シャー・ルフ (アフシャール朝)

シャー・ルフペルシア語: شاهرخ‌‎ Shahrokh シャーロフシャー・ルフ・ミルーザー英語版とも、1734年 - 1796年)は、アフシャール朝の第4代・第6代で最後のシャー(在位:1748年10月1日[1] - 1750年1月14日[2]、1750年3月9日[3] - 1796年)。

シャー・ルフ
شاهرخ
アフシャール朝4代・6代シャー
Shahrokh Afshar coin, struck at the Mashhad mint.jpg
シャー・ルフ時代の貨幣
在位 1748年 - 1750年
1750年 - 1796年

出生 1734年
死去 1796年
子女 ナーディル・ミールザー
アッバース・ミールザー
ナーシルッラー・ミールザー
イマーム・クリー・ミールザー
王朝 アフシャール朝
父親 レザー・クリー・ミールザー
母親 ファーティマ・スルターン・ベーグム
テンプレートを表示

生涯編集

即位と復位編集

父は初代君主のナーディル・シャーの息子のレザー・クリー・ベグ。生母はサファヴィー朝の第9代君主であるスルターン・フサインの娘である[4]。祖父が1747年暗殺されると、義理の甥であるアーディル・シャーによってレザー・クリーをはじめナーシルッラー・ミールザーイマーム・クリーら直系男子の大半は処刑されたが、彼は若年でサファヴィー朝の皇女を生母とする理由から助命された。

だが1748年にアーディル・シャーとその跡を継いだ弟イブラーヒームが相次いで廃されたため、サファヴィー朝の血統である彼が、クルド系トルコ系キジルバーシュの有力者の支持を受けてホラーサーンで即位した[5][6]。しかし1750年にカージャール族の有力者らに背かれて廃された。このときシャー・ルフは盲目にされている。だが、すぐに祖父の旧臣らの支持を受けて復位した。なお、二度目の政変の際に逃げ出した有力者たちは、アフマド・シャー・ドゥッラーニーのもとへ逃げ込み、アフマド・シャーに対してホラーサーン進撃を提言している[7][8]

拷問と最期編集

その後、シャー・ルフは有力者の傀儡として利用された。1796年にはカージャール朝アーガー・モハンマド・シャーマシュハドを占領されてアフシャール朝は滅亡した。

結局、シャー・ルフはこのときの拷問が原因で死亡したという[4]。63歳没。

宗室編集

父母編集

編集

  1. ナディール・ミールザー英語版(-1803年 ファトフ・アリー・シャーによって盲目、舌切に処されたうえ処刑)
  2. アッバース・ミールザー
  3. ナーシルッラー・ミールザー
  4. イマーム・クリー・ミールザー

出典編集

  1. ^ 小牧 1997, p. 369.
  2. ^ 小牧 1997, p. 371.
  3. ^ 小牧 1997, p. 375.
  4. ^ a b 小牧昌平 (1992). “19 世紀初期のホラーサーン : 初期のカージャール朝についての-試論”. 上智アジア学 10: pp. 20, 39. NAID 110000469507. 
  5. ^ 小牧 2007, p. 367.
  6. ^ 小牧 1997, p. 370.
  7. ^ 小牧 1997, p. 376.
  8. ^ 小牧 1997, pp. 377–378.

参考文献編集