シークレット・チルドレン 禁じられた力

シークレット・チルドレン 禁じられた力』(原題:One & Two)は2015年に公開されたアメリカ合衆国ファンタジー映画である。監督はアンドリュー・ドロス・パレルモ、主演はキーナン・シプカティモシー・シャラメが務めた。

シークレット・チルドレン 禁じられた力
One & Two
監督 アンドリュー・ドロス・パレルモ
脚本 アンドリュー・ドロス・パレルモ
ネイマ・シャーダディ
製作 キム・シャーマン
マイケル・シャーマン
マシュー・ペルニシアロ
パトリック・M・ウッド
出演者 キーナン・シプカ
ティモシー・シャラメ
エリザベス・リーサー
グラント・バウラー
音楽 ネイサン・ハルパーン
撮影 オータム・シャイエン・デュラルド
編集 アレックス・オフリン
製作会社 ボウ・アンド・アロー・プロダクションズ
サン・オブ・ア・ガン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗IFCミッドナイト
日本の旗トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗2015年8月14日
日本の旗2019年1月18日
上映時間 91分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

ある僻地にアーミッシュの一家が暮らしていた。子供2人(エヴァとザック)には短距離をテレポートで移動できる能力があり、2人はそれを使って遊んでいた。ところが、父親のダニエルは子供の特殊能力を自然の摂理に反するものとみなし、2人に能力の使用を固く禁じていた。ダニエルは「妻のエリザベスが病気がちなのは、エヴァとザックが特殊能力を使っていることへの罰に違いない」と確信していた。

ある日の夜、エヴァとザックがダニエルの言いつけに背いて遊びに出かけたところ、エリザベスに重篤な発作が起きた。怒り狂ったダニエルは2人の着ている服を寝室の壁に釘付けにし、テレポート能力を使えないようにした。しかし、エヴァはなおも能力を使えたため、木から落下したひな鳥を巣に戻そうとしたが、それは叶わなかった。2人の能力では他の物体をテレポートさせることができなかったのである。

エヴァは度々家を抜け出していたが、そうしているうちにエリザベスが亡くなってしまった。妻の死をエヴァのせいだと思い込んだダニエルは、エヴァをボートに乗せて川に流してしまった。ダニエルはザックに「エヴァは亡くなった」と伝えたが、ザックがその説明で納得するわけはなかった。その頃、エヴァを乗せたボートは町の近くに漂着し、発見した人々によってエヴァは病院へと搬送された。エヴァは近代社会に馴染むことができず、病院を脱走してザックの元へと帰ることにした。

その頃、ザックとダニエルは激しい口論をしていた。怒りのあまり、ザックはある行動をしてしまうが、それが最悪の事態を引き起こすことになった。

キャスト編集

製作編集

本作の主要撮影2014年7月21日にノースカロライナ州で始まり[2]、同年8月17日に終了した[3]。9月、キーナン・シプカ、ティモシー・シャラメ、エリザベス・リーサー、グラント・バウラーら主要キャストが発表された[4]

公開編集

2015年2月9日、本作は第65回ベルリン国際映画祭でプレミア上映された[5]。3月14日にはサウス・バイ・サウスウェストでの上映が行われた[6]。5月12日、IFCミッドナイトが本作の全米配給権を購入したと報じられた[7]

評価編集

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには15件のレビューがあり、批評家支持率は47%、平均点は10点満点で5.5点となっている[8]。また、Metacriticには8件のレビューがあり、加重平均値は47/100となっている[9]

出典編集

  1. ^ シークレット・チルドレン 禁じられた力”. 2018年12月15日閲覧。
  2. ^ Day 1!!!”. 2018年12月15日閲覧。
  3. ^ After 27 days”. 2018年12月15日閲覧。
  4. ^ Four Join ‘One & Two’ For Sundance Winning ‘Rich Hill’ Director; ‘Total Frat Movie’ Taps Tom Green”. 2018年12月15日閲覧。
  5. ^ One & Two”. 2018年12月15日閲覧。
  6. ^ One & Two”. 2018年12月15日閲覧。
  7. ^ IFC Midnight Acquires Kiernan Shipka Vehicle ‘One & Two’ for U.S. Distribution”. 2018年12月15日閲覧。
  8. ^ One & Two”. 2018年12月15日閲覧。
  9. ^ One & Two (2015)”. 2018年12月15日閲覧。

外部リンク編集