ジェラルド・リーヴン

ジェラルド・M・"ジェリー"・リーヴン英語: Gerald M. "Jerry" Reaven, 1928年7月28日[1] - 2018年2月12日)は、アメリカ合衆国内分泌学者スタンフォード大学医学部名誉教授

ジェラルド・リーヴン
Gerald Reaven
生誕Gerald M. Reaven
(1928-07-28) 1928年7月28日
インディアナ州ゲアリー
死没2018年2月12日(2018-02-12)(89歳)
カリフォルニア州スタンフォード
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
教育ミシガン大学
シカゴ大学
著名な実績糖尿病研究
医学関連経歴
職業 大学教授・医学者
所属 スタンフォード大学医学部名誉教授
シャーマン製薬( Shaman Pharmaceuticals, Inc. )研究担当上級副理事

生涯編集

シカゴ大学にて学業を修了し、医学実習生となる。カリフォルニア州スタンフォードとアメリカ陸軍医療部隊で医学研究に従事したのち、ミシガン大学にて研修医となる。のちにスタンフォード公衆衛生局の研究職を経て、スタンフォード大学の教授に就任し、内分泌学老年学の研究の主導的立場となる[2][3]

少なくとも1965年から、ジョン・W・ファークァー(John W. Faquhar)とともにインスリン抵抗性(Insulin Resistance)および糖尿病についての研究を行ってきた[4]

1988年アメリカ糖尿病協会(American Diabetes Association)が開催した「バンティング・レクチャー」(Banting Lecture, インスリンInsulin〉の共同発見者の1人、フレデリック・バンティングFrederick Banting, 1891~1941〉に敬意を払っている )に出席したリーヴンは、インスリン抵抗性および耐糖能異常(Impaired Glucose Tolerance)は、肥満糖尿病高血圧と密接に関わっていることを述べた[5]。『Syndrome X』と題したこれらの病気の集合体は「メタボリック症候群(Metabolic Syndrome)として知られるようになり、一連の病気の組み合わせが心血管疾患(Cardiovascular Disease)の素因と見られるようになる。リーヴンは、当時の病気の診断基準は恣意的であり、病態生理学的な外的要因以上に、病気の診断に役立つような独立的な構成要素などありえない、と考えていた[6]

リーヴンはまた、サンフランスィスコにある『シャーマン製薬』('Shaman Pharmaceuticals, Inc.)の研究担当上級副理事も務めていた[7]。メタボリック症候群と心血管疾患との関係について記した著書の共著者でもある[8]。複数の研究機関に所属していた。

1988年にはバンティング・メダル(The Banting Medal)を受賞している[9]

2018年2月12日、スタンフォードにて亡くなった[10]

参考編集

  1. ^ Kraemer, Fredric B.; Ginsberg, Henry N. (May 2014). “Gerald M. Reaven, MD: Demonstration of the Central Role of Insulin Resistance in Type 2 Diabetes and Cardiovascular Disease”. Diabetes Care 37 (5): 1178–1181. doi:10.2337/dc13-2668. PMID 24757223. http://care.diabetesjournals.org/content/37/5/1178.extract 2015年8月19日閲覧。. 
  2. ^ Gerald M. Reaven, curriculum vitae
  3. ^ Gerald Reaven, MD”. (profile, [Emeritus (Active) Professor]) Stanford Medical School. 2010年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月12日閲覧。
  4. ^ Reaven, G M; Hill, D B; Gross, R C; Farquhar, J W (1965). “Kinetics of triglyceride turnover of very low density lipoproteins of human plasma.”. Journal of Clinical Investigation 44 (11): 1826–1833. doi:10.1172/JCI105290. ISSN 0021-9738. PMC 289683. PMID 5843713. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC289683/. 
  5. ^ Reaven, GM (January 1997). “Banting Lecture 1988. Role of insulin resistance in human disease. 1988”. Nutrition 13 (1): 65; discussion 64, 66. doi:10.1016/0899-9007(97)90878-9. PMID 9058458. 
  6. ^ Reaven, GM (2005). “The metabolic syndrome: requiescat in pace”. Clin Chem 51 (6): 931–8. doi:10.1373/clinchem.2005.048611. PMID 15746300. 
  7. ^ “Shaman Pharmaceuticals promotes Gerald M. Reaven to Senior Vice President”. Businesswire. (1996年2月14日). http://www.thefreelibrary.com/Shaman+Pharmaceuticals+promotes+Gerald+M.+Reaven+to+Senior+Vice...-a018014139 2011年2月11日閲覧。 
  8. ^ Reaven, Gerald; Strom, Terry Kirsten; Fox, Barry (2000). Syndrome X - Overcoming the Silent Killer that Can Give You a Heart Attack. Simon & Schuster. ISBN 978-0-684-86862-2. OCLC 42719952. https://archive.org/details/syndromexovercom00reav 
  9. ^ Banting Medal for Scientific Achievement”. American Diabetes Association. 2016年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月28日閲覧。
  10. ^ Tracie White (2018年2月20日). “Gerald Reaven, scientist who coined ‘Syndrome X,’ dies at 89”. Stanford Medicine News Center. 2019年11月5日閲覧。

外部リンク編集

  • Interview - Canadian Association of Cardiac Rehabilitation