ジュゼッペ・レッコ

ジュゼッペ・レッコ(Giuseppe Recco、1634年 - 1695年5月29日)はイタリアの画家である。狩りの獲物や、魚を描いた、静物画で知られる。

ジュゼッペ・レッコ
Giuseppe Recco
Giuseppe Recco 001.jpg
ジュゼッペ・レッコの狩りの獲物を描いた静物画
生誕1634年
ナポリ
死没1695年5月29日
アリカンテ
レッコ作「スイカ、かぼちゃ、花のある静物画」

略歴編集

当時スペインから派遣される総督(副王)によって統治されていたナポリ王国で生まれた。父親のジャコモ・レッコ(Giacomo Recco: 1603-1653)は、花瓶に活けられた花を描くことが多かった静物画家で、父親や、叔父の静物画家、ジョバン・バッティスタ・レッコ(Giovan Battista Recco: 1615-1660)、父親の工房で働いていたパオロ・ポルポラ(Paolo Porpora: 1617-1673)らに学んだと考えられている。

叔父と1654年までミラノに滞在していたことが記録されていて[1]、ミラノに近いベルガモで楽器を配した静物画を描いていた画家、エヴァリスト・バスケニス(Evaristo Baschenis: 1617–1677)からも学んだと考える研究者もいる。

題材に狩りの獲物や、魚も選び、静物画家として高い評価をえた。スペイン王室にも作品を買い上げられ、現在もプラド美術館に作品が収蔵されている。

スペイン国王、カルロス2世のもとで、イタリア出身の画家、ルカ・ジョルダーノが宮廷画家として働いていて、静物画家のアンドレア・ベルヴェデーレ(Andrea Belvedere: 1652-1732)もマドリードで働いていた。ジュゼッペ・レッコも1695年に国王から招かれ、娘のエレナ・レッコ(Elena Recco: 1654–1715)とマドリードに移る途中にスペインの港町、アリカンテで亡くなったとされる[1] 。娘のエレナはスペインの宮廷で静物画を描き、スペインで亡くなった[2]

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b RKD
  2. ^ Elena Recco en RKD.

参考文献編集

  • Mina Gregori, Galerie Florencji: Uffizi i Pitti. Arcydzieła malarstwa, Warszawa: Arkady, 2003. ISBN 9788321342696.
  • Pushkin Museum, "Catalog of the Picture Gallery", M, "Fine Art", 1986, p. 147-148
  • Boni, Filippo de' (1852), Biografia degli artisti ovvero dizionario della vita e delle opere dei pittori, degli scultori, degli intagliatori, dei tipografi e dei musici di ogni nazione che fiorirono da'tempi più remoti sino á nostri giorni (2ª ed.), Venecia, Presso Andrea Santini e Figlio.