イヌ属(イヌぞく、Canis)は、イヌ科に分類される属。

イヌ属
タイリクオオカミ
タイリクオオカミ Canis lupus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ型亜目 Caniformia
下目 : イヌ下目 Cynoidea
: イヌ科 Canidae
亜科 : イヌ亜科 Caninae
: イヌ属 Canis
学名
Canis Linnaeus, 1758[1]
タイプ種
Canis familiaris Linnaeus, 1758[1]
和名
イヌ属[2]

本文参照

この6種のうち、タイリクオオカミCanis lupus)は世界中に分布し、地域亜種が多い(亜種の数は学説により異なる)。イエイヌ(いわゆるイヌ)も、タイリクオオカミの亜種のひとつである。

目次

分布編集

形態編集

前肢の指は5本、後肢の趾は4本[2]

乳頭数は4 - 5対[2]

分類編集




ヨコスジジャッカルCanis adustus



セグロジャッカルCanis mesomelas





リカオンLycaon pictus




ドールCuon alpinus




アビシニアジャッカル
Canis simensis




キンイロジャッカルCanis aureus




コヨーテCanis latrans




タイリクオオカミ
Canis lupus



イヌ









Lindblad-Toh et al.(2005)より核DNAの12のエクソンと4のイントロンの塩基配列を決定し最大節約法によって推定した系統樹からイヌ属を含む範囲を抜粋[3]

乳頭数(4対)や尾長の比率が大きいからヨコスジジヤッカル・キンイロジャッカル・コヨーテ・セグロジャッカルをジャッカル亜属Thos、ジャッカル類に類似するものの吻が細長く眼窩の位置が後方にあること・尾長の比率が小さいことからアビシニアジャッカルのみでアビシニアジャッカル亜属Simeniaを構成する説もあった[2]

キンイロジャッカルのアフリカ大陸北部産の亜種C. a. lupasterは、頭骨や歯の形状から独立種とする説もあった[2]。2011年に発表されたミトコンドリアDNAの分子系統解析の結果から、C. a. lupasterをキンイロジャッカルではなくタイリクオオカミの亜種とする説が提唱された[4]。2015年に発表されたミトコドリアDNAや核DNAなどの分子系統解析の結果から、キンイロジャッカルのアフリカ大陸個体群をC. anthus(英名としてC. anthusにAfrican golden wolf、狭義のC. aureusにEurasian golden jackalを提唱)として分割する説もある[5]

タイリクオオカミの学名をイヌと同じCanis familiarisとする説もあった。2003年にICZNの強権によりC. familiarisはイヌのみを指す学名とし、野生種の学名はC. lupusを引き続き使用することが認められた[6]

以下の分類・英名はMSW3(Wozencraft,2005)、和名は増井(1991)に従う[1][2]

画像編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c W. Christopher Wozencraft, "Canis," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, pp. 574-577.
  2. ^ a b c d e f g 増井光子 「イヌ属」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、140-147頁。
  3. ^ Kerstin Lindblad-Toh, et al., "Genome sequence, comparative analysis and haplotype structure of the domestic dog," Nature, Volume 438, Number 7069, 2005, pp. 803-819.
  4. ^ Eli Knispel Rueness, Maria Gulbrandsen Asmyhr, Claudio Sillero-Zubiri, David W. Macdonald, Afework Bekele, Anagaw Atickem, Nils Chr. Stenseth, "The Cryptic African Wolf: Canis aureus lupaster Is Not a Golden Jackal and Is Not Endemic to Egypt," PLoS One, Volume 6, Issue 1, Thomas M. Gilbert, Editor, 2011.
  5. ^ a b Klaus-Peter Koepfli, John Pollinger, Raquel Godinho, Jacqueline Robinson, Amanda Lea, Sarah Hendricks, Rena M. Schweizer, Olaf Thalmann, Pedro Silva, Zhenxin Fan, Andrey A. Yurchenko, Pavel Dobrynin, Alexey Makunin, James A. Cahill, Beth Shapiro, Francisco Álvares, José C. Brito, Eli Geffen, Jennifer A. Leonard, Kristofer M. Helgen, Warren E. Johnson, Stephen J. O’Brien, Blaire Van Valkenburgh, Robert K. Wayne'Correspondence information about the author Robert K. Wayne, "Genome-wide Evidence Reveals that African and Eurasian Golden Jackals Are Distinct Species," Current Biology, Volume 25, Issue 16, 2005, Pages 2158–2165
  6. ^ Bulletin of Zoological Nomenclature. "International Commission on Zoological Nomenclature, Opinion 2027 (Case 3010). Usage of 17 specific names based on wild species which are predated or contemporary with those based on domestic animals (Lepidoptera, Osteichthyes, Mammalia): conserved". Bulletin of Zoological Nomenclature, Volume. 60, 2003, pp. 81-84.

関連項目編集