シャイン (映画)

オーストラリアの映画作品

シャイン』(Shine)は、1996年オーストラリア伝記映画。監督はスコット・ヒックス、出演はジェフリー・ラッシュアーミン・ミューラー=スタールなど。オーストラリアの実在のピアニストであるデイヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いている。主演のジェフリー・ラッシュは第69回アカデミー賞主演男優賞をはじめ多数の映画賞を受賞した。

シャイン
Shine
監督 スコット・ヒックス
脚本 ジャン・サーディ英語版
原案 スコット・ヒックス
製作 ジェーン・スコット英語版
出演者 ジェフリー・ラッシュ
ノア・テイラー
アーミン・ミューラー=スタール
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー英語版
撮影 ジェフリー・シンプソン
編集 ピップ・カーメル英語版
製作会社 サウス・オーストラリアン・フィルム・コーポレーション英語版
フィルム・ヴィクトリア英語版
オーストラリアン・フィルム・ファイナンス・コーポレーション英語版
モーメンタム・フィルムズ
パンドラ・シネマ
BBCフィルムズ
配給 オーストラリアの旗 ローニン・フィルムズ英語版
アメリカ合衆国の旗 ファイン・ライン・フィーチャーズ英語版
日本の旗 KUZUIエンタープライズ
公開 オーストラリアの旗 1996年8月15日
アメリカ合衆国の旗 1996年11月20日
日本の旗 1997年3月22日
上映時間 105分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $5,500,000
興行収入 $35,999,081[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

メルボルンに生まれたデイヴィッドは、厳格な父親の元、ピアニストになるべく英才教育を受けていた。才能を発揮し、天才少年と呼ばれた彼は、アメリカ留学の話を薦められるが、父親が経済的な理由と、自分から離れていく事をよしとせず断ってしまう。しかし、コンクールでの演奏が評価され、イギリスの王立音楽院に奨学金で留学する話が持ち上がると、父親の反対を受けながらも、家出する形でロンドンに渡る。ロンドンでピアノに打ち込むデイヴィッドは、コンクールで難関であるラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」に挑戦し、見事に弾いたものの、その後精神に異常をきたし始める。地元に戻り精神病院に入り、一進一退が続くが、療養所の女性に引き取られて退院し、ある日バーでピアノを弾き始め、それが新聞で話題に上り、再び演奏家の道を歩もうとし始める。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(過去に発売されたVHS・旧盤DVDにのみ収録)

製作編集

演奏はヘルフゴット自身が行なっており、手のみのシーンは本人のもの[2]

主役を演じたジェフリー・ラッシュは、14歳までピアノを習っており、この映画のために数十年ぶりに練習を再開した[3]

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

Rotten Tomatoesによれば、44件の評論のうち、91%にあたる40件が高く評価しており、平均して10点満点中8点を得ている[4]Metacriticによれば、25件の評論の全てが高評価であり、平均して100点満点中87点を得ている[5]

関係者からの批判編集

映画化に当たって、ヘルフゴットの家族や幼少期の関係者たちへの取材はまったくなく、公開後、映画を観た家族や関係者から、映画は事実に反したでっちあげであるとして抗議の声が上がった。姉のマーガレットは1998年に、関係者の証言を集めた抗議の本"Out of Tune: David Helfgott and the Myth of Shine"を出版し、父親は映画に描かれたような暴君ではなく、デイヴィッドともうまくいっており、デイヴィッドの精神的な病気は家系的なもの(叔母も同じ病気)であると主張した。また、父親はホロコースト時にはオーストラリアにいたこと、デイヴッドは精神病院に入る前に別の女性と結婚していたこと、バーのピアノ弾きの仕事は姉が紹介したことなどを明らかにした[6]

受賞歴編集

出典編集

  1. ^ Shine” (英語). Box Office Mojo. IMDb. 2020年5月13日閲覧。
  2. ^ Shine (1996) - Crazy Credits” (英語). IMDb. 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ Shine (1996) - Trivia” (英語). IMDb. 2020年5月13日閲覧。
  4. ^ Shine (1996)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年5月13日閲覧。
  5. ^ Shine (1996) Reviews” (英語). Metacritic. 2020年5月13日閲覧。
  6. ^ Judith Schlesinger (1998年5月24日). “Putting a spotlight of truth on 'Shine'” (英語). The Baltimore Sun. https://www.baltimoresun.com/news/bs-xpm-1998-05-24-1998144007-story.html 2020年5月13日閲覧。 

外部リンク編集