ザ・ハード (バンド)

ザ・ハード (The Herd)は、1960年代後半に活躍したイギリスポップ・ロック・バンド。ピーター・フランプトンが在籍したことで知られる。

ザ・ハード
The Herd
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル フリークビート
サイケデリック・ロック
サイケデリック・ポップ
活動期間 1965年 - 1969年
共同作業者 ステイタス・クォー
ハンブル・パイ
旧メンバー ピーター・フランプトン
アンディ・ボウン
トニー・チャップマン
ミック・アンダーウッド
アンドリュー・スティール
テリー・クラーク
ゲイリー・テイラー
ルイス・セナモ
ヘンリー・スピネッティ

来歴編集

1965年、サウスロンドンで結成。1965年から1966年にパーロフォンレーベルから3枚のシングルをリリースするが特に話題にならずメンバー3人が相次いで脱退。1966年に当時16歳のピーター・フランプトンが参加した後のマーキークラブでのライブで、ソングライターチームのハワード=ブレイクリー(Ken Howard & Alan Blaikley)に認められ、フォンタナ・レコードと契約。1967年、再デビューといえる4枚目のシングル「アイ・キャン・フライ」はチャートインしなかったが、続くシングルは3枚続けてヒット。しかしボウンとフランプトン作のオリジナル曲「サンシャイン・コテージ」はヒットせず、ドラマーのアンドリュー・スティールが脱退。また、かねてからティーンエイジ向けアイドル扱いに不満だったフランプトンも脱退してしまう。残ったテイラー、ボウンは新加入のドラマー、ヘンリー・スピネッティと共に「ザ・ゲーム」をリリースするが1969年に解散した。

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『二人だけの誓い』 - Paradise Lost (1968年、Fontana STL 5458) ※ドイツ盤タイトルは『Paradise and Underworld』。旧邦題『ザ・ハード・ファースト・アルバム』
  • Lookin Thru You (1968年、Fontana 67579)

コンピレーション・アルバム編集

  • From The Underworld (1972年)
  • 『ピーター・フランプトン/スーパースターの軌跡』 - All About The Herd (1977年)
    • 1976年に発表され大ヒットを記録した『フランプトン・カムズ・アライヴ!』を受けて発売。イギリスでのLPにシングル曲を加えた日本編集のアルバム。ジャケットには16歳のピーター・フランプトンの顔写真が使用され、バンドの写真は使われていない。
  • The Herd Featuring Peter Frampton (1994年)
  • From the Underworld: The Singles and More (1995年)
  • I Can Fly: The Very Best of The Herd (1998年)
  • Anthology (1998年)
  • Paradise and Underworld (2000年)
  • Underworld (2002年)
  • The Complete Herd (2005年)
  • Best of the Herd (2006年)

シングル編集

  • "Goodbye Baby Goodbye" b/w "Here Comes the Fool" (1965年5月、Parlophone R5284)
  • "She Was Really Saying Something" b/w "It’s Been a Long Time Baby" (1965年10月、Parlophone R5353)
  • "So Much in Love" b/w "This Boy’s Always Been True" (1966年2月、Parlophone R5413)
  • "I Can Fly" b/w "Diary of a Narcissist" (1967年4月、Fontana TF819)
  • "I Can Fly" b/w "Understand Me" (1967年、US Fontana 1588)
  • 「夜明けを求めて / 可愛いいウィリアム」 - "From the Underworld" b/w "Sweet William" (1967年8月、Fontana TF856 & US Fontana 1602) ※全英チャート6位
  • "Paradise Lost" b/w "Come on, Believe Me" (1967年12月、Fontana TF887 & US Fontana 1610) ※全英チャート15位
  • "I Don’t Want Our Loving to Die" b/w "Our Fairy Tale" (1968年3月、Fontana TF925 & US Fontana 1618) ※全英チャート5位
  • 「2人だけの誓い / アイ・キャン・フライ」 - "I Don’t Want Our Loving to Die" b/w "I Can Fly"(1968年6月25日)※オリコン79位
  • 「サンシャイン・コテージ / ミス・ジョーンズ」 - "Sunshine Cottage" b/w "Miss Jones" (1968年10月、Fontana TF957)
  • "The Game" b/w "Beauty Queen" (1969年5月、Fontana TF1011 & US Fontana 1646)
  • "You’ve Got Me Hangin’ from Your Lovin’ Tree" b/w "I Don’t Wanna Go to Sleep Again" (1971年6月、B & C CB154)

参考文献編集

  • 『ブリティッシュ・ロック大名鑑』ブロンズ社、1978年
  • 『The Complete Herd』Repertoire (CD)ライナーノーツ、2005年

外部リンク編集