シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズ

シャーロット・オーガスタ英語: Charlotte Augusta, 1796年1月7日 - 1817年11月6日)は、イギリス王兼ハノーファージョージ4世と王妃キャロラインの唯一の子。父が摂政王太子プリンス・オブ・ウェールズだった間に生まれて死去したため、シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズCharlotte Augusta of Wales)と呼ばれる。

シャーロット
Princess Charlotte
ハノーヴァー家
Princess Charlotte of Wales by Dawe (1817).jpg
続柄 ジョージ4世第1王女

全名 シャーロット・オーガスタ
Charlotte Augusta
身位 Princess(王女)
敬称 Her Royal Highness(殿下)
出生 1796年1月7日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
イングランドの旗 イングランドロンドンカールトン・ハウス
死去 (1817-11-06) 1817年11月6日(21歳没)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドサリー、クレアモント・ハウス
埋葬 1817年11月19日
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドウィンザー城、聖ジョージ礼拝堂
配偶者 レオポルド・オブ・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト
父親 ジョージ4世
母親 キャロライン・オブ・ブランズウィック
サイン Princess Charlotte of Wales Signature 1.svg
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

1796年、摂政王太子ジョージと妃キャロラインの唯一の子として誕生する。シャーロットは王位の推定相続人となるが、両親は不仲で、以降弟妹は誕生せず、また放蕩な叔父達にも、長らく嫡出子がいない状態だった。

そもそも、放蕩なジョージ側による金銭目当ての結婚であり、結婚早々から両親は不仲だった[1]。双方に問題点はあったが、キャロラインは国王ジョージ3世や庶民からの人気が高かった[2]1796年1月7日にシャーロットが誕生すると、その養育方法を巡り、二人の対立は決定的になり、1797年には別居して二度と共に暮らすことは無かった[3]。シャーロット王女は、セント・ジェームズ宮殿で養育され、キャロラインとの面会の頻度も徐々に減らされていった[3]

夫妻の不仲が、世間に露呈したのは、キャロラインの”不品行”をまとめ、1806年7月14日付で国王に提出された『The Report』(報告書)であった[4]。しかし、これは逆にキャロラインの無実と、ジョージの放蕩ぶりを露呈させるものだった。トーリー党首相スペンサー・パーシヴァルにより、キャロラインに有利な資料等も含めた『The Book』として再構成されていた[5]が、予想に反し、ジョージがトーリー党を閣僚に留任させたことから、パーシヴァルは出版を見合わせていた[5]。パーシヴァルが1812年5月に暗殺されると、キャロライン側についたホイッグ党により1813年2月に『The Book』が出版されることとなる[6]

1813年5月、キャロラインは、シャーロット王女との面会を懇願していたが状況は解消されなかった[7]ヘンリー・ブルーム議員は、苦境のキャロラインに接近し、未来の女王であるシャーロットをホイッグ党側に引き込もうと試みた[8]。ブルームはキャロラインに同情的な世論を形成すべく、ジャーナリズムに対して工作を行った[8]

しかし、キャロラインは、年金を得て国外で暮らすことを選び、シャーロットの懇願も聞かずに出国してしまった[9]

結婚と早世編集

 
1816年頃画、レオポルド公子とシャーロット

ナポレオン戦争の終結から1年余りを経た、1816年5月2日、のちに初代ベルギー国王となるザクセン=コーブルク=ザールフェルト家レオポルド公子とロンドンのカールトン・ハウスで結婚した[10]。レオポルドは当時ロシア帝国陸軍の元帥だったが、結婚後はイギリスで暮らした。しかし、シャーロットは翌1817年11月6日に男子を死産した後、間もなく死去した。

母キャロラインに取っては、娘シャーロットの即位後に王太后として帰国する目論見が潰えてしまった[11]。また、女王シャーロットの下で首相を目指していたブルームに取っても、大きな痛手であった[11]

なお、レオポルドは1831年に初代ベルギー国王に推戴され、翌1832年にルイーズ=マリー・ドルレアンと再婚した。

王位継承への影響編集

祖父ジョージ3世の王子のうち、長男ジョージ4世、次男ヨーク・オールバニ公フレデリック、三男ウィリアム4世、四男ケント公エドワード、五男アーネスト、六男サセックス公オーガスタス、七男ケンブリッジ公アドルファスの七人が成人していた。

しかし、シャーロットが逝去した1817年時点で、ジョージ4世の弟たちは、すでに中高年に差し掛かっていたが嫡出子がいない状態だった。兄弟中独身者はは急遽、王族や高位貴族の女性を配偶者に選び、後継者を儲けようとした。

妻帯者のヨーク・オールバニ公フレデリックは嫡出子がないまま1827年に逝去。ウィリアム4世1818年に結婚し、1819年1820年に王女が誕生したが夭折。ケント公エドワードは1818年に出産歴のある未亡人ヴィクトリア(レオポルドの姉)と結婚し、1819年5月24日ヴィクトリア王女が誕生したが、公自身は1820年1月に逝去。アーネストには1819年に男子が誕生し、ハノーファー王位を継承した。サセックス公オーガスタスは嫡子を儲けることなく、1831年に再婚した。末弟のケンブリッジ公アドルファスも1818年に結婚し、1男2女を儲け、末子メアリーの娘が後にイギリス王妃となるメアリー・オブ・テックである。

このようにシャーロットの逝去を機に、ヴィクトリア女王を含む嫡出の王族が多く誕生することとなった。

脚注編集

  1. ^ 西山 2012 p.134
  2. ^ 西山 2012 p.134-135
  3. ^ a b 西山 2012 p.135
  4. ^ 西山 2012 p.132
  5. ^ a b 西山 2013 p.68
  6. ^ 西山 2012 p.138
  7. ^ 西山 2012 p.69-70
  8. ^ a b 西山 2013 p.70
  9. ^ 西山 2013 p.70-71
  10. ^ Weir, p. 302
  11. ^ a b 西山 2013 p.71

参考文献編集

外部リンク編集