シーザーとクレオパトラ

シーザーとクレオパトラ』(原題:Caesar and Cleopatra)は、1945年に製作・公開されたイギリス映画である。

シーザーとクレオパトラ
Caesar and Cleopatra
監督 ガブリエル・パスカル
脚本 ジョージ・バーナード・ショー(原作も)
製作 ガブリエル・パスカル
製作総指揮 J・アーサー・ランク
出演者 クロード・レインズ
ヴィヴィアン・リー
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 ジャック・カーディフ
ジャック・ヒルドヤード
ロバート・クラスカー
フレディ・ヤング
編集 フレデリック・ウィルソン
配給 イギリスの旗 イーグル=ライオン
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 BCFC/ニッポンシネマコーポレーション
公開 イギリスの旗 1945年12月11日
日本の旗 1950年9月1日(有楽座)
上映時間 138分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 約1,278,000ポンド
興行収入 2,250,000ドル(北米市場)
テンプレートを表示

概要編集

ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『シーザーとクレオパトラ』の映画化であり、ショー自身が脚本を執筆した。プロデューサーガブリエル・パスカルが監督し、クロード・レインズヴィヴィアン・リーがタイトルロールを演じている。

撮影は戦時中の1944年であるが、テクニカラーの大作として完成した。

1973年11月30日に、フジテレビの『スペシャル洋画劇場』枠でテレビ放送されている。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・製作:ガブリエル・パスカル
  • 製作総指揮:J・アーサー・ランク
  • 原作・脚本:ジョージ・バーナード・ショー
  • 音楽:ジョルジュ・オーリック
  • 撮影:ジャック・カーディフ、ジャック・ヒルドヤード、ロバート・クラスカー、フレディ・ヤング
  • 編集:フレデリック・ウィルソン
  • 美術:ジョン・ブライアン、オリヴァー・メッセル
  • 衣装・装置:オリヴァー・メッセル

製作編集

  • 1941年ヴィヴィアン・リーにはほぼ同時に2つバーナード・ショーの戯曲を舞台で演じる話がきた[1]。アメリカでの「シーザーとクレオパトラ」と英国での「医師のジレンマ」である[1]。ヴィヴィアン・リーはクレオパトラを演じたかったため、映画化を計画しているガブリエル・パスカルに、舞台で上演してから映画化の話を持ちかけたが、パスカルは興味を示さなかった。しかしパスカルはヴィヴィアン・リー主演で映画化することは承知した[1]。ただし、配役はバーナード・ショーの承認が必要であった[1]。どうしてもクレオパトラを演じたいリーは「医師のジレンマ」を演じてバーナード・ショーを満足させられれば、クレオパトラも認めてもらえるだろうと「医師のジレンマ」を引き受けた[1]。その後「医師のジレンマ」は大成功し、地方で6か月、ロンドンで13か月も上演した[1]
  • バーナード・ショーを訪れたヴィヴィアン・リーは、うまく会話をさばきクレオパトラについては一言も触れず、ペルシャ猫のように振る舞った[1]。いとまを告げようとした時、バーナード・ショーは「あんたはクレオパトラをやらなきゃいかんね」と言って、ヴィヴィアン・リーがクレオパトラに決定した[1]
  • 撮影は戦時中の1944年7月12日から開始されている[1]。撮影を見に来たバーナード・ショーは「(プロデューサーの)ランクがかわいそうだな。この映画は100万ポンドかかるだろう」と言ったが、実際英国で最もお金のかかった作品になった[1]
  • 撮影前、ヴィヴィアン・リーは体調が悪く咳が続いていたが、北アフリカへの軍の慰問に加わった[1]。帰る頃にはなんとか咳は止まったものの、体重は7kgも減っていた[1]。その後妊娠がわかり、医師はこんな時期に映画に出演してはいけないと言ったが、ヴィヴィアン・リーは忠告を退け撮影を開始[1]。1944年の夏は季節外れの寒さで、ヴィヴィアン・リーは薄い衣装で屋外に出て猛暑の雰囲気を作り出さなければならず、撮影開始から6週間後に倒れ、お腹の子供は失われた[1]
  • 映画の撮影後、ヴィヴィアン・リーに最初の双極性障害の発作が出た[1]。態度が突然変わり暴れ出し、その後は大声をあげて泣き出し、発作が収まると何も覚えていなかった[1]。このことはヴィヴィアン・リーと夫のローレンス・オリビエにとって恐怖であった[1]

エピソード編集

賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r アン・エドワーズ (1985年5月25日初版). 『ヴィヴィアン・リー』. 文藝春秋 
  2. ^ 2003年2月27日発売.東北新社.『シーザーとクレオパトラ』デジタルニューマスター版DVD.イントロダクションおよびジャケット.
  3. ^ 資料室 直営洋画劇場上映作品1934-1954”. 東宝株式会社. 2020年4月18日閲覧。

外部リンク編集