ジャコモ・レッコ

ジャコモ・レッコ(Giacomo Recco、1603年 - 1653年)はイタリアの画家である。17世紀のナポリで、ルカ・フォルテ(Luca Forte:c.1600-1660)とともに、静物画のスタイルを作りあげた。

ジャコモ・レッコ
Giacomo Recco
Assorted Flowers in glass Vases by Giacomo Recco.jpg
ジャコモ・レッコ作、「ガラスの花瓶と花」
生誕1603年
ナポリ
死没1653年
ナポリ

略歴編集

ナポリに生まれた。弟のジョバン・バッティスタ・レッコ(Giovan Battista Recco: 1615-1660)も画家になり、静物画を描いた。ナポリにおいて静物画にジャンルを確立された考えられるルカ・フォルテの影響を受けて静物画を描いたが、花瓶と花という題材を専門にした。多くの弟子を育て、ナポリの静物画のジャンルを発展させた。

レッコの弟子のパオロ・ポルポラ(Paolo Porpora: 1617-1673)は花を描いた作品の他に、蛇、亀、蛙といった動物を描くなど新しい試みもした。息子のジュゼッペ・レッコ(Giuseppe Recco: 1634–1695) も静物画を描く画家になり、スペインの宮廷に招かれた。ジュゼッペの子のニコラ・マリア・レッコ(Nicola Maria Recco)とエレナ・レッコ(Elena Recco: 1654–1715)も静物画を描く画家になった。

作品編集

参考文献編集

  • State Hermitage, catalog 1. "Western European Painting", Leningrad, "Aurora", 1976
  • Achille della Ragione, La natura morta napoletana dei Recco e dei Ruoppolo, Napoli, 2009.