ザ・プライス・イズ・ライト

ザ・プライス・イズ・ライト』(The Price is Right)は、1972年9月4日からアメリカCBSで放送されているクイズ番組である。フリーマントルメディア制作。

ザ・プライス・イズ・ライト
The Price is Right
TPIR dollar sign.svg
ジャンル クイズ番組
企画 マーク・グッドサン
ビル・トッドマン
出演者 司会
ボブ・バーカー
(1972年 - 2007年)
ドリュー・キャリー
(2007年 - 現在)
ナレーション
ジョニー・オルソン
(1972年 - 1985年)
ロッド・ロディ
(1986年 - 2003年)
リッチ・フィールズ
(2004年 - 2011年)
ジョージ・グレイ英語版
(2011年 - 現在)
製作
製作総指揮 ボブ・スチュワート
プロデューサー Rob Burnett
Barbara Gaines
Maria Pope
制作 CBSフリーマントルメディア
放送
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
放送期間 1972年9月4日 - 放送中
放送時間 平日 11:00 - 12:00(ET
放送分 60分
公式サイト

特記事項:
レイティング:TV-G
2008年よりハイビジョン放送
テンプレートを表示
『ザ・プライス・イズ・ライト』の放送されている国(2007年1月現在)

概要編集

もともとは1956年からABCNBCで放送されていた番組で、1972年からはCBSで昼間で放送されるようになった。

番組開始から2007年に降板するまで約35年間にわたって、俳優のボブ・バーカーが司会を務めた。現在の司会者は、コメディアンのドリュー・キャリーである。収録はハリウッドCBSテレビジョンシティ・スタジオ33「ボブ・バーカー・スタジオ」で行われる。このスタジオの愛称は、1998年3月に放送5000回を記念してつけられたものである。

番組開始当初は、『ザ・ニュー・プライス・イズ・ライト』というタイトルで30分番組だった。1973年6月より、ニューを省いた現在の番組タイトルに変更。1975年9月の3周年記念企画で放送時間を1時間としたところ好評を得たため、その直後正式に1時間番組になった。プライムタイムでの特番では、1986年夏に『ザ・プライス・イズ・ライト・スペシャル』として試験的に放送。1996年には放送25周年特番、2002年には放送30周年特番がラスベガスリオ)を舞台に行われたが、チケット入手をめぐり事故が発生し、多数の負傷者が出た。現在も『ザ・プライス・イズ・ライト・アット・ナイト』として、時折プライムタイム特番が放送されている。近年では2019年のクリスマスシーズンに放送された。

1972年9月の記念すべき第1回放送で、最終コーナー「ショーケース」で獲得した賞品の第1号はマツダ・808(日本名:グランドファミリア)であった。

2008年までは『Million Dollar Spectacular』という特番があり、特定の条件下でゲームを成功させた挑戦者に賞金100万ドルが贈られた。2008年2月22日放送の同特番では、カリフォルニア州在住の男性が総額$1,153,908(約1億2000万円相当)の賞品・賞金を獲得し、これが当番組での最高獲得額となった。それまでの記録は、オーストラリアナイン・ネットワーク2005年に放送された約6300万円であった。

2008年2月の『Million Dollar Spectacular』と2008-'09年のシーズンから、ハイビジョン制作されている。

9月から翌年の7月上旬(独立記念日あたり)までを1シーズンとし、オフシーズンの間は過去回の再放送を行っている。

ルール編集

基本的には賞品の値段(金額)を当てるゲームである。ここでの値段は、アメリカにおける実売価格(actual retail price)を指す。

番組は、ワン・ビッド(1,2,3回目)→ショーケース・ショーダウン(1回目)→ワン・ビッド(4,5,6回目)→ショーケース・ショーダウン(2回目)→ショーケースの順で進行する。以下のルールは、現在放送中のものに準拠する。後述する特別企画では、ボーナス賞金が増額されるなど、一部のルールが異なる場合もある。

ワン・ビッド編集

会場から抽選された4名が、最初の値段当てゲームであるワン・ビッド(One Bid)に挑戦する。場内アナウンサー(現在はジョージ・グレイ英語版が担当)が当選者を発表する際の「〇〇(氏名),カモン・ダウン!」(Come on down!:「さぁ、<解答席へ>どうぞ!」の意)は、番組を象徴する台詞のひとつとなっている。

挑戦者は提示された賞品の値段を、順番に解答する。値段はドル単位で、セントは解答に含まれない。解答は口頭で行い、その金額がモニタに表示されていく。すでに他人が解答した金額を答えることはできないが、他人の解答額に$1を上乗せした額を答えたり、後述の内輪ルールに備えて「$1」と解答したりすることは認められている。

全員が解答後、内輪(正解金額以下)で最も正解に近い金額を答えた者が勝者となり、賞品とショーケース・ショーダウンへの進出権を獲得する。全員の解答額が正解を超えていた場合は、解答をやり直す。また、ちょうど正解となる金額を答えた者がいた場合は鐘が鳴らされ、該当者は賞品のほかにボーナス$500を獲得する。

ワン・ビッドの勝者は、さらなる豪華賞品・賞金を賭けたプライシング・ゲームズ(Pricing games)に挑戦し、成功すればその賞品・賞金も獲得できる。このゲームに失敗した場合でも、ショーケース・ショーダウンには進出できる。

ゲーム終了後は抽選で1名が補充され、再びワン・ビッドを行う。3回目のプライシング・ゲームズの後には、最初のショーケース・ショーダウンを行い、その後ワン・ビッドに戻る。

なお、抽選には選ばれたものの、番組終了までワン・ビッドに勝利できなかった3名には、残念賞として$300が贈られる。

プライシング・ゲームズ編集

プライシング・ゲームズには、豪華賞品そのものの値段を当てるもの、豪華賞品とは別に用意された賞品の値段を当てるもの、運や技術の要素が大きいものなど、多種多様なゲームがある。本番組の日本版とも言える『ザ・チャンス!』でも、本番組の一部のゲームが流用されていた。

プライシング・ゲームズの一部を以下に示す。これ以外のゲームについては、番組の公式サイトや、ウィキペディア英語版の当該記事を参照されたい。

ラッキー・セブン(Lucky Seven)
賞品となる自動車の5桁の値段のうち、下4桁を当てるゲーム。万の桁の数字は最初に公開される。挑戦者には7枚の$1紙幣が与えられ、高い桁からひとつずつ順番に数字を当てる。正解との誤差ひとつにつき$1を支払い、手持ちの紙幣がすべて無くなった時点で失敗。すべての数字の公開と誤差の支払いが済んだときに、1枚でも紙幣を持っていれば成功となる。
『ザ・チャンス!』でも同名のゲームが行われていたが、提示された数字に「7」を挿入して正しい値段にするものであり、本番組のものとは異なっていた。
クリフ・ハンガー(Cliff Hangers)
豪華賞品とは別に用意された3つの賞品の値段を当てるゲーム。斜面に$1単位で目盛りがついた崖のセットがあり、0の地点には登山家を模した人形が置かれる。問題となる賞品の値段(ドル単位)をひとつずつ答え、正解のときはチャイムが鳴る。不正解のときはブザーが鳴らされ、解答額と正解の誤差だけ人形がヨーデル風のBGMと共に崖を登る。誤差の合計が$25を超えると人形が崖から落ちて失敗。3問終了時に人形が崖に残っていれば成功で、豪華賞品と出題に使われた3つの賞品をすべて獲得する。失敗した場合でも、その直前の問題に使われた賞品までは獲得できる。なお、人形には「ヨーデル・ガイ」という愛称がつけられており、特別企画やゲスト出演回では、それに関連したデザインを施される場合もある。
『ザ・チャンス!』では、「危険な崖」というタイトルで、同様のルールで行われていた。誤差の合計は5,000円までとなっていた。
プリンコ(Plinko)
最高で$50,000の賞金を獲得できるゲーム。挑戦者には最初に1枚のチップが支給される。二者択一の商品値段当て問題が4問出題され、正解するごとにチップが1枚増える。その後、巨大なゲーム板の上部に登り、そこから1枚ずつチップを落とす。チップは板の途中にある障害物にぶつかりながら落ち、最下部にある9つのポケットのうちのいずれかに収まり、そこに表示された賞金が積み立てられる。ポケットは、左から$100-$500-$1,000-$0-$10,000-$0-$1,000-$500-$100。すべてのチップを落とした時点での、積み立てられた賞金を獲得する。

ショーケース・ショーダウン編集

ワン・ビッドの勝者が3名揃ったところで、ショーケースへの挑戦者を決めるショーケース・ショーダウン(Showcase Showdown)を行う。番組の前半と後半に1回ずつ行われる。

ゲームは、ザ・ビッグ・ホイール(The Big Wheel)と呼ばれる、水車状の巨大な回転盤を用いる。ホイールの側面は20分割され、5から100までの5刻みの数字が書かれている。これらは、セントを単位とする金額を表す。数字の表記色は、通常は黒地に白、100は黒地に赤、100の前後1マスにある5および15は緑地に緑となっている。ホイール側面の中央付近には、出目を指す矢印がある。ホイールが1回転以上回らなかった場合は、出目は無効となる。

ここまでの獲得賞品・賞金の総額が少ない者から、ひとりずつ挑戦する。挑戦者はホイールを2回まで回せるが(1回目でやめてもよい)、出目の合計金額が$1.00(100¢)を超えると失格になる。合計金額が最も$1.00に近かった者が勝利し、ショーケースへの挑戦権を獲得する。トップが同点で複数名いた場合はスピンオフ(同点決勝)として、該当者がもう1回ずつホイールを回し、より大きい金額を出した者が勝者となる。

なお、合計金額がちょうど$1.00の場合は、ボーナス$1,000を獲得し、さらにボーナススピンに挑戦できる。ホイールの出目を5にした状態から1回のみホイールを回し、100を出すことができればボーナス$25,000を獲得。また、100の前後1マスにある緑の出目(5または15)を出した場合でも、ボーナス$10,000を獲得する。複数名がボーナススピンに挑戦した場合は、その回転がスピンオフも兼ねることになる。逆に、スピンオフで100を出した場合も、ボーナススピンに挑戦できる。

ショーケース編集

番組のクライマックスとして、前半・後半のそれぞれのショーケース・ショーダウンに勝利した2名が、旅行や自動車など、複数の豪華賞品を賭けたショーケース(Showcase)に挑戦する。番組内では、ショーケースラウンドとも称される。

2つのショーケースがあり、それぞれに異なった内容の2品ないし3品ずつの豪華賞品が用意される。まず、最初のショーケースの賞品内容が発表される。ここまでの獲得賞品・賞金の総額が多い挑戦者に選択権があり、このショーケースを選択して賞品の合計金額(ドル単位)を解答するか、相手にショーケースを譲って解答させるかを決定する。最初のショーケースを選択しなかった方は、もうひとつのショーケースの賞品内容が発表された後、同様に賞品総額を解答する。両者の正解(賞品総額)は異なるため、相手と同じ金額を解答してもよい。

その後、ひとりずつ正解を発表する。解答額が内輪(正解金額以下)、かつ正解との差額がより少なかった者が勝利し、選択したショーケースの賞品をすべて獲得する。両者とも解答額が正解を超えていた場合は勝者無し。

また、正解との差額が$250以内で勝利した場合はダブル・ショーケース・ウィナー(Double Showcase Winner)と称され、2つのショーケースの賞品を総獲りできる。この際には連打の鐘とサイレンが鳴らされ、"大当たり"を祝福する。

特別企画編集

随時、特別企画も開催されている。

  • 各シーズン最初の放送日(シーズンプレミア)。一週間の企画となる場合もある。
  • バレンタインデー独立記念日感謝祭クリスマスなどの記念日に関連した企画。
  • スーパーボウルグラミー賞などのイベントに関連した企画。
  • サバイバー』『ビッグ・ブラザー』『アメージング・レース』『レッツ・メイク・ア・ディール』など、CBSの人気番組とコラボレーションした企画。
  • ゲストが出演し、挑戦者をサポートする企画。アメリカのクイズ番組の通例にならい、ゲームの結果に応じて、ゲストが指定した団体などに賞金が寄付されることが多い。
  • 番組の歴史を振り返る「ディケイド・ウィーク」、音楽に関連した「ミュージック・ウィーク」など、テーマを定めた構成の企画。
  • 兵役従事者、乳がん闘病中の女性など、出場者にテーマを設けた企画。学生や親子が挑戦する「キッズ・ウィーク」という企画もある。
  • エイプリルフールハロウィンなど、通常とは異なった演出がされる企画。出演者が仮装したり、ドリュー・キャリー以外の者が司会を務めたりする。
  • 「ドリーム・カー・ウィーク」「ビッグ・マネー・ウィーク」など、特定の賞品をメインとした企画。

ボブ・バーカー最終回編集

ボブ・バーカー司会の最終回の2007年6月15日の放送は、通常放送の11時からに加えて20時から再放送もされた(異例の1日2回放送)。この日はコダック・シアターで第34回デイタイム・エミー賞も行われ、バーカーは同賞でゲーム番組部門作品賞と司会者賞を受賞した。

関連項目編集

  • ザ・チャンス! - かつてTBSで放送されていたクイズ番組。『ザ・プライス・イズ・ライト』を翻案した番組で、「ワン・ビッド」や「ザ・ビッグ・ホイール」をはじめ、本番組のものとほぼ同じゲーム、あるいはアレンジしたゲームも行われていた。

外部リンク編集