メインメニューを開く

サルート・オブ・ザ・ジャガー』(原題:The Blood of Heroes/The Salute of the Jugger)は、1989年制作のオーストラリアアメリカ合衆国合作のスポーツアクション映画。アメリカでは“The Blood of Heroes”のタイトルで劇場公開された。

サルート・オブ・ザ・ジャガー
The Blood of Heroes/The Salute of the Jugger
監督 デヴィッド・ピープルズ
脚本 デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
製作 チャールズ・ローヴェン
製作総指揮 ブライアン・ローゼン
出演者 ルトガー・ハウアー
ジョアン・チェン
音楽 トッド・ボーケルハイド
撮影 デヴィッド・エッグビー
編集 リチャード・フランシス=ブルース
配給 松竹富士
公開 オーストラリアの旗 1989年10月19日
アメリカ合衆国の旗 1990年2月23日
日本の旗 1990年2月24日
上映時間 104分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 AUD10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$882,290[2]
テンプレートを表示

ブレードランナー』の脚本家として知られるデヴィッド・ピープルズの初監督作品(兼脚本)。その『ブレードランナー』でレプリカント役を演じたルトガー・ハウアーが主演。

撮影は南オーストラリア州クーバーペディで行われた。

この映画をきっかけに、欧米では「ジャガー」(Jugger)という本作に登場する架空のスポーツを競技化したスポーツが行なわれるようになった。

目次

あらすじ編集

23世紀の地球。全ての文明は滅亡し、荒涼たる砂漠が広がっていた。人々は砂漠でテント生活をするかたわら、犬の頭蓋骨を使って行うラグビーに似たスポーツに熱狂していた。その選手たちは“ジャガー”と呼ばれ、勝者となって中央のリーグに入る事が出来れば裕福で安定した生活が出来るため、皆リーグ加入を夢見ていた。

そんな“ジャガー”の一人サロウはかつてそのリーグに入っていたものの、今は落ちぶれて各地をさまよっていた。立ち寄ったある村でサロウは“ジャガー”を目指す女キッダと出会い、彼女に厳しい特訓をほどこした上で同行させる。

いつしか恋に落ちたサロウとキッダは、リーグ加入のチャンスをつかむべく、地下世界を舞台にした激しい闘いの世界に身を投じていく。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集