ジェームズ・フレイザー

サー・ジェームズ・ジョージ・フレイザー(Sir James George Frazer, 1854年1月1日 - 1941年5月7日)は、イギリス社会人類学者原始宗教や儀礼・神話・習慣などを比較研究した『金枝篇』(The Golden Bough, 1890年 - 1936年)の著者。

ジェームズ・ジョージ・フレイザー
ジェームズ・フレイザー(ナイトに叙された頃)
人物情報
生誕 (1854-01-01) 1854年1月1日
スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
死没 1941年5月7日(1941-05-07)(87歳)
イギリスの旗 イギリス ケンブリッジ
出身校 グラスゴー大学トリニティ・カレッジ
学問
研究分野 文化人類学神話学
テンプレートを表示

生涯編集

1854年1月1日、スコットランドグラスゴー長老派教会の両親の間に生まれる[1]。父ダニエル・フレイザーは現地では有名なフレーザー・アンド・グリーン商会の有力な役員であり、母はグラスゴーの裕福な商家の出であった。

学童期をむかえるとヘレンズバラにあるラーチフィールド学院に通い、1869年11月にグラスゴー大学に入学。ギリシア語ラテン語を専攻する[2]。1874年1月に奨学金の給付生に選ばれ、同じ年の秋にケンブリッジトリニティ・カレッジに入学し、古典学の研究に没頭する。この頃E・B・タイラーの『原始文化』を読んだことと、当時ケンブリッジ大学に在職していたロバートソン・スミスに会ったことが契機となり、古典学から人類学民族学神話学の方向へシフトする。1879年に優等卒業試験を受け、特別研究院枠の一つを勝ちとり、学者への道に進むことになる[3]。1896年、42歳の時にフランス人の未亡人リリィ・グローブと結婚した。

その後、畢生の大作『金枝篇』を完成させるために半生を費やし、後の研究者に大きな影響を与えることとなる。1920年王立学会評議員、1921年トリニティ・カレッジ評議員。1941年5月7日にケンブリッジで老衰により死去。

研究内容・業績編集

受賞・栄典編集

著作編集

日本語訳編集

2004年より刊行中、完結時期未定(7巻目まで刊)
  1. 呪術と王の起源(上)
  2. 呪術と王の起源(下)
  3. タブーと霊魂の危機
  4. 死にゆく神
  5. アドニス、アッティス、オシリス
  6. 穀物と野獣の霊(上)
  7. 穀物と野獣の霊(下)
  • 『王権の呪術的起源』 折島正司・黒瀬恭子訳、思索社、1986年
  • 『火の起原の神話』 青江舜二郎角川文庫、1971年、新版復刊1989年 / ちくま学芸文庫(改訂版)、2009年
  • 旧約聖書のフォークロア』 江河徹ほか訳、太陽社〈太陽選書〉、1976年、新版1995年ほか
  • 『洪水伝説』 星野徹訳、国文社 1973年、新装版1984年
  • 『サイキス・タスク - 俗信と社会制度』 永橋卓介訳、岩波文庫、1939年、復刊1999年ほか。ISBN 978-4-00-342166-6
  • 『悪魔の弁護人』永橋卓介訳、グーテンベルク21(電子出版)、2015年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ R・アッカーマン 『評伝J・G・フレイザー その生涯と業績 [上]』法蔵館文庫、2020年、P.32頁。 
  2. ^ R・アッカーマン 『評伝J・G・フレイザー その生涯と業績 [上]』法蔵館文庫、2020年、P.50頁。 
  3. ^ R・アッカーマン 『評伝J・G・フレイザー その生涯と業績 [上]』法蔵館文庫、2020年、P.88頁。 

参考文献編集

  • R・アッカーマン『評伝J・G・フレイザー その生涯と業績』法蔵館文庫 [上・下]、2020年7月

関連書籍編集

  • ロバート・アッカーマン 『評伝J・G・フレイザー その生涯と業績』 小松和彦監修、玉井暲監訳
    法蔵館 2009年2月。ISBN 978-4-8318-7216-6。上記の元版
  • 山田仁史「金の枝を手折りて - フレイザーが遺したもの」『印度学宗教学会 論集34号』、213−237頁、2007年
  • 石塚正英『フレイザー金枝篇のオントロギー 文明を支える原初性』社会評論社、2022年

関連項目編集