シマキンパラ(縞金腹、学名:Lonchura punctulata)はスズメ目カエデチョウ科に分類される鳥類アミハラとも呼ばれる。

シマキンパラ
Scaly breasted Munia I IMG 4769.jpg
成鳥インドコルカタ付近で撮影)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カエデチョウ科 Estrildidae
: キンパラ属 Lonchura
: シマキンパラ L. punctulata
学名
Lonchura punctulata
Linnaeus, 1758
和名
シマキンパラ
英名
Scaly-breasted munia
Areale Lonchura punctulata.jpg
アジア·オセアニアでの繁殖地域を示す図
Lonchura punctulata

分布編集

中国の南部、台湾、マレー半島、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカに分布。

形態編集

全長約11cm。

成鳥は頭部から背中、翼、尾羽が褐色で、胸から腹は白く、胸から体側部にかけて波状紋が入る。嘴は暗灰色。

生態編集

食性は種子食。

亜種編集

Sibley分類体系上の位置編集

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献編集

  • 宇田川竜男 標準原色図鑑全集/第18巻『飼鳥・家畜』 保育社、1971年、13-14頁

外部リンク編集