メインメニューを開く

ジャクソン=グウィルト・メダル: Jackson-Gwilt Medal)は王立天文学会による天文学賞。1897年より始まり、天文学の装置・技術の発明、改善、発展や、観測天文学上、天文史上で業績を上げたものに授与される。

メダルの名はハンナ・ジャクソン (旧姓グウィルト、Hannah Jackson née Gwilt) に因む。彼女は、著名な建築家であり王立天文学会の会員でもあった ジョセフ・グウィルト英語版 の娘で、賞の原資となる資金を遺贈した[1]

受賞者編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Jackson-Gwilt Medal”. Royal Astronomical Society. 2014年7月1日閲覧。