メインメニューを開く
コールマンスコップの町の標識
コールマンスコップの見捨てられた家
廃屋
ドイツ南西アフリカのための切手は消印Kolmannskuppe1912

コールマンスコップ(Kolmannskuppe、アフリカーンス語ではKolmanskop)は、ナミビアの南方にあるゴーストタウン。港町リューデリッツから2,3 km内陸部にある。ここは元は小さな炭坑町であった。今は合弁会社 NAMDEB(ドイツ語版) が運営する観光ツアーの人気の目的地になっている。

ここは1908年この地域でダイヤモンドが発見されてから発展し、ナミビア砂漠の過酷な環境の中で働く労働者たちにとって格好のオアシスとなっていた。1918年までドイツ領南西アフリカの一部であったことから、村はドイツ風の外見を持ち、病院ダンスホール発電所学校ボウリング場、劇場体育館カジノ製氷工場、そして南西アフリカでは最初の物性研究所もあった(2007年2月現在のデータ)。リューデリッツへの鉄道路線もあった。

この町は、第二次世界大戦後、ダイヤモンドの価格が暴落し、衰退し始める。鉱業はオランジムンドに移っていった。町は1956年には捨てられたが、その後一部復旧した。 観光客が、今、砂の中に半ば埋まってしまった家々の間を歩き回ることができるのも、砂漠地質学的な特性によるものである。

トリビア編集

2000年の映画「キング・イズ・アライヴ」(The King Is Alive〈英語版〉)は、コールマンスコップを主たる撮影地として撮影された。

関連項目編集

外部リンク編集