メインメニューを開く
ジェームズ・クラッグスの肖像画、ゴドフリー・ネラー作、1708年頃。

ジェームズ・クラッグス英語: James Craggs the Younger PC1686年4月9日 - 1721年2月16日)は、グレートブリテン王国の政治家。南海泡沫事件の余波で自殺した。

生涯編集

1686年4月9日、ジェームズ・クラッグスの次男としてシティ・オブ・ウェストミンスターで生まれた[1]チェルシーの学校で学んだが、卒業する前に大陸ヨーロッパへの旅行に出かけ、ハノーファートリノの宮廷を訪れた[1]。ハノーファーの宮廷に長く留まって、ゾフィア・シャルロッテ・フォン・キールマンゼックの影響力を通じてハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(後のイギリス王ジョージ1世)に気に入られた[1]。その後、バルセロナにあるスペイン王の宮廷に派遣され、1709年の戦役ではフランドルにいた[1]。1713年9月、トレゴニー選挙区英語版で当選して庶民院議員になり、アン女王の死から数か月後にプリンス・オブ・ウェールズの会計長官に任命された[1]1715年1月の総選挙ではトレゴニー選挙区で再選、1717年4月13日にはウィリアム・パルトニーの後任として戦時大臣に就任した[1]。さらに1718年3月16日にはジョゼフ・アディソンの引退を受けて南部担当国務大臣に就任、同日に枢密顧問官に任命された[1]

このように出世街道一直線で、庶民院でも弁論でロバート・ウォルポールと渡り合える実力を持つクラッグスであったが、南海泡沫事件により名声を失った。1721年1月4日には事件に関連してウィリアム・シッペンと庶民院で激論を繰り広げたが、その数週間後に天然痘を患い、1721年2月16日に死去した[1]。3月1日にウェストミンスター寺院のヘンリー7世チャペルに埋葬された[1]

家族編集

生涯未婚であったが、ハリオット(Harriot、1769年没)という庶出の娘がいる[1]。ハリオットは1726年3月4日にリチャード・エリオットと結婚、2人の長男エドワード英語版は1784年にエリオット男爵に叙された後、1789年4月15日にはクラッグスの姓を名乗る許可を受けた[1]。ハリオットはジョン・ハミルトン英語版と結婚したが、ハミルトンは1755年12月18日にポーツマスで溺死した[1]。ハリオットとハミルトンの間で生まれた息子ジョン英語版は後にアバーコーン侯爵に叙された[1]

評価編集

同時代の文人アレキサンダー・ポープジョン・ゲイ、政治家のジョゼフ・アディソンから称えられたが、ホレス・ウォルポールはクラッグスを「派手に話す男」冷笑したという[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Barker, George Fisher Russell (1887). "Craggs, James (1686-1721)" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (in English). 12. London: Smith, Elder & Co. pp. 440–441.

外部リンク編集