メインメニューを開く
アーガイル公キャンベル家の紋章

アーガイル公爵英語: Duke of Argyll, スコットランド・ゲール語: Diùc Earra-Ghàidheil)は、イギリス公爵位。スコットランド氏族(クラン)の一つキャンベル氏族の族長であるキャンベル家は、1445年にキャンベル卿(スコットランド貴族)、1457年にアーガイル伯爵(スコットランド貴族)を与えられた。そして1701年に10代アーガイル伯アーチボルド・キャンベルがアーガイル公爵(スコットランド貴族)に叙されたのがアーガイル公爵位の始まりである。さらに1892年には8代アーガイル公ジョージ・キャンベル連合王国貴族としてのアーガイル公爵位も与えられている。

歴史編集

 
アーガイル公爵家の居城インヴァレリー城英語版をバックに立つ第12代アーガイル公イアン・キャンベル英語版(1984年撮影)。
 
アーガイル公爵家のスターリングの邸宅として使用されていたアーガイル・ロッジング英語版

貴族に叙されるまで編集

キャンベル家はスコットランド中西部を占める巨大なクラン(スコットランドの氏族集団)であるキャンベル氏族の族長(Chief)家系である[1]

スコットランド西部アーガイルにあった古代王家の女系の末裔とされ、14世紀サー・ニール・キャンベル英語版(生年不詳-1315年)ロバート1世の側近として台頭し、ロバート1世の姉マリー・ブルース英語版と結婚した。ニールの息子であるサー・コリン・キャンベル英語版がアーガイル地方に広大な領地を与えられた[2]

キャンベル卿・アーガイル伯爵編集

キャンベル家に初めてスコットランド貴族爵位が与えられたのは、サー・コリン・キャンベルの曽孫にあたるダンカン・キャンベル英語版(生年不詳-1453年)1445年キャンベル卿(Lord Campbell)に叙されたのが最初である[3]

キャンベル卿位を継承した孫の第2代キャンベル卿コリン・キャンベル英語版(1433年-1493年)は、西部のクランのローン卿英語版ステュアート家の娘イザベラと結婚し、それによってキャンベル家は西部クラン最大のクランとなった[1]。彼の代からキャンベル家の長は「マッカラン・モア」と呼ばれるようになった[4]。彼は1457年にスコットランド貴族アーガイル伯爵(Earl of Argyll)1470年ローン卿(Lord Lorne)に叙されるとともに[5]、中央政界で活躍し、スコットランド大法官英語版スコットランド法院長英語版等を歴任した[6][4]。また1488年には第5代アンガス伯英語版アーチボルド・ダグラス英語版ら他のスコットランド貴族とともにジェームズ3世廃位の軍を起こして同王を敗死に追い込んでいる[6]

初代伯の曾孫である4代アーガイル伯アーチボルド・キャンベル英語版(1507年頃-1558年)1557年に第4代モートン伯ジェイムズ・ダグラスとともにプロテスタント信仰を誓う「第一次信仰盟約(The First Covenant, or The First Bond)」を締結しており、スコットランド内の親イングランド派政治家だった[7]

4代伯の曾孫8代アーガイル伯アーチボルド・キャンベル(1607年-1661年)は1641年にチャールズ1世よりスコットランド貴族アーガイル侯爵(Marquess of Argyll)に叙され[8]、1642年にはチャールズ1世のためにスコッツガーズを創設したが、清教徒革命では長老派としてチャールズ1世の宗教政策に反対して議会軍に転じている。しかし国王の処刑には反対し、1651年にはチャールズ2世をスコットランド国王に擁立した。それによってクロムウェル率いる共和軍のスコットランド侵攻を招くと国王を見限ってクロムウェルに恭順したが、王政復古後の1661年5月に大逆罪で処刑された[1]

その長男の9代アーガイル伯アーチボルド・キャンベル(1629年-1685年)は一貫して王党派として行動してクロムウェルに投獄されていたため、王政復古後もチャールズ2世から重用されたが、王弟ヨーク公ジェームズ(ジェームズ2世)とは不仲だったため、チャールズ2世崩御後にモンマスの反乱に加担し、反乱鎮圧後には大逆罪で処刑され、所領も没収された[1]

アーガイル公爵編集

その長男である10代アーガイル伯アーチボルド・キャンベル(1658年-1703年)はオランダへ渡り、オレンジ公ウィリアム(後のイングランド王ウィリアム3世、スコットランド王ウィリアム2世)に協力し、1689年にはウィリアム3世を王位につける名誉革命の成功に尽力した。その功績でアーガイル伯爵位と所領を復帰させた。1692年にウィリアム3世がスコットランドの各クランに忠誠の誓約書の提出を求めた際、グレンコウのクランのマクドナルド家だけ提出が遅れ、マクドナルド一族が皆殺しにされる事件があったが、この虐殺はウィリアム3世の命を受けた10代アーガイル伯の仕業であったという(グレンコウの虐殺[9]。ウィリアム3世への忠勤から1701年6月23日にはアーガイル公爵(Duke of Argyll)インヴァレリー、マル、モーヴァーン、タイリー卿(Lord of Inverary, Mull, Morvern and Tirie)キンタイア=ローン侯爵(Marquess of Kintyre and Lorn)ロッコウ=グレニーレ子爵(Viscount of Lochow and Glenyla)キャンベル=コウォール伯爵(Earl of Campbell and Cowall)(全てスコットランド貴族)に叙せられた[10]

その長男である2代アーガイル公ジョン・キャンベル(1680年-1743年)1707年のイングランド・スコットランド合同交渉にあたってスコットランド代表を務め、イングランド優位の連合条件を呑んだ。また1715年ジャコバイトの反乱の際に鎮圧の指揮を執ったことで知られる[6]。彼は1705年11月26日イングランド貴族爵位グリニッジ伯爵(Earl of Greenwich)1719年4月27日グレートブリテン貴族グリニッジ公爵(Duke of Greenwich)に叙されているが、男子相続人がなかったため、一代で絶えている[11][12]

この2代アーガイル公と続く3代アーガイル公アーチボルド・キャンベル英語版(1682年-1761年)の代にアーガイル公爵家のスコットランドにおける影響力は最高潮に達し、スコットランドの地方政治を手中におさめるようになった。そのためしばしばロンドンの中央政府と対立した[13]

5代アーガイル公ジョン・キャンベル英語版(1723年-1806年)は、軍人としてキャリアを積み、ホイッグ党の庶民院議員も務めて、1766年12月23日にはグレートブリテン貴族サンドリッジ男爵(Baron Sundridge)に叙された[14]

その長男である6代アーガイル公ジョージ(1768年-1839年)は父からアーガイル公爵位を継承する前の1799年8月2日に母からグレートブリテン貴族ハメルドンのハミルトン男爵英語版(Baron Hamilton of Hameldon)を継承している[15]

8代アーガイル公ジョージ(1823年-1900年)自由党の政治家としてインド大臣王璽尚書などの閣僚職を歴任し、1892年8月7日には新たに連合王国貴族アーガイル公爵(Duke of Argyll)に叙された[16]

その長男である9代アーガイル公ジョン(1845年-1914年)は、襲爵前にカナダ総督を務め、またヴィクトリア女王の四女ルイーズと結婚しているが、子供はできず、爵位は甥に移っている[17][12]

11代アーガイル公イアン・キャンベル英語版(1903年-1973年)はハイランド師団に属して第二次世界大戦に従軍したが、1940年のフランス戦でドイツ軍の捕虜になっている[12]

2016年現在の当主は13代アーガイル公トーキル英語版(1968年-)である。彼はキャンベル氏族長と地主としての仕事をしながら、ペルノ・リカールでコンサルタントも務め、スコッチ・ウイスキーを推進している[12]

アーガイル公爵家の居城は現在に至るまでスコットランド・アーガイル英語版インヴァレリー英語版にあるインヴァレリー城英語版である。家訓は「忘れるなかれ(ラテン語: Ne obliviscaris)」[12][18]

現当主の保有爵位編集

現在の当主であるトーキル・キャンベル英語版は以下の爵位を保有している[19][18]

  • 第13代アーガイル公爵 (13th Duke of Argyll)
    (1701年6月23日勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第6代アーガイル公爵 (6th Duke of Argyll)
    (1892年4月7日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第13代キンタイア=ローン侯爵 (13th Marquess of Kintyre and Lorne)
    (1701年6月23日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第22代アーガイル伯爵 (22nd Earl of Argyll)
    (1457年頃の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第13代キャンベル=コウォール伯爵 (13th Earl of Campbell and Cowall)
    (1701年6月23日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第13代ロッコウ=グレニーレ子爵 (13th Viscount Lochaw and Glenyla)
    (1701年6月23日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第23代キャンベル卿 23rd Lord Campbell
    (1445年頃の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第22代ローン卿 (22nd Lord Lorne)
    (1470年4月17日のcharterによるスコットランド貴族爵位)
  • 第16代キンタイア卿 (16th Lord Kintyre)
    (1626年2月2日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第13代インヴァレリー=マル=モーヴァーン=タイリー卿 (13th Lord Inverary, Mull, Morvern, and Tirie)
    (1701年6月23日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • ケント州におけるコーンブ・バンクの第9代サンドリッジ男爵 (9th Baron Sundridge, of Coomb Bank in the County of Kent)
    (1766年12月22日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • レスター州におけるハンブルデーンのハメルドンの第10代ハミルトン男爵英語版 (10th Baron Hamilton of Hameldon, of Hambledon in the County of Leicester)
    (1776年5月20日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)


一覧編集

キャンベル卿(1445年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 備考
  初代キャンベル卿
ダンカン・キャンベル英語版
(Duncan Campbell)
(生年不詳-1453年)
1445年
- 1453年
第2代キャンベル卿
コリン・キャンベル英語版
(Colin Campbell)
(1433年-1493年)
1453年
- 1493年5月10日
1457年にアーガイル伯(スコットランド貴族)

アーガイル伯(1457年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 備考
初代アーガイル伯爵
コリン・キャンベル英語版
(Colin Campbell)
(1433年-1493年)
1457年
- 1493年5月10日
1470年にローン卿(スコットランド貴族)
第2代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル英語版
(Archibald Campbell)
(生年不詳-1513年)
1493年5月10日
- 1513年9月9日
第3代アーガイル伯爵
コリン・キャンベル英語版
(Colin Campbell)
(1486年頃-1529年)
1513年9月9日
- 1529年10月9日
第4代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル英語版
(Archibald Campbell)
(1507年頃-1558年)
1529年10月9日
- 1558年12月2日
第5代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル英語版
(Archibald Campbell)
(生年不詳-1573年)
1558年12月2日
- 1573年9月12日
第6代アーガイル伯爵
コリン・キャンベル英語版
(Colin Campbell)
(生年不詳-1584年)
1573年9月12日
- 1584年9月10日
第7代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル英語版
(Archibald Campbell)
(1575年頃-1638年)
1584年9月10日
- 1638年
  初代アーガイル侯爵
第8代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル
(Archibald Campbell)
(1607-1661)
1638年
- 1661年5月27日
1641年にアーガイル侯(スコットランド貴族)
1661年に爵位剥奪
  第9代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル
(Archibald Campbell)
(1629-1685)
1663年
- 1685年6月30日
1663年にアーガイル侯以外の爵位回復
1685年に全爵位剥奪
第10代アーガイル伯爵
アーチボルド・キャンベル
(Archibald Campbell)
(1658-1703)
1689年
- 1703年9月25日
1689年に復権
1701年にアーガイル公(スコットランド貴族)
1701年にキンタイア=ローン侯爵(スコットランド貴族)
1701年にキャンベル=コウォール伯爵(スコットランド貴族)
1701年にロッコウ=グレニーレ子爵(スコットランド貴族)
1701年にインヴァレリー卿(スコットランド貴族)
1701年にロッコウ=グレニーレ子爵(スコットランド貴族)

アーガイル公(1701年/1892年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 備考
初代アーガイル公爵
アーチボルド・キャンベル
(Archibald Campbell)
(1658年-1703年)
1701年
- 1703年9月25日
  第2代アーガイル公爵
初代グリニッジ公爵
ジョン・キャンベル
(John Campbell)
(1680年-1743年)
1703年9月25日
- 1743年10月4日
1705年にグリニッジ伯(イングランド貴族)
1719年にグリニッジ公(グレートブリテン貴族)
1743年にグリニッジ伯・グリニッジ公廃絶
  第3代アーガイル公爵
アーチボルド・キャンベル英語版
(Archibald Campbell)
(1682年-1761年)
1743年10月4日
- 1761年4月15日
  第4代アーガイル公爵
ジョン・キャンベル英語版
(John Campbell)
(1693年頃-1770年)
1761年4月15日
- 1770年11月9日
  第5代アーガイル公爵
ジョン・キャンベル英語版
(John Campbell)
(1723年-1806年)
1770年11月9日
- 1806年5月24日
1766年にサンドリッジ男爵(グレートブリテン貴族)
第6代アーガイル公爵
ジョージ・ウィリアム・キャンベル
(George William Campbell)
(1768年-1839年)
1806年5月24日
- 1839年10月22日
1799年にハメルドンのハミルトン男爵(グレートブリテン貴族)
第7代アーガイル公爵
ジョン・ダグラス・ヘンリー・エドワード・キャンベル英語版
(John Douglas Edward Henry Campbell)
(1777年-1847年)
1839年10月22日
- 1847年4月25日
  第8代アーガイル公爵
初代アーガイル公爵
ジョージ・ジョン・ダグラス・キャンベル
(George John Douglas Campbell)
(1823年-1900年)
1847年4月25日
- 1900年4月24日
1892年にアーガイル公爵(連合王国貴族)
  第9代アーガイル公爵
第2代アーガイル公爵
ジョン・ジョージ・エドワード・ヘンリー・ダグラス・サザーランド・キャンベル
(John George Edward Henry Douglas Sutherland Campbell)
(1845年-1914年)
1900年4月24日
- 1914年5月2日
第10代アーガイル公爵
第3代アーガイル公爵
ニール・ディアーミッド・キャンベル英語版
(Niall Diarmid Campbell)
(1872年-1949年)
1914年5月2日
- 1949年8月20日
第11代アーガイル公爵
第4代アーガイル公爵
イアン・ダグラス・キャンベル英語版
(Ian Douglas Campbell)
(1903年-1973年)
1949年8月20日
- 1973年4月7日
  第12代アーガイル公爵
第5代アーガイル公爵
イアン・キャンベル英語版
(Ian Campbell)
(1937年-2001年)
1973年4月7日
- 2001年4月21日
  第13代アーガイル公爵
第6代アーガイル公爵
トーキル・イアン・キャンベル英語版
(Torquhil Ian Campbell)
(1968年-)
2001年4月21日
- 受爵中

法定推定相続人は現当主の長男ローン侯爵(儀礼称号)アーチー・フレデリック・キャンベル(2004-)[19]

系図編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 森護 1994, p. 131.
  2. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 118.
  3. ^ Lundy, Darryl. “Sir Duncan Campbell, 1st Lord Campbell” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  4. ^ a b ミチスン 1998, p. 70.
  5. ^ Lundy, Darryl. “Colin Campbell, 1st Earl of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  6. ^ a b c 森護 1994, p. 132.
  7. ^ 森護 1994, p. 257.
  8. ^ Lundy, Darryl. “Archibald Campbell, 1st Marquess of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  9. ^ 森(1994) p.130
  10. ^ Lundy, Darryl. “Archibald Campbell, 1st Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Field Marshal John Campbell, 2nd Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  12. ^ a b c d e The Campbell Family” (英語). Inveraray Castle. 2014年12月19日閲覧。
  13. ^ ミチスン 1998, p. 133.
  14. ^ Lundy, Darryl. “Field Marshal John Campbell, 5th Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  15. ^ Lundy, Darryl. “Sir George William Campbell, 6th Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  16. ^ Lundy, Darryl. “George Douglas Campbell, 8th Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  17. ^ Lundy, Darryl. “John George Edward Henry Douglas Sutherland Campbell, 9th Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。
  18. ^ a b Heraldic Media Limited. “Argyll, Duke of (S, 1701)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月1日閲覧。
  19. ^ a b Lundy, Darryl. “Torquhil Ian Campbell, 13th Duke of Argyll” (英語). thepeerage.com. 2014年12月19日閲覧。

参考文献編集

  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478
  • 森護『英国王室史事典-Historical encyclopaedia of Royal Britain-』大修館書店、1994年。ISBN 978-4469012408
  • ミチスン, ロザリンド『スコットランド史―その意義と可能性』未来社、1998年。ISBN 978-4624111687

関連項目編集