メインメニューを開く

ショウジョウコウカンチョウ(猩々紅冠鳥、学名:Cardinalis cardinalis)は、スズメ目ショウジョウコウカンチョウ科に分類される鳥類の一種。

ショウジョウコウカンチョウ
オス
ショウジョウコウカンチョウ(オス)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ショウジョウコウカンチョウ科
Cardinalidae
: Cardinalis
: ショウジョウコウカンチョウ
C.cardinalis
学名
Cardinalis cardinalis
(Linnaeus, 1758)
和名
ショウジョウコウカンチョウ
英名
Northern Cardinal
メス


目次

形態編集

全長約21㎝。体重約50g。 オスは光沢のある赤色、メスは体が褐色で、冠羽と翼、尾羽は赤みがかっている。 オスは成熟すると共に赤みが増していく。

生態編集

分布編集

アメリカ合衆国の疎林、低木地など。

人とのかかわり編集

この鳥の学名および英名のカーディナルは、カトリック用語の枢機卿(すうききょう:Cardinalis)に由来している。

枢機卿は真紅の衣をまとうことから、ヨーロッパ諸語では「カーディナル(枢機卿)」は「」の代名詞となっているところからの所以である。

メジャーリーグセントルイス・カージナルスならびにNFLアリゾナ・カージナルスのチーム名は、ユニフォームの色として選んだこの鳥の名に由来している。

アメリカ合衆国では冬期には、都市公園などでも見られる。米国民に最も愛されている野鳥のひとつ。ハワイでは移入されたものが増加している。

アメリカ合衆国の北部などで見られている。

シブリー・アールキスト鳥類分類体系上の位置編集

関連項目編集