1249年
シチリア王国カターニア
死去 1302年4月9日
バルセロナ
埋葬 バルセロナサンタ・エウラリア大聖堂
配偶者 アラゴンペドロ3世
子女 一覧参照
家名 ホーエンシュタウフェン家
父親 シチリアマンフレーディ
母親 ベアトリーチェ・デ・サヴォイア
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

経歴編集

1249年にシチリア島東部の都市カターニアに誕生した。年代記作家ラモン・ムンタネー(Ramon Muntaner, 1265年 - 1336年)によると、1262年7月5日モンペリエにて14歳のコンスタンサは、アラゴン王ハイメ1世征服王と妻ビオランテ・デ・ウングリアの長男ペドロ3世と結婚した。

父マンフレーディは、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の嫡出子コンラート4世1228年 - 1254年)が成人になるまでシチリア王の摂政を命じられたに過ぎなかったが、教皇の反対を抑えて1257年までに王国全土をほぼ支配下に置いていた。バイエルンにいたコンラートが死去したという噂に乗じて、1258年にパレルモ大聖堂にてシチリア王として戴冠した[1]。教皇ウルバヌス4世ホーエンシュタウフェン家の支配を封じるため、1263年にフランス王ルイ9世の弟シャルル・ダンジュー(アンジュー家カルロ1世)をシチリア王とした。

1266年、父マンフレーディが南イタリアのベネヴェント近郊にてシャルル・ダンジューとの戦いに敗れ、シチリア支配権だけでなく命を奪われると(ベネヴェントの戦い)[1]、ラウリア家、ランチア家、プロチダ家などのシチリアの有力な家柄がアラゴン王国へと亡命した。

シチリア王位を継承したコンラート4世の息子コッラディーノ1252年 - 1268年)もシャルル・ダンジューとの戦いに敗れ、ナポリで斬首されたことにより、ホーエンシュタウフェン家の唯一の男系子孫となったコンスタンサは、シチリア王国奪還を目指して夫ペドロ3世を後押しした。

ペドロ3世はまず1281年、アンジュー家支配に不満を持つ貴族に対し、イスラム地域チュニジア攻略のため十字軍への参加を募り、教皇マルティヌス4世から支援を受けることなく、翌1282年6月にバルバリアに上陸した。1282年春のシチリアの晩祷事件に乗じて、コンスタンサはシチリア人に介入するよう夫ペドロを導いた。ペドロはこれを承諾し、8月にはシチリアの港湾都市トラーパニに600人の兵士、8000人の歩兵隊と共に上陸した。7月25日にメッシーナを包囲していたシャルル・ダンジューは、アラゴン兵上陸後のトラーパニの攻撃を試みるも無益に終わり、撤退した(シチリア晩祷戦争)。ペドロ3世はそれから間もなくシチリア全島征服を達成し、ペドロ3世とコンスタンサ夫妻は1282年8月30日、パレルモにてシチリア王位を宣言した[2]

1283年、教皇マルティヌス4世が夫ペドロを破門し[3]、アラゴン王国の王座を失効したという通告を受けて、バルセロナへと帰還する際、ペドロは妻コンスタンサにシチリア王国の統治を委任した[3]

1285年の夫の死後も、コンスタンサは次男ハイメにアラゴン王国支配を任せ、代わりにシチリア王国の統治を続けた。

長男アルフォンソ3世1265年 - 1291年)が独身のまま死去した後、1296年にアラゴン王位を継いだハイメ2世はシチリア王位を弟フェデリーコに就けた。1297年にはアンジュー家のナポリカルロ2世と講和条約を結び、コンスタンサの娘ヨランダは同年3月にナポリ王子ロベルトと結婚した[4]。コンスタンサはアラゴン王国へと帰還し、晩年をバルセロナのサンタ・クララ修道院にて過ごした[4]

1302年4月9日にバルセロナにて没し、バルセロナのサン・フランシスコ修道院に埋葬された。

子女編集

ペドロ3世との間に4男2女を儲けた。

脚注編集

  1. ^ a b クアトリーリオ、p. 53
  2. ^ クアトリーリオ、p. 67
  3. ^ a b クアトリーリオ、p. 68
  4. ^ a b クアトリーリオ、p. 71

参考文献編集

  • ジュゼッペ・クアトリーリオ 『シチリアの千年』 新評論、1997年