ザ・フィンガーズ

ザ・フィンガーズ(The Fingers)は、1962年(昭和37年)慶應義塾高等学校(日吉)在学中の三野村清雄たちにより結成されたバンド慶應義塾大学時代を経てメンバーの変更を行いながら1969年(昭和44年)までの7年間、ポップスロックカントリーボサノヴァとジャンルを問わずテレビやライブで活躍した。

メンバー編集

アマチュア時代編集

プロ転向後(石井音楽事務所からプロデビュー)編集

  • 成毛滋(ギター)
  • 高橋信之(ギター)
  • シー・ユー・チェン(ベース)
  • 蓮見不二男(キーボード)- 「メリー・ジェーン」の作詞なども手掛けた。父親は駐モロッコ日本大使などを務めた外交官(蓮見幸雄)。[3]
  • 松本宏三(ドラムス)
  • クロード芹沢(ボーカル)

来歴編集

卓越したギターテクニックで知られた成毛滋は、アマチュア時代から『早弾き』ギタリストとして注目され、プロ転向後も日本のギター界を代表するギタリストとして活躍した。 高橋幸宏の兄にあたる高橋信之は、キーボードの蓮見不二男他、アメリカン・スクールのグループ『ディメンションズ』からシー・ユー・チェンをベーシストとして引き抜き、ドラマー松本宏三を加えた。石井音楽事務所がプロ結成後2年目にクロード芹沢をボーカリストとして参加させた。 ノーキー・エドワーズが弾く『キャラバン』を軽くコピーしてしまうことで知られたアマチュア時代のフィンガースは、プロ転向後、クリームジミ・ヘンドリックスヴァニラ・ファッジレッド・ツェッペリンに影響を受け変貌をしていく。音楽事務所が押し進めるグループ・サウンズ路線と方向性が異なったフィンガースは、1969年夏に解散する。解散直前にTBSラジオで行われたライブ録音が当時、彼らが進みたかった音楽性を物語っている。

ユーミンこと松任谷由実が彼らの追っかけをしていたことでも知られる。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • 1. 「灯りのない街/悲しみの中で」1967年3月1日発売(ユニオン US-518)
  • 2. 「ゼロ戦/ブル・フィンガーズ」1967年7月発売(ユニオン US-537)
  • 3. 「ツィゴイネルワンゼン/愛に向かって」1968年2月6日発売(ユニオン US-564)
  • 4. 「愛の伝説/天使の横顔」1968年6月20日発売(ロンドン TOP-705)
  • 5. 「少女へのソナタ/すてきなクリスティーヌ」1968年11月5日発売(ロンドン TOP-709)
  • 6. 「失われた世界/LOE ME!」1969年6月1日発売(ロンドン TOP-713)

アルバム編集

  • 1. 「サウンド・オブ・ザ・フィンガーズ」1968年12月1日発売(ロンドン SLD-3)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 君塚太「TOKYO ROCK BEGINNINGS」(河出書房新社)P.16
  2. ^ 君塚太「TOKYO ROCK BEGINNINGS」(河出書房新社)P.16
  3. ^ シー・ユー・チェン 第2回 「フィンガーズとユーミンと、ブロードウェイ・ミュージカル『ヘアー』」講談社、現代ビジネス、2014.7.9

関連項目編集