シャンバ・ミッチェルSharmba Mitchell1970年8月27日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーメリーランド州出身。元WBA世界スーパーライト級王者。元IBF世界スーパーライト級暫定王者アフリカ系アメリカ人特有の身体の柔らかさを持っており、しなやかでスピードのあるボクシングを展開する。

シャンバ・ミッチェル
基本情報
本名 シャンバ・ディビット・ミッチェル
通称 リトル・ビッグマン
階級 ウェルター級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1970-08-27) 1970年8月27日(49歳)
出身地 メリーランド州, モントゴメリー郡
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 63
勝ち 57
KO勝ち 30
敗け 6
テンプレートを表示

同時期、同階級にコンスタンチン・チューがいたため、注目を浴びることが少なかったが実力は確かなボクサー。「Little Big Man(リトル・ビッグマン)」の異名を持っている。

来歴編集

1988年9月23日、プロデビュー。

無敗のまま1993年11月6日、NABF北米ライト級王座を獲得した。しかしレバンダー・ジョンソンに8回KOで敗れ王座から陥落。メジャー世界王座に向け躓いた形となった。

1996年4月11日、WBCアメリカ大陸スーパーライト級王座を獲得。

1997年5月10日、WBAフェデラテンスーパーライト級王座も獲得した。

1998年10月10日、WBA世界スーパーライト級王者カル・ライリーと対戦し、12回判定で勝利して王座を獲得した。同王座を4度防衛した。

2001年2月3日、WBC世界スーパーライト級王者のコンスタンチン・チューと王座統一戦に挑む。結果は7回TKOで敗れ王座を失った。

その後、チューが怪我のための療養中の2004年2月7日、IBF世界スーパーライト級暫定王座ラブモア・ヌドゥと争い、これに勝利して再び世界王座を獲得した。同王座は初防衛に成功するが、同年11月6日に正規王者のチューとの王座統一戦が行われた。この試合は療養明けのチューの試合勘を不安視する声もあったが、ミッチェルは3回TKOで再びチューに敗れ王座から陥落した。

2005年11月19日、フロイド・メイウェザー・ジュニアとのビッグマッチが行われるが、ミッチェルはこの試合でも敗れ、世界戦線への再浮上はならなかった。

2006年8月19日、世界戦線生き残りをかけ新鋭の若手ボクサーポール・ウィリアムスと対戦するが4回KOで敗れ、皮肉にもウィリアムスの名前が売れることになった。

獲得タイトル編集

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
ラブモア・ヌドゥ
IBF世界スーパーライト級暫定王者
2004年2月7日 - 2004年11月6日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
前王者
カル・ライリー
WBA世界スーパーライト級王者

1998年10月10日 - 2001年2月3日

空位
次タイトル獲得者
ディオベリス・ウルタド