ジェイムズ・ダグラス (第2代クイーンズベリー公爵)

第2代クイーンズベリー公爵ジェイムズ・ダグラス: James Douglas, 2nd Duke of Queensberry1662年12月18日 - 1711年7月6日)は、スコットランドイギリスの政治家、貴族。

第2代クイーンズベリー公爵ジェイムズ・ダグラス

名誉革命後のスコットランド政界で活躍し、スコットランドとイングランドの連合を定めた1707年連合法スコットランド議会における可決に尽力した。

1695年に父からスコットランド貴族爵位クイーンズベリー公爵位を継承し、1708年グレートブリテン貴族ドーヴァー公爵に叙せられた。

経歴編集

1662年12月18日、後に初代クイーンズベリー公爵に叙されるウィリアム・ダグラスとその妻イザベル(初代ダグラス侯爵英語版ウィリアム・ダグラス英語版の娘)の間の長男としてサンクアー城英語版に生まれる[1][2][3]

グラスゴー大学で学び、その後グランドツアーに出た[1]1684年に帰国するとスコットランド枢密顧問官英語版に任じられるとともに騎兵連隊に中佐として入隊した[1]

早期からオラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)を支持していたため、名誉革命後に栄進した[4]。彼は当時スコットランドで大きな勢力を持っていた四大貴族の一人であり(他にハミルトン公爵ハミルトン家、アソル公爵マレー家、アーガイル公爵キャンベル家)、ウィリアム3世としては彼の勢力を利用してスコットランドを統治しようとしていた[5]

1692年からスコットランド大蔵卿委員会英語版の委員の一人となり、1693年にはスコットランド議会に大蔵卿 (Lord High Treasurer) として出席した[1]1695年3月には父の死によりスコットランド貴族爵位の第2代クイーンズベリー公爵位を継承[1]。同年スコットランド王璽尚書英語版に就任した[1]1700年にはスコットランド議会における国王代理英語版に就任した[1]。また彼の派閥に属するジョン・ダルリンプル国務大臣英語版に据え、早期からイングランドとの連合を目指した[5]

しかし1692年にはウィリアム3世が連合に抵抗する高地地方においてグレンコーの虐殺を引き起こしていたため、スコットランド議会は国王やイングランドに対する拒絶感が強かった。そのためクイーンズベリー公やダルリンプルら「宮廷派」はスコットランド議会で安定多数を得ることができなかった。1702年にクイーンズベリー公爵派がイングランドとの連合交渉に乗り出した際にも激しい反発を受けた[5]

アン女王時代にも官職にとどまったが、スコットランド政界での孤立が深まり、1704年には前年に第11代ロバト卿サイモン・フレーザージャコバイトが企てた陰謀に加担したとされて免職された[6][5]

しかし1705年に疑惑は晴れ、再びスコットランド王璽尚書に就任した[4]1706年にはイングランドとスコットランドの連合推進委員に任命される[4]連合法はスコットランド議会内において賛否が拮抗していたが、彼が議員の買収に励んで賛成派を増やしたことで1707年に成立にこぎつけた[7]。そのため「連合公爵(Union Duke)」とあだ名されるようになった[4]

1708年5月にグレートブリテン貴族爵位のドーヴァー公爵に叙せられた[2][1]1709年にはスコットランド担当大臣に就任する[4]

1711年7月6日に死去した[1]

次男ジェイムズ・ダグラス英語版が生存している男子の最年長者だったが、この次男は精神障害者で人肉を食らう殺人者だった[8][9][10]。そのため爵位に特別継承権の規定が付け加えられており(後述)、クイーンズベリー侯爵位を除く彼と彼の父の代に叙された爵位(クイーンズベリー公爵位やドーヴァー公爵位など)は、三男チャールズ・ダグラスに継承された。一方クイーンズベリー侯爵位と曽祖父の代に叙された爵位(クイーンズベリー伯爵位など)は、通常通り次男ジェイムズが継承している。しかし次男ジェイムズは子供を残さずに死去したので結局これらの爵位も三男チャールズが継承している[2]

栄典編集

爵位編集

1695年の父の死により以下の爵位を継承した[1]

(1684年2月3日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
(1682年2月11日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第2代ダンフリーズシャー侯爵 (2nd Marquess of Dumfriesshire)
(1684年2月3日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
(1633年6月13日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第2代ドラムランリグ=サンクアー伯爵 (2nd Earl of Drumlanrig and Sanquhar)
(1682年2月11日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第4代ドラムランリグ子爵 (4th Viscount of Drumlanrig)
(1628年4月1日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第2代ニス=トーソルウォルド=ロス子爵 (2nd Viscount Nith, Torthorwald and Ross)
(1682年2月11日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • ホーイック=ティバーズの第4代ダグラス卿 (4th Lord Douglas of Hawick and Tibbers)
(1628年4月1日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • キルモント=ミドルビー=ドーノックの第2代ダグラス卿 (2nd Lord Douglas of Kilmount, Middlebie and Dornock)
(1682年2月11日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)

1706年6月17日に上記の継承爵位のうちクイーンズベリー侯爵位を除く父の代に叙された爵位(第2代の爵位)について次の特別継承権の規定が付け加えられた。まず殺人狂の次男ジェイムズ・ダグラス英語版の継承権を否認し、三男チャールズ・ダグラスに継承させる旨の規定である。もう一つは爵位継承範囲を初代クイーンズベリー伯爵ウィリアム・ダグラスに遡った男子もしくは女子の子孫に拡張させる規定である[2]

1708年5月26日に以下の爵位を新規に与えられる。いずれも三男チャールズに継承させる特別継承権が付けられている[2][1]

(勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 初代ビバリー侯爵 (1st Marquess of Beverley)
(勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 初代リポン男爵 (1st Baron Ripon)
(勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)

家族編集

1685年に第3代ダンガーヴァン子爵チャールズ・ボイルの娘メアリー・ボイルと結婚。彼女との間に以下の4男5女を儲ける[1][2]

  • 長男ウィリアム・ダグラス (1696)、儀礼称号でドラムランリグ伯爵。夭折
  • 次男ジェイムズ・ダグラス英語版 (1697-1715)、第3代クイーンズベリー侯爵位を継承。人肉食の殺人者だったため、特別継承権で多くの爵位の継承権を除かれた
  • 三男チャールズ・ダグラス (1698-1778)、特別継承権により第3代クイーンズベリー公爵位を継承
  • 四男ジョージ・ダグラス (1701-1725)
  • 長女イザベラ・ダグラス (1688-1694)
  • 次女エリザベス・ダグラス (1691-1695)
  • 三女メアリー・ダグラス (1699-1703)
  • 四女ジェーン・ダグラス (-1729)、第2代バクルー公フランシス・スコットと結婚。彼女の孫である第3代バクルー公ヘンリー・スコットは5代クイーンズベリー公爵位を継承[11]
  • 五女アン・ダグラス (-1741)、庶民院議員ウィリアム・フィンチと結婚

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Stephen, Leslie, ed. (1888). "Douglas, James (1662-1711)" . Dictionary of National Biography (英語). 15. London: Smith, Elder & Co.
  2. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Queensberry, Duke of (S, 1683/4)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月14日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “William Douglas, 1st Marquess of Queensberry” (英語). thepeerage.com. 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 614.
  5. ^ a b c d 浜林正夫 1983, p. 371.
  6. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 267/614.
  7. ^ 浜林正夫 1983, p. 379.
  8. ^ Maxwell vol ii, p284
  9. ^ James Douglas (Earl of Drumlanrig)”. The Gazetteer for Scotland. 2006年9月13日閲覧。
  10. ^ “Why you've more than a ghost of a chance of seeing a spook”. The Scotsman. (2004年11月8日). http://www.scotsman.com/news/why-you-ve-more-than-a-ghost-of-a-chance-of-seeing-a-spook-1-1045900 2015年3月5日閲覧。 
  11. ^ 森護 1987, p. 123.

参考文献編集

軍職
先代:
第4代リンリスゴー伯爵
スコットランド第4近衛騎兵中隊英語版
名誉隊長

1688年–1696年
次代:
初代アーガイル公爵
公職
先代:
初代メルヴィル伯爵英語版
スコットランド王璽尚書英語版
1695年–1702年
次代:
初代アソル公爵
先代:
初代ハインドフォード伯爵英語版
第4代シーフィールド伯爵
スコットランド国王秘書長官英語版
1702年–1704年
共同就任者
ジョージ・マッケンジー英語版
次代:
第5代ロックスバラ伯爵
第4代シーフィールド伯爵
先代:
初代アソル公爵
スコットランド王璽尚書
1705年–1709年
次代:
初代モントローズ公爵
先代:
第23代マー伯爵
スコットランド担当大臣
1709年–1711年
次代:
第23代マー伯爵
スコットランド王国議会英語版
先代:
タリバーディン伯爵
スコットランド議会国王代理英語版
1700年–1703年
次代:
第2代トウィーデール侯爵
先代:
第2代アーガイル公爵
スコットランド議会国王代理
1707年
次代:
連合法制定で廃止
スコットランドの爵位
先代:
ウィリアム・ダグラス
第2代クイーンズベリー公爵
1695年–1711年
次代:
チャールズ・ダグラス
第2代クイーンズベリー侯爵
1695年–1711年
次代:
ジェイムズ・ダグラス英語版
グレートブリテンの爵位
爵位創設 初代ドーヴァー公爵
1708年–1711年
次代:
チャールズ・ダグラス