メインメニューを開く

サボテンの花」(サボテンのはな)は、宮部みゆき短編小説。また、それを元にしたテレビドラマや舞台作品など。

初出は『小説現代1989年3月号に掲載された。現在は短編集『我らが隣人の犯罪』(文藝春秋刊)に収録されている。

目次

ストーリー編集

卒業間近の6年1組の子供たちが、小学校卒業研究として「サボテンの超能力」を研究したいと言い出す。堅物の担任の宮崎先生は猛反対するが、定年間近の権藤教頭は、子供たちの好きなようにやらせてみようと言うのだった。しかし子供たちは、研究と称して次々に騒動を起こすようになり、権藤教頭は対応に追われることになる。

テレビドラマ編集

1991年9月23日関西テレビフジテレビ系列の不思議サスペンス(月曜サスペンスシリーズ)の一作品として放送された。

キャスト編集


舞台編集

2002年版編集

ありがとうサボテン先生』(ありがとうサボテンせんせい)のタイトルで、2002年3月6日から3月28日まで日生劇場で公演が行われた。脚本・成井豊、演出・水田伸生[1]

しずくと月真和尚は原作にないキャラクターだが、原作に登場する大学生・秋山徹の役割を果たす役。6年1組の子供たちとしては子役が多数出演した。

キャスト

2007年版編集

2007年3月1日から3月6日までシアターBRAVA!で、3月14日から4月1日までシアターアプルで公演が行われた。

脚本:成井豊、演出:成井豊、白井直演劇集団キャラメルボックスの公演。この公演でも、しずくと月真和尚が登場。6年1組の子供たちは大人の役者が演じた。

キャスト

朗読劇編集

2015年10月6日吉祥寺シアターにて公演された。

脚色:満仲由紀子、演出:小林俊夫青二塾内の小劇団『アトリエ「ん」』の公演。出演者は青二塾出身の声優。

キャスト

脚注編集