サミラ・マフマルバフ

サミラ・マフマルバフ(سمیرا مخملباف, ラテン文字転写:Samira Makhmalbaf, 1980年2月15日[1] - )は、イランテヘラン出身の映画監督。父親は同じく映画監督のモフセン・マフマルバフ。妹のハナも映画監督。

サミラ・マフマルバフ
Samira Makhmalbaf
Samira Makhmalbaf
2020年
本名 سمیرا مخملباف
生年月日 (1980-02-15) 1980年2月15日(42歳)
出生地 テヘラン
国籍 イランの旗 イラン
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1998年 -
活動内容

1998年:『りんご英語版
2000年:『ブラックボード 背負う人英語版

2003年:『午後の五時英語版
著名な家族 モフセン・マフマルバフ(父)
ハナ・マフマルバフ(妹)
主な作品
『午後の五時』
 
受賞
カンヌ国際映画祭
審査員賞
2000年『ブラックボード 背負う人』
2003年『午後の五時』
エキュメニカル審査員賞
2003年『午後の五時』
ヴェネツィア国際映画祭
ユネスコ連盟賞
2002年11'09''01/セプテンバー11
その他の賞
英国映画協会
サザーランド杯
1998年『りんご』
テンプレートを表示

経歴編集

 
後左から実母ファテメ・メシュキニ(義母マルズィエ・メシュキニ英語版の妹)父マフマルバフ、前左から兄メイサムとサミラ。

14歳で学校を辞め、父モフセンの作った映画学校で5年間学んだ。初監督作品『りんご』は17歳の時の作品である。

2000年の『ブラックボード 背負う人』と2003年の『午後の五時』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞している。『午後の五時』では、女性監督として初のエキュメニカル審査員賞も受賞しており、2017年に河瀨直美が『』で受賞するまで、唯一の女性受賞者であった。

カンヌやベルリン国際映画祭で審査員も務めている。

主な監督作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集