メインメニューを開く

ショベルカーディグスとはたらく車たち

ショベルカーディグスとはたらく車たち』(原題:Construction Site)はジム・ヘンソン・カンパニー1999年に制作したマペットアニメーション

ショベルカーディグスとはたらく車たち
ジャンル 人形劇
アニメ
監督 サイモン・スペンサー
マック・ウィルソン
ダーク・キャンベル
ジョン・スティーブンソン
脚本 ジョセリン・スティーブンソン
ローラ・ボーモント
マーク・シール
ポール・ラーソン
P・ケビン・ストレイダー
音楽 エド・ウェルチ
製作 マック・ウィルソン
放送局 イギリスの旗CiTV
日本の旗NHK教育テレビ
放送期間 イギリスの旗1999年 - 2003年
日本の旗2005年4月9日 - 2007年7月21日
話数 全26話
テンプレート - ノート

概要編集

ジム・ヘンソン・テレビジョン社とジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップが共同で製作した、ショベルカーのディグスを主役に意志を持つ建設機械達が活躍する幼児向けテレビシリーズ。1999年から2003年イギリスのCITV(ITV系列)で放映され、2011年より北米でもABC Kidsにて「Jim Henson's Construction Site」というタイトルで放映された。各話尺約10分、第1シリーズから第4シリーズまで制作された。全26話。

ジム・ヘンソン社の作品としては初めて撮影の全てでモーション・コントロール・カメラを使用し、同社の幼児向け作品としては初めてアニマトロニクスを採用した[1]。放送後に英国アカデミー賞にもノミネートされる[2]など高い評価を受けた。

本作製作当時に人形劇『きかんしゃトーマス』のユニットディレクターを務めていたスティーブ・アスクィスが本作にて技術コンサルタントを務めた他、2004年以降に制作された『きかんしゃトーマス』第8シリーズから第10シリーズに製作総指揮として参加したジョセリン・スティーブンソン、第6シリーズ以降に携わった脚本家のポール・ラーソン、マーク・シールなども本作に参加しており、テーマソング及び劇伴の作曲も『きかんしゃトーマス』第8シリーズ以降のテーマソング及び挿入歌を手掛けたエド・ウェルチが務めた。本作の撮影、製作で得たノウハウが、後に製作された本作同様建設機械を主役とする『きかんしゃトーマス』のスピンオフシリーズ「Jack &the Pack」で活かされることとなった。

製作編集

第1、第2シリーズの撮影はロンドンに在るジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップのスタジオにて行われ、第3、第4シリーズの撮影はイングランドのミレニアムスタジオにて行われた[1]。現場に立ち会う声優が自ら台詞に合わせて遠隔操作でアニマトロニクス製のキャラクター模型をリップシンクさせるという方法で撮影され[3]、キャラクターの模型は口を開けるなどの表情のアニメーションを実現するためシリコン製であった[1]。1キャラクターにつき3人の操縦スタッフが付けられ、表情を操作するスタッフ、バケットを操るスタッフ、運転を行うスタッフという体制だった[3]

日本での公開編集

日本ではNHK教育テレビおかあさんといっしょ あそびだいすき』のコーナードラマとして2005年4月9日から2007年7月21日まで放映された。『おかあさんといっしょ』放映時の各話の放映時間は5分であり、短縮版としての放送だった。放送後、オリジナルの放送尺で1巻に6~7話収録したDVDが全8巻発売された。

登場キャラクター編集

ディグス(Diggs)
主人公。青いショベルカーバックホー・ローダー)の男の子。
スクーチ(Scooch)
オレンジ色のフロントエンドダンプカーの男の子。
キャリー(Carrie)
紫色のフォークリフトの女の子。
ボーザー(Bozer)
赤い大型ブルドーザーの男性。ディグスたちのリーダー。
マキシン(Maxine)
茶色いコンクリートミキサー車の女性。
カール(Carl)
緑のクレーン車の男性。
ラグ(Lug)
黄色い大型ダンプカーの男性。

脚注編集

外部リンク編集