第65回ベルリン国際映画祭

第65回ベルリン国際映画祭は、2015年2月5日から2月15日までドイツベルリンで開催された[1]

第65回ベルリン国際映画祭
オープニング Nobody Wants the Night
会場 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
創設 1951年
賞名 金熊賞
主催者 ディーター・コスリック
期間 2015年2月5日 - 2月15日
ウェブサイト http://www.berlinale.de/en/HomePage.html

オープニング作品はイザベル・コイシェ監督の『Nobody Wants the Night』である[2]

コンペティション部門の審査員長はアメリカ映画監督であるダーレン・アロノフスキーが務めた[3]

名誉金熊賞はドイツの映画監督であるヴィム・ヴェンダースに授与され[4]、『アメリカの友人』(1977年)など10作品がオマージュとして上映された[4]

目次

受賞結果編集

コンペティション部門の受賞結果は以下の通りとなった。

金熊賞:『人生タクシー』(ジャファール・パナヒ

銀熊賞

審査員編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

コンペティション部門では以下の作品が上映された[5][6][7]

日本語題 原題 監督 製作国
さざなみ 45 Years アンドリュー・ヘイ   イギリス
Als wir träumten アンドレアス・ドレーゼン   ドイツ
  フランス
Eisenstein in Guanajuato ピーター・グリーナウェイ   オランダ
  メキシコ
  ベルギー
  フィンランド
火の山のマリア Ixcanul ジャイロ・ブスタマンテ   グアテマラ
  フランス
聖杯たちの騎士 Knight of Cups テレンス・マリック   アメリカ合衆国
Под электрическими облаками アレクセイ・ゲルマン・ジュニア   ロシア
  ウクライナ
  ポーランド
Nobody Wants the Night イザベル・コイシェ   スペイン
君はひとりじゃない Body マーゴジャータ・シュモウスカ   ポーランド
Cha và con và ファン・ダン・ディ   ベトナム
  フランス
  ドイツ
  オランダ
小間使いの日記 Journal d'une femme de chambre ブノワ・ジャコ   フランス
  ベルギー
アラビアの女王 愛と宿命の日々 Queen of the Desert ヴェルナー・ヘルツォーク   アメリカ合衆国
人生タクシー[8] Taxi ジャファール・パナヒ   イラン
ヴィクトリア Victoria セバスティアン・シッパー   ドイツ
一歩之遥 チアン・ウェン   中国
Aferim! ラドゥ・ジュデ   ルーマニア
  ブルガリア
  チェコ
真珠のボタン El botón de nácar パトリシオ・グズマン   チリ
  フランス
  スペイン
ザ・クラブ El Club パブロ・ラライン   チリ
天の茶助 SABU   日本
処女の誓い Vergine giurata ラウラ・ビスプリ   イタリア
  スイス
  ドイツ
  アルバニア
  コソボ

コンペティション外編集

コンペティション外では以下の作品が上映された[5][7]

日本語題 原題 監督 製作国
シンデレラ Cinderella ケネス・ブラナー   アメリカ合衆国
Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 Mr. Holmes ビル・コンドン   イギリス
ヒトラー暗殺、13分の誤算 Elser オリヴァー・ヒルシュビーゲル   ドイツ
Every Thing Will Be Fine ヴィム・ヴェンダース   ドイツ
  カナダ
  フランス
  スウェーデン
  ノルウェー


パノラマ部門編集

パノラマ部門では以下の作品が上映された[9][10]

日本語題 原題 監督 製作国
54 フィフティ★フォー (ディレクターズ・カット) 54 マーク・クリストファー英語版   アメリカ合衆国
600マイルズ 600 Millas ガブリエル・リプスタイン   メキシコ
Ausência チコ・テイシェイラ   ブラジル
  チリ
  フランス
Angelica ミッチェル・リヒテンシュタイン   アメリカ合衆国
Bizarre Étienne Faure   フランス
  アメリカ合衆国
Sangue azul Lírio Ferreira   ブラジル
Onthakan Anucha Boonyawatana   タイ
Mariposa マルコ・ベルヘール   アルゼンチン
Chorus フランソワ・デリーズル   カナダ
Dora oder Die sexuellen Neurosen unserer Eltern Stina Werenfels   スイス
  ドイツ
Dyke Hard Bitte Andersson   スウェーデン
El incendio Juan Schnitman   アルゼンチン
How to Win at Checkers (Every Time) ジョッシュ・キム   タイ
  アメリカ合衆国
  インドネシア
I Am Michael ジャスティン・ケリー   アメリカ合衆国
Der letzte Sommer der Reichen ペーター・カーン   オーストリア
Al-Hob wa Al-Sariqa wa Mashakel Ukhra الحب والسرقة ومشاكل أخرى Muayad Alayan   パレスチナ
Paridan az Ertefa Kam Hamed Rajabi   イラン
  フランス
Meurtre à Pacot ラウル・ペック   フランス
  ハイチ
  ノルウェー
Nasty Baby セバスティアン・シルバ   アメリカ合衆国
Necktie Youth Sibs Shongwe-La Mer   南アフリカ共和国
Ned Rifle ハル・ハートリー   アメリカ合衆国
国際市場で逢いましょう Gukjesijang ユン・ジェギュン   韓国
リベリアの白い血 Out of My Hand 福永壮志   アメリカ合衆国
Mot naturen Ole Giæver, Marte Vold   ノルウェー
軍中樂園 Jun Zhong Le Yuan Doze Niu   中華民国台湾
Petting Zoo Micah Magee   ドイツ
  ギリシャ
  アメリカ合衆国
Pionery-geroi Natalia Kudryashova   ロシア
Al bahr min ouaraikoum البحر من ورائكم Hisham Lasri   モロッコ
Que Horas Ela Volta? Anna Muylaert   ブラジル
Stories of Our Lives ジム・チャックー   ケニア
Sangailė Alanté Kavaïté   リトアニア
  フランス
  オランダ
醉·生夢死 Zui Sheng Meng Si チャン・ツォーチ   中華民国台湾
ハード・ラブ Härte ローザ・フォン・プラウンハイム   ドイツ
De ce eu? Tudor Giurgiu   ルーマニア
  ブルガリア
  ハンガリー

脚注編集

  1. ^ 65th Berlin International Film Festival”. Berlinale. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ Isabel Coixet's Nobody Wants the Night to open Berlinale”. Berlinale. 2015年1月9日閲覧。
  3. ^ Darren Aronofsky will be Jury President of the 2015”. Berlinale. 2014年11月4日閲覧。
  4. ^ a b Homage 2015 and Honorary Golden Bear for Wim Wenders”. Berlinale. 2014年11月1日閲覧。
  5. ^ a b Malick, Dresen, Greenaway and German in Competition”. Berlinale. 2014年12月16日閲覧。
  6. ^ Jafar Panahi's New Film in Competition”. Berlinale. 2015年1月14日閲覧。
  7. ^ a b Competition Complete”. Berlinale. 2015年1月19日閲覧。
  8. ^ “ジャファル・パナヒのベルリン金熊受賞作が2017年4月公開”. 映画ナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/eiga/news/209741 2016年11月18日閲覧。 
  9. ^ Panorama 2015: Probing the Past to Shape the Future”. Berlinale. 2014年12月25日閲覧。
  10. ^ Panorama 65th Berlinale”. Berlinale. 2015年1月17日閲覧。

外部リンク編集