メインメニューを開く

ジア・ルイス=スモールウッド(Gia Lewis-Smallwood、1979年4月1日 - )は、円盤投を専門とするアメリカ合衆国陸上競技選手2011年に、非公式の大会で55m03を投げ、アメリカの室内新記録を樹立した[2]

ジア・ルイス=スモールウッド
Gia Lewis-Smallwood
Portal:陸上競技
2014 DécaNation - Discus throw 16.jpg
選手情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技
種目 円盤投
大学 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校[1]
生年月日 (1979-04-01) 1979年4月1日(40歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シャンペーン[1]
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シャンペーン[1]
身長 1.83 m (6 ft 0 in)
体重 93 kg (210 lb)
コーチ担当者 マイケル・ターク(Michael Turk)[1]
自己ベスト 円盤投:69m17(2014年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

センテニアル高校英語版時代はバスケットボールの選手としてプレーする一方、陸上競技では短距離走をしていた[3]。コーチに勧められて円盤投に挑戦したところ、わずか8週間の練習で約140フィート(≒43m)を投げ、大学では砲丸投を勧められたが、1年生のうちはバスケットボールにこだわった[3]スポーツ選手になりたいと思っていたジアは、バスケットボール選手としての限界を感じ、2年生から円盤投選手として競技をすることを決意した[3]。その後アメリカの大学陸上では優れた成績を残すも、世界レベルの選手としてはなかなか芽が出ず、4度目のオリンピック代表選考会で、ようやく代表の座を勝ち取った[3]

苦しみながら代表権を得たロンドンオリンピック[3]では、予選を15位の成績で終えるも、決勝に進出することはできなかった[4]モスクワで開かれた2013年世界陸上競技選手権大会では5位に入賞し、同年のワールドチャレンジ・ザグレブ英語版では、決勝で66m29をマークし、自己新記録と大会新記録を打ち立てただけでなく、国際大会で15連勝を続けていたサンドラ・ペルコビッチを破り、ペルコビッチの連勝記録をストップさせた[5][6]。3日後のダイヤモンドリーグ最終戦メモリアルヴァンダムではペルコビッチに2m22の大差を付けられて敗北した[7]

主な成績編集

種目はすべて円盤投。

大会 開催地 順位 記録
  アメリカ合衆国代表
2011 世界選手権   韓国 大邱 15位(予選) 59m49
2012 オリンピック   イギリス ロンドン 15位(予選) 61m44
2013 世界選手権   ロシア モスクワ 5位 64m23
ワールドチャレンジ・ザグレブ   クロアチア ザグレブ 1位 66m29 GR, PB

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

人物編集

イリノイ州シャンペーン出身、在住[1]。父はエコノミスト、母はテニス場のパートタイマーである[8]。アメリカの陸上競技全国大会に初めて出場したのは6歳の時(種目は短距離)で、以来ナイキスポンサーに就任する2009年(30歳)まで両親が経済援助を続けていた[8]。子供の頃の愛読書は、『はらぺこあおむし』と『アンナ・カレーニナ[9]

地元のイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校政治学経済学スペイン語の3つを専攻し、B.A.を取得している[10]。卒業後は同学のYWCAスタッフを務めている[10]既婚者である[9]

脚注編集

  1. ^ a b c d e “USA Track & Field - Gia Lewis-Smallwood”. USATF. http://www.usatf.org/Athlete-Bios/Gia-Lewis-Smallwood.aspx 2013年9月16日閲覧。 
  2. ^ “World Indoor Throwing 2011 Complete Results”. worldindoorthrowing.com. (2011年3月12日). http://www.worldindoorthrowing.com/pdf/WIT_2011_res.pdf 2013年9月16日閲覧。 
  3. ^ a b c d e First Olympic games experience attributed to hard work for Lewis-Smallwood” (英語). Prospectus News. 2013年9月16日閲覧。
  4. ^ “Entry List by Event”. IAAF. (2012年7月27日). オリジナルの2012年8月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120812205010/http://www.iaaf.org/mm/Document/06/61/86/66186_PDF_English.pdf 2013年9月16日閲覧。 
  5. ^ Hrvoje Slišković (2013年9月4日). “FIVE MEETING RECORDS, BUT PERKOVIC LOSES IN ZAGREB – IAAF WORLD CHALLENGE” (英語). IAAF. http://www.iaaf.org/news/report/five-meeting-records-but-perkovic-loses-in-za 2013年9月16日閲覧。 
  6. ^ 寺田辰朗 (2013年9月5日). “いよいよ最終戦ファイナルラウンド。ダイヤモンドリーグの最後を存分に楽しむ視点は?”. WOWOW. http://www.wowow.co.jp/sports/diamond/column.html 2013年9月16日閲覧。 
  7. ^ “円盤投げのペルコビッチ7戦7勝/陸上”. ニッカンスポーツ. (2013年9月7日). オリジナルの2013年9月16日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0916-1216-25/www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20130907-1185522.html 2013年9月16日閲覧。 
  8. ^ a b Olympian used to throwing convention aside” (英語). News-Gazette.com. 2013年9月16日閲覧。
  9. ^ a b Getting Personal: Gia Lewis-Smallwood” (英語). News-Gazette.com (2013年1月13日). 2013年9月16日閲覧。
  10. ^ a b Staff - YWCA University of Illinois” (英語). YWCA University of Illinois. 2013年9月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集