サルマーン・ビン・イブラーヒーム・アール=ハリーファ

シャイフ・サルマーン・ビン・イブラーヒーム・アール=ハリーファアラビア語: سلمان بن ابراهيم آل خليفة‎ 、英語: Salman bin Ibrahim Al Khalifa1965年11月2日 - )はアジアサッカー連盟(AFC)の第10代会長。バーレーンの王室であるハリーファ家の一員で、AFC会長就任前はバーレーンサッカー協会(BFA)の会長(2002–13) [1]並びにAFC懲戒委員会の委員長および国際サッカー連盟 (FIFA) 懲戒委員会の副委員長も務めた[2]。彼はFIFA評議会英語版のメンバーであり、FIFA開発委員会の委員長を務める。

サルマーン・ビン・イブラーヒーム・アール=ハリーファ
Salman bin Ibrahim Al Khalifa
سلمان بن ابراهيم آل خليفة
Salman Al-Khalifa.jpg
テヘランでの記者会見に臨むハリーファ
FIFA シニア・バイス・プレジデント
就任
2018年4月8日
総督ジャンニ・インファンティーノ
前任者デイビット・チョン英語版
第10代 アジアサッカー連盟会長
就任
2013年5月2日
前任者張吉竜
バーレーンサッカー協会会長
任期
2002年10月2日 – 2013年5月1日
前任者Abdulrahman Sayyar
後任者Ali bin Khalifa Al Khalifa
個人情報
生誕Salman bin Ibrahim Al Khalifa
(1965-11-02) 1965年11月2日(56歳)
リファー
国籍バーレーンの旗 バーレーン
配偶者Sheikha Nada (m. 1993)
子供3人
Ibraheem Al-Khalifa
出身校バーレーン大学英語版
職業バーレーン王族

1942年から1961年に亡くなるまでバーレーンの君主であったサルマーン・ビン・ハマド・アール・ハリーファ英語版の孫(娘の子)。

来歴編集

アル・リファーSCのユースチームでプレーしていた経歴を持つ[3][4]。1992年にバーレーン大学を卒業し、英文学と歴史の学士号を取得。

学術研究に専念するためにアル・リファーを離れて以降、BFAで幹部職を歴任。1996年には代表チームの会長に就任。 1998年にBFAの副会長に選出され、2002年に会長に選出された。在任中にはFIFAワールドカップ、FIFAビーチトーナメント、FIFAクラブチャンピオンシップなどの懲戒委員会の共同議長も兼務していた。彼はまた、2008年に北京でFIFA懲戒委員会の副議長を務めた。 [4]

サルマーンがバーレーンサッカー協会の会長を務める間、代表チーム2006 FIFAワールドカップ2010 FIFAワールドカップの本大会出場は逃すものの、 2004年のアジアカップでは準決勝まで進出し、代表チームにおける大陸選手権での最高成績を挙げた。代表チームのFIFAランキングも、バーレーンサッカー史上最高の44位にランクインする[4]など、黄金期を迎えた。

2013年5月、サルマーンはアジアサッカー連盟の会長に選出された。2015年10月15日、彼は2016年2月のFIFA臨時総会で選出されるFIFA会長に立候補することを発表した[5]が、UEFA書記長のジャンニ・インファンティーノに敗れた[6]

2019年4月6日、サルマーンは2期目のAFC会長に無投票で選出された[7]

私生活編集

3人の子供、2人の娘と1人の息子がいる[要出典]

出典編集

  1. ^   Posted on » Monday, May 04, 2009 (2009年5月4日). “Sports News » 'I don't want to be AFC head'”. Gulf Daily News. 2017年7月8日閲覧。
  2. ^ Disciplinary Committee, FIFA.
  3. ^ Meet the Fifa presidential candidates: Sheikh Salman bin Ibrahim Al Khalifa |”. The National. 2016年2月28日閲覧。
  4. ^ a b c Africa: FIFA Presidency - No Love for Sexwale”. AllAfrica.com. 2016年2月29日閲覧。
  5. ^ Pressure Builds On Sheikh Salman to Respond to Human Rights Allegations”. The Huffington Post. 2016年2月29日閲覧。
  6. ^ “FIFA新会長にインファンティノ氏 “本命”サルマン氏破る”. スポーツニッポン. (2016年2月28日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/02/28/kiji/K20160228012118050.html 2022年3月4日閲覧。 
  7. ^ Sheikh Salman heavy favorite to win FIFA election Friday”. Yahoo News. 2016年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月29日閲覧。

関連項目編集