メインメニューを開く

シー・ユー・チェン(Sy Chen、帰化名; 立川サイ)は、多数の企業ブランディングを手掛けるブランドコンサルタント会社、株式会社シー・アイ・エー(CIA Inc.)の創立者兼Chief Integrating Officer及びThe Brand Architect Group日本オフィスの創立者。北京生まれ、2014年に日本国籍取得[1]

目次

経歴編集

1947年、中国・北京の豪商の家に生まれ、5歳の時、両親とともに東京に移住。父親は貨物船を所有し、東南アジアを相手に貿易商を営んでいた。共産党軍の進軍により香港に逃れ、東京に来るまで九龍デヴォン・ロードの邸宅で暮らした[1]。香港の事業を長男に預けて事業拡大のため日本に移住した父母に伴い来日、映画『陽のあたる坂道』の撮影にも使われた田園調布の洋館に住まい、田園調布小学校へ入学、英語を身につけるために5年生で調布のアメリカン・スクールに転校した[1]。13歳のとき父が心臓麻痺で急死し[1]、母親が投資ビジネスなどを展開し引き継ぐ[2]。学友とコピーバンドをやっていた60年代半ばに成毛滋の「ザ・フィンガーズ」に誘われて加わり、上智大学国際学部に通いながらバンド活動を続けたが解散し、大学を中退して行ったアメリカでヒッピー文化の洗礼を受け、帰国後『ヘアー (ミュージカル)』日本公演のメンバーとなる[2]

1970〜80年代に、日本のファッションを引率したアルファキュービックの米国法人代表として27歳で妻子とともにアメリカ・ロスへ移住。ビバリーヒルズのロデオ・ドライブに店を構えたが利益が出ず、日本本社の資金繰りも悪化したため退社[1][3]。雑誌「POPEYE」や「BRUTUS」の海外企画を行う中で、ロスに今までにないレストラン・バー・ギャラリーをつくりたいと思い、1980年にレストラン「チャイナクラブ」を開店し自ら経営。140坪にアールデコ調インテリアとペーター佐藤のイラストを配したチャイナクラブは「ノーテイスト・ノースタイル・ノーサービス(テイストもスタイルもない人にはサービスしない)」を掲げ、アンディ・ウォーホル、キースヒアリングなど当時の有名人が集まるロサンゼルスの人気レストランとなる[3]。2年ほどで人気に陰りが出てきた頃、神戸ポートアイランドに本社ビル建設中のワールド寺井秀藏(のち会長)に呼ばれて単身帰国し、最上階のレストランを手掛ける[3]

東京に戻り、1984年に株式会社シー・アイ・エー(CIA Inc.)を設立。バブル景気の波に乗り、設立当初はイギリス人建築家ナイジェル・コーツを起用した六本木のレストラン「メトロポール」や「小樽ホテル」など、空間プロデュースを中心に活動し、1990年代前半からは、「ワイルドブルーヨコハマ」や福岡ドームスポーツバー「ビッグライフ」など、大規模商業施設のプロジェクトを手掛けたが、バブル崩壊により休業する[3][4]

バブル崩壊による不動産価格下落により海外企業の日本進出が増え[4]、1990年代後半から2000年代前半になると、ギャップナイキなどの海外リテーラーの日本進出店舗展開や、ユニクロの東証一部上場に向けたマーケティング戦略、青山フラワーマーケットのブランド構築などを手掛けるようになる。

その後は、上島珈琲店出光興産三菱東京UFJ銀行など様々なブランド開発や再構築を手掛け、近年では、東京・大崎ThinkParkなどの都市再開発ブランディングやクロスカンパニーの郊外マーケティング戦略構築、日本初の耐火木造商業施設Southwood等を行なった。さらに、格安航空会社で注目されているPeachの総合ブランディングを手掛け、アメリカ人建築家ニール・ディナーリを起用して機体デザインを行った。現在は、サクラクレパスの新文具ブランドサクラクラフトラボのブランド&プロダクト開発、出光昭和石油の合弁ブランド開発、Globe Specsの店舗設計、NTTのテックシティ開発、等を手掛けている。

エピソード編集

学生時代は、プロのベーシストを目指し、成毛滋柳田ヒロエディー・フォルチューノ等とバンド活動を行った。成毛滋らのバンド「ザ・フィンガーズ」にはベーシストとして参加した。

松任谷由実に「ユーミン」というニックネームを付けたのはチェンである[5]。松任谷由実は少女時代にザ・フィンガーズの追っかけをしていた。チェンによれば、当時流行していたムーミンにかけ、中国語で「有名」を意味するニックネームをつけたという[6]。その後、彼女を作曲家の村井邦彦に紹介。レコード・デビューの橋渡し役となる。菊池武夫とワールドの提携を企画し、西麻布の店舗設計をナイジェル・コーツとプロデュースした。

主なプロジェクト編集

1980年代編集

  • メトロポール (レストラン/建築家:ナイジェル・コーツ)
  • タケオキクチ (レテール、クラブ、バーバー/建築家:ナイジェル・コーツ)
  • カフェボンゴ (日本最初のDJラウンジ/建築家:ナイジェル・コーツ)
  • ノアの方舟 (レストラン/建築家:ナイジェル・コーツ)
  • 小樽ホテル (ホテル/ 建築家:ナイジェル・コーツ)
  • 文明楼 (メンバーシップ・クラブ)

1990年代編集

  • ザ・ウオール (商業ビル/建築家ナイジェル・コーツ)
  • カメール (建築家:フレドリック・フィッシャー)
  • ワイルドブルーヨコハマ (アートディレクター:リック・セイリーニ)
  • 福岡ドーム ビッグライフ (建築家:ジョッシュ・シワイザー)
  • セゴビア・ゴルフクラブ (建築家:アルフレード・アリーバス)
  • ブルー (クラブ)
  • フランク・ロイド・ライトのオーガニック・ハウス (フランクロイド財団)
  • ギャップ (渋谷フラッグシップ・ストア)
  • ナイキ (ナイキコンセプト・ストア全国展開)
  • ユニクロ (雛形ブランディング開発)
  • 青山フラワーマーケット (総合ブランディング)
  • 龍雲院 (リトリート・レジデンス/ 建築家:シーユー・チェン&武松幸治)
  • リトリート・クラフト (リトリート/建築家:シーユー・チェン&武松幸治)

2000年代編集

2010年代編集

  • Peach Aviation (トータル・ブランディング/ 機体デザイン:ニール・デナーリ)
  • earth music&ecology (リテール/ インテリア・デザイン:Cremé Design)
  • Southwood (耐火木造建築/ 建築家:武松幸治)
  • motovelo (トータル・ブランディング)
  • Ozaki Flower Park (リテール/ インテリア・デザイン:島村トモヒロ)
  • NIPPON GOCHISO SELECT (トータル・ブランディング)
  • YOKU MOKU (ストア開発)
  • SAKURA craft_lab (プロダクト・ブランディング/デザイン:Yu Matsuda)
  • Globe Specs (リテール/インテリア・デザイン:澁谷聰、島村トモヒロ)
  • LIBERTÉ Paris (マーケット・エントリー・プロデゥース)

著書編集

主な受賞歴編集

  • 東京都建築士会住宅建築賞 1996年(龍雲院/チェンの当時の自邸/建築家武松幸治との共同企画[7]
  • 文具大賞(受賞したSAKURA Craft_Labのプロダクト・デザインとブランディング担当)
  • 日本デザイン賞(受賞したSAKURA Craft_Labのプロダクト開発ブランディング担当)

脚注編集

関連項目編集

関連人物編集

  • 松任谷由実
  • ナイジェル・コーツ(建築家)
  • 柴田良三(アルファキュービック代表)
  • ジム・ワーロッド
  • 澤田貴司

外部リンク編集

  1. ^ a b c d e シー・ユー・チェン 第1回 「華僑の父を持つ私がCIAを立ち上げた理由を語りましょう」講談社、現代ビジネス、2014.7.2
  2. ^ a b シー・ユー・チェン 第2回 「フィンガーズとユーミンと、ブロードウェイ・ミュージカル『ヘアー』」講談社、現代ビジネス、2014.7.9
  3. ^ a b c d シー・ユー・チェン 第3回 「『チャイナクラブ』の退廃と『メトロポール』の成功、そしてCIAの誕生」講談社、現代ビジネス、2014.7.16
  4. ^ a b シー・ユー・チェン 第4回 「隠遁生活から復帰して挑んだユニクロのブランディング戦略」講談社、現代ビジネス、2014.7.23
  5. ^ Biography《1954年〜1969年》”. ユーミンファンクラブ(公式ファンクラブ). 2016年2月12日閲覧。
  6. ^ シー・ユー・チェン『インプレサリオ―成功請負人』(ダイヤモンド社、2005)31頁
  7. ^ 今月のトーク「クライアントとデザイナー」 (株)辰 通信24号 2002年3月