ティモシー・シャラメ(Timothée Hal Chalamet, 1995年12月27日 - )は、アメリカ合衆国フランス俳優。日本での愛称は「ティム」、「ティミー」。またプリンス・オブ・ハリウッドとも称される[2]

ティモシー・シャラメ
Timothée Chalamet
Timothée Chalamet
2019年
本名 Timothée Hal Chalamet
生年月日 (1995-12-27) 1995年12月27日(28歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州マンハッタン区ヘルズ・キッチン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス[1]
二重国籍
身長 175 cm
職業 俳優
活動期間 2007年 -
主な作品
インターステラー
マイ・ビューティフル・デイズ
君の名前で僕を呼んで
レディ・バード
ビューティフル・ボーイ
レイニーデイ・イン・ニューヨーク
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
デューン』シリーズ
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
ドント・ルック・アップ
ボーンズ アンド オール
ウォンカとチョコレート工場のはじまり
 
受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞
主演男優賞
2017年君の名前で僕を呼んで
ロサンゼルス映画批評家協会賞
主演男優賞
2017年『君の名前で僕を呼んで』
その他の賞
テンプレートを表示

2017年の映画『君の名前で僕を呼んで』で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。ティモテ・シャラメティモティー・シャラメと表記されることもある。

生い立ち 編集

アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタンにあるヘルズ・キッチンで生まれる[3]。父はフランス人国際連合児童基金エディター、母は元ブロードウェイのダンサーで不動産ブローカーのユダヤ系又はロシア系アメリカ人。フランス語を解せる。フランスとアメリカ合衆国の二重国籍。姉ポーリーンは女優でフランス在住。本人は自身の名前について、フランス風に「ティモテー」と発音すると述べている[4]

ヘルズ・キッチンで育つが、幼少の頃からフランスに滞在することが多かった(1年の内4ヶ月以上をフランスで過ごしたという[4])。マンハッタンにある芸術系の高校フィオレロ・H・ラガーディア高校英語版で学び[4]、卒業後、コロンビア大学に入学[5]。それからニューヨーク大学に編入した[6]

キャリア 編集

 
2018年、トロント国際映画祭でのシャラメ

幼少期から様々なコマーシャル出演を経て2008年に短編映画出演を果たし、翌2009年にはテレビドラマ『ロー&オーダー』やテレビ映画『Loving Leah』に出演した。

2012年に放映されたテレビドラマ『救命医ハンク セレブ診療ファイル』のシーズン3,4にて計4話出演し、さらに同年放映のテレビドラマ『HOMELAND』のシーズン2では副大統領の息子のフィン・ウォルデン役を演じる。2014年の映画『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』にダニー・ヴァンス役で出演を果たし、同年にSF映画『インターステラー』で、主人公クーパー(演:マシュー・マコノヒー)の息子トムの若い頃を演じる。それから2015年の映画『クーパー家の晩餐会』にシャーロットとサムの孫チャーリー役で出演している。

2017年、ルカ・グァダニーノ監督の映画『君の名前で僕を呼んで』で主演を務めると演技を絶賛され、第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

出演作品 編集

映画 編集

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2014 ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界
Men, Women & Children
ダニー・ヴァンス 日本劇場未公開 (吹き替え版なし)
インターステラー
Interstellar
若い頃のトム・クーパー 上村祐翔[7]
Worst Friends 若い頃のサム N/A
2015 シークレット・チルドレン 禁じられた力
One & Two
ザック (吹き替え版なし)
サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶
The Adderall Diaries
若い頃のスティーヴン・エリオット 日本劇場未公開
クーパー家の晩餐会
Love the Coopers
チャーリー・クーパー 駒田航
2016 マイ・ビューティフル・デイズ
Miss Stevens
ビリー・ミットマン (吹き替え版なし)
2017 君の名前で僕を呼んで
Call Me by Your Name
エリオ・パールマン アカデミー賞主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞主演男優賞ノミネート
全米映画俳優組合賞主演男優賞ノミネート
クリティクス・チョイス・アワード主演男優賞ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞主演男優賞受賞[8]
ロサンゼルス映画批評家協会賞主演男優賞受賞[9]
入野自由[10]
HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ
Hot Summer Nights
ダニエル・ミドルトン
レディ・バード
Lady Bird
カイル・シャイベ 菅原雅芳
荒野の誓い
Hostiles
フィリップ・デジャルダン二等兵 古沢勇人
2018 ビューティフル・ボーイ
Beautiful Boy
ニック・シェフ ゴールデングローブ賞助演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞助演男優賞ノミネート
入野自由
2019 レイニーデイ・イン・ニューヨーク
A Rainy Day in New York
ギャツビー・ウェルズ (吹き替え版なし)
キング
The King
ヘンリー5世 Netflixオリジナル映画 立花慎之介
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
Little Women
セオドア・“ローリー”・ローレンス 入野自由[11]
2021 フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
The French Dispatch
ゼフィレッリ 加藤ルイ
DUNE/デューン 砂の惑星
Dune
ポール・アトレイデス 入野自由[12]
ドント・ルック・アップ
Don't Look Up
ユール Netflixオリジナル映画
2022 ボーンズ アンド オール
Bones & All
リー 兼製作 (吹き替え版なし)
2023 ウォンカとチョコレート工場のはじまり
Wonka
ウィリー・ウォンカ 花村想太[13]
2024 デューン 砂の惑星 PART2
Dune: Part Two
ポール・アトレイデス 入野自由[14]
TBA
A Complete Unknown
ボブ・ディラン

テレビ 編集

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2009 ロー&オーダー
Law & Order
エリック・フォーリー 第19シーズン第10話「学生社交クラブ」
2012 救命医ハンク セレブ診療ファイル
Royal Pains
ルーク シーズン3 15話「青い青い海」,16話「ロング・グッドバイ」シーズン4

1話「それぞれの夏」,2話「ハンク対ハンク・メド2」 計4話出演

HOMELAND
Homeland
フィン・ウォルデン 計8話出演
2020-2021 サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
本人(ホストとカメオ出演) 計2話出演
2022 キッド・カディ: Entergalactic
Entergalactic
ジミー 声の出演
特別番組

日本語吹き替え 編集

君の名前で僕を呼んで』以降、入野自由が大半の作品で声を担当している[15]

入野は同作で担当した際に、「男性女性に関わらず魅了されるルックスをしていますし、当時ティモシーは20歳ぐらいでしたが、大人でも子供でもない曖昧な年頃の心の機微を巧みに表現していて引き込まれました。」と、ティモシーのファンになったことを公言している。また、ティモシーの魅力については「生来の色気を持っている人だと思うのですが、それがどんどん洗練されていっている感じがします。どの作品もティモシーでありながら、ティモシーではない。それぞれの役で色気の出し引きをコントロールしているような感じがあるんですよね。ほんとに魅力的で、謎めいた俳優だと思います。」と評価しており、吹替を通して共に歩んできたことから現在では「彼と一緒に歩んでいる気持ちもあります。」と一心同体になっていることも明かした[16][17]

このほかにも、上村祐翔駒田航立花慎之介菅原雅芳古沢勇人花村想太なども声を当てている。

脚注 編集

  1. ^ Rencontre avec Timothée Chalamet, "the next big thing" du cinéma hollywoodien”. 2018年7月18日閲覧。
  2. ^ 新時代の“プリンス・オブ・ハリウッド” ティモシー・シャラメの魅力に迫る”. クランクイン! (2021年9月4日). 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ Actor Timothée Chalamet Is Young and Wise
  4. ^ a b c 成田陽子 (2018年5月26日). “本当に22歳?大人すぎるティモシー・シャラメの回答に注目【成田陽子のあのスターが私に見せたホントの素顔】”. SCREEN. 2018年5月31日閲覧。
  5. ^ PeopleHop: Timothée Chalamet
  6. ^ Does Timothée Chalamet Go Here?
  7. ^ インターステラー”. ふきカエル大作戦!! (2014年11月13日). 2021年3月11日閲覧。
  8. ^ 2017 Awards” (2017年11月30日). 2017年11月30日閲覧。
  9. ^ L.A. Film Critics Association: ‘Call Me By Your Name’ Selected As Best Picture — Winners List”. DEADLINE (2017年12月3日). 2017年12月3日閲覧。
  10. ^ 君の名前で僕を呼んで”. ふきカエル大作戦!! (2018年4月20日). 2021年3月11日閲覧。
  11. ^ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語”. ふきカエル大作戦!! (2020年10月16日). 2023年5月4日閲覧。
  12. ^ DUNE/デューン 砂の惑星 -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年10月14日). 2023年5月4日閲覧。
  13. ^ ウォンカとチョコレート工場のはじまり -日本語吹き替え版”. 吹替キングダム (2023年12月11日). 2024年3月16日閲覧。
  14. ^ デューン 砂の惑星PART2 -日本語吹き替え版”. 吹替キングダム (2024年3月16日). 2024年3月16日閲覧。
  15. ^ 入野自由、ティモシー・シャラメの吹替は『デューン』で5作目!声優陣がシャラメの美しさを熱弁”. MOVIE WALKER PRESS. 2024年3月19日閲覧。
  16. ^ 『DUNE/デューン 砂の惑星』吹替声優・入野自由がナビゲート、ティモシー・シャラメの魅力”. ORICON NEWS. 2023年12月30日閲覧。
  17. ^ 入野自由、ティモシー・シャラメの佇まいを称賛「さすが主役の存在感」 : 映画ニュース”. 映画.com. 2023年12月30日閲覧。

外部リンク 編集