メインメニューを開く

ジム・イシダ

ジム・イシダJim Ishida, 1943年7月29日 - )は、アメリカ合衆国俳優である。

ジム・イシダ
Jim Ishida
本名 James Susumu Ishida
別名義 James Ishida
生年月日 (1943-07-29) 1943年7月29日(75歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 日系アメリカ人
ジャンル 俳優
活動期間 1973年 - 現在
配偶者 Margaret Ishida

目次

来歴編集

1943年東京都に生まれる。その後、一家でアメリカへ渡るが第二次世界大戦の影響もあり、アーカンソー州にある日系人の強制収容所ローワー戦争移住センターで少しの間を過ごした[1]1945年の終戦以降、カリフォルニア州ローダイで育った。1973年にテレビドラマ『ハワイ5-0』で俳優デビューを果たし、その後も同作品の数エピソードへ出演。1976年には三船敏郎らが出演した日米合作映画『ミッドウェイ』で映画デビュー。作中では栗田健男中将を演じた。初期の頃の出演作品には、まだ監督して有名になる前のティム・バートンが監督した単発テレビドラマ『ヘンゼルとグレーテル』へも出演しており、ヘンゼルとグレーテルの父親役を演じている。

また1989年の『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では、未来のマクフライを罵倒する“イトー・フジツー”を演じた。それからも高倉健ら主演の『ブラック・レイン』や『プレデター2』などへの話題作へ出演して日系人俳優としての地位を確立した。スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の『ターミナル』では、劇中に登場する吉野家のマネージャーを演じた。ジム・イシダ名義とジェームズ・イシダ名義の両方で出演しているため、作品によってはどちらかの名前でクレジットされている。

私生活編集

現在はマーガレットという妻と既婚である。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

ビデオゲーム編集

  • Rama (1997)

脚注編集

  1. ^ Jim Ishida Biography”. 2015年1月3日閲覧。

外部リンク編集