メインメニューを開く

ジェームズ・スタンリー (第10代ダービー伯爵)

第10代ダービー伯爵ジェームズ・スタンリー英語: James Stanley, 10th Earl of Derby PC1664年7月3日1736年2月1日)は、イギリスの貴族、政治家。1702年までジェームズ・スタンリー閣下儀礼称号を使用した。

閣下英語版
第10代ダービー伯爵
PC
Portrait of The Right Honble. James Earl of Derby (4674603).jpg
国王親衛隊隊長
任期
1715年 – 1723年
君主 ジョージ1世
前任者 アクスブリッジ伯爵英語版
後任者 スタンホープ卿
ランカスター公領大臣
任期
1706年 – 1710年
君主 アン
前任者 ゴア男爵英語版
後任者 ストラットンのバークリー男爵
個人情報
生誕 1664年7月3日
死没 1736年2月1日
第8代ダービー伯爵チャールズ・スタンリー英語版
ドロシア・ヘレナ・カークホーヴェン

生涯編集

第8代ダービー伯爵チャールズ・スタンリー英語版とドロシア・ヘレナ・カークホーヴェン(Dorothea Helena Kirkhoven)の次男として、1664年7月3日に生まれた[1]セント・ポールズ・スクールで教育を受け、1685年イングランド総選挙英語版では兄にあたる第9代ダービー伯爵ウィリアム・スタンリーの意思を受けてクリセロー選挙区英語版から出馬、庶民院議員に当選した[2]。その後は1689年イングランド総選挙英語版プレストン選挙区英語版に、1690年イングランド総選挙英語版ランカシャー選挙区英語版に鞍替えして、いずれも当選を果たした[2]。議会では常にホイッグ党の一員として投票した[3]。1689年から1702年までウィリアム3世寝室宮内官英語版を務めた[2]

しかし、ジェームズ・スタンリーは軍人の道を歩み、1688年に大尉として従軍、以降1692年に大佐に、1702年に准将に、1704年に少将に昇進した[4]。彼は大同盟戦争ではアイルランドとフランドルを転戦、1693年のネールウィンデンの戦いと1695年のナミュール包囲戦に参戦した[3]

1702年11月5日、兄の死去に伴いダービー伯爵を継承した[1]。1706年6月10日に枢密顧問官に任命され、同年から1710年までランカスター公領大臣を務め[4]、また1702年から1710年までランカシャー知事英語版を、1702年から1712年までランカシャー副提督英語版務めた[2]。1710年のランカスター公領大臣とランカシャー知事罷免に伴い政界から離れたが、1714年にランカシャー知事に復帰、1715年から1723年まで国王親衛隊隊長を務めるなど名誉職はつづけた[4]。1732年、ストレンジ男爵を継承した。1707年から1708年と1734年から1735年の2度にわたってリヴァプール市長を務めた[4]

1736年2月1日にノウズリー英語版で死去、オームズカーク英語版で埋葬された[3]マン卿英語版ストレンジ男爵第2代アソル公爵ジェームズ・マレーが、ダービー伯爵第5代準男爵サー・エドワード・スタンリーが継承した[1]

家族編集

1705年2月、メアリー・モーリー(Mary Morley、1667年[3] – 1752年3月29日、ウィリアム・モーリーの娘)と結婚、1男をもうけた[1]

  • ウィリアム(1710年1月31日 – 3月4日)

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (in English) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 580.
  2. ^ a b c d Cassidy, Irene (1983). "STANLEY, Hon. James (1664-1736), of Knowsley, Lancs". In Henning, B. D. The House of Commons 1660-1690 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 11 May 2019.
  3. ^ a b c d Lassiter, J. C. "Stanley, James, tenth earl of Derby". Oxford Dictionary of National Biography (in English) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/66592. (Subscription or UK public library membership required.)
  4. ^ a b c d Cruickshanks, Eveline; Harrison, Richard (2002). "STANLEY, Hon. James (1664-1736), of Knowsley, Lancs". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart. The House of Commons 1690-1715 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 11 May 2019.
イングランド議会 (en
先代:
トマス・ストリンガー
ヘンリー・マーズデン英語版
庶民院議員(クリセロー選挙区英語版選出)
1685年 – 1689年
同職:エドワード・アッシュトン
次代:
クリストファー・ウィルキンソン
アンソニー・パーカー
先代:
エドワード・フリートウッド
アンドリュー・ニューポート英語版
庶民院議員(プレストン選挙区英語版選出)
1689年 – 1690年
同職:トマス・パッテン
次代:
ウィラビー・デ・エアズビー男爵
クリストファー・グリーンフィールド
先代:
ブランドン子爵
サー・チャールズ・フートン
庶民院議員(ランカシャー選挙区英語版選出)
1690年 – 1702年
同職:ブランドン子爵 1690年 – 1694年
サー・ラルフ・アッシュトン準男爵英語版 1694年 – 1698年
フィットン・ジェラード 1698年 – 1701年
リチャード・ボルド 1701年 – 1702年
次代:
リチャード・ボルド
リチャード・アッシュトン
公職
先代:
ゴア男爵英語版
ランカスター公領大臣
1706年 – 1710年
次代:
ストラットンのバークリー男爵
先代:
アクスブリッジ伯爵英語版
国王親衛隊隊長
1715年 – 1723年
次代:
スタンホープ卿
名誉職
先代:
リヴァーズ伯爵英語版
ランカシャー知事英語版
1702年 – 1710年
次代:
ハミルトン公爵
ランカシャー副提督英語版
1702年 – 1712年
空位
最後の在位者
ハミルトン公爵
ランカシャー知事英語版
1714年 – 1736年
空位
次代の在位者
ダービー伯爵
イングランドの爵位
先代:
ウィリアム・スタンリー
ダービー伯爵
1702年 – 1736年
次代:
エドワード・スタンリー
先代:
ヘンリエッタ・アシュバーナム
ストレンジ男爵
1732年 – 1736年
次代:
ジェームズ・マレー
マン島の爵位
先代:
ウィリアム・スタンリー
マン卿英語版
1702年 – 1736年
次代:
ジェームズ・マレー