ゴマバラワシ (Polemaetus bellicosus) は、鳥綱タカ目タカ科ゴマバラワシ属に分類される鳥類。本種のみでゴマバラワシ属を構成する。

ゴマバラワシ
Martial-Eagle-Masai-Mara.jpg
ゴマバラワシ Polemaetus bellicosus
保全状況評価[1][2][3]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: ゴマバラワシ属
Polemaetus Heine, 1890[4]
: ゴマバラワシ P. bellicosus
学名
Polemaetus bellicosus (Daudin, 1800)[3]
和名
ゴマバラワシ[5]
英名
Martial eagle[3][5][6]

分布域

分布編集

サハラ砂漠以南のアフリカ大陸(セネガルからソマリア北西部以南)[3]

形態編集

全長78-86cm。翼開長188 - 260センチメートル[6]。体重3.1- 6.2キログラム[6]。上面は褐色[6]。下面は白く、黒や褐色の斑点が入る[6]

生態編集

藪地が点在する草原サバンナ・開けた森林などに生息し、南アフリカ共和国では半砂漠などでもみられる[3]

主に1 - 5キログラムまでの哺乳類・鳥類・爬虫類などを食べるが、最大35キログラムの獲物を捕食することもある[6]。南アフリカ共和国では主にケープノウサギを食べるが、ケープアラゲジリスエジプトマングースHerpestes ichneumonコビトマングースMungos mungoシママングースホソマングースGalerella sanguineaといったマングース類ケープジェネットGenetta tigrinaヨーロッパジェネットGenetta genettaといったジェネット類、ノガン科ホロホロチョウ科シャコ属などの鳥類も食べたという報告例がある[6]ベルベットモンキーChlorocebus pygerythrusヒヒ属などのサル類、ケープハイラックスインパラの幼獣やトムソンガゼル類・ダイカー属などの小型の有蹄類、イヌ属(ジャッカル類)、サバンナオオトカゲナイルオオトカゲを捕食することもある[6]

樹上や鉄塔に枝などを用いた巣を作り、1卵を産む。雛は孵化後、90日以上経ってから巣立つ。

人間との関係編集

家畜の幼獣を食害する、害鳥とみなされることもある[6]

害鳥としての駆除、毒餌による巻き添え、送電線による感電死、急な傾斜のついた貯水池に落下することによる溺死などにより生息数は減少している[6]。狩猟による獲物の減少に伴い、家畜への襲撃が増え駆除に繋がることも懸念されている[3]。1979年に旧タカ目Falconiformes単位で、ワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]

日本では2021年の時点でポレマエトゥス・ベルリコススとして特定動物に指定されており、2019年6月には愛玩目的での飼育が禁止された(2020年6月に施行)[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 旧タカ目Falconiformes単位で掲載

出典編集

  1. ^ I, II and III (valid from 28 August 2020)<https://cites.org/eng> [Accessed 09/01/2021]
  2. ^ a b UNEP (2021). Polemaetus bellicosus. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. [Accessed 09/01/2021]
  3. ^ a b c d e f BirdLife International. 2020. Polemaetus bellicosus. The IUCN Red List of Threatened Species 2020: e.T22696116A172287822. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2020-3.RLTS.T22696116A172287822.en. Downloaded on 09 January 2021.
  4. ^ Hoatzin, New World vultures, Secretarybird, raptors, Gill, F & D Donsker (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.2). https://doi.org/10.14344/IOC.ML.10.2. (Accessed 09 January 2021)
  5. ^ a b 山階芳麿 「ゴマバラワシ属」『世界鳥類和名辞典』、大学書林、1986年、60頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j Will Overholt, 2011. "Polemaetus bellicosus" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed January 09, 2021 at https://animaldiversity.org/accounts/Polemaetus_bellicosus/
  7. ^ 特定動物リスト (動物の愛護と適切な管理)環境省・2021年1月9日に利用)

関連項目編集