ルカ・フォルテ (画家)

ルカ・フォルテ(Luca Forte、1600年と1605年の間に出生 - 1660年頃死亡[1])はイタリアの画家である。17世紀のナポリで、ジャコモ・レッコ(Giacomo Recco:1603-1653)やパオロ・ポルポラ(Paolo Porpora: 1617-1673)らと、静物画のスタイルを作りあげた。

ルカ・フォルテ
Luca Forte
Luca Forte - Nature morte aux nèfles.jpg
ルカ・フォルテ作、『カリンのある静物画』
生誕1600年と1605年の間
ナポリ
死没1660年頃
ナポリ

略歴編集

ナポリの生まれである。その生涯についてほとんど失れていない。戦闘シーンを得意とする画家、アニエロ・ファルコーネ(Aniello Falcone: 1600–1656) と親しかったとされる。静物画を描き、ナポリの貴族カラファ家(House of Carafa)やルッフォ家(Ruffo di Calabria)を顧客にして成功した。

1656年から1658年の間にナポリ王国で100万人以上の犠牲者をだした疫病の流行で1660年頃に亡くなったとされるが[1]、没年を1670年とする説もある。

ナポリにおける静物画のスタイルはジョバン・バッティスタ・ルオッポロ(Giovan Battista Ruoppolo: 1629–1693)やジュゼッペ・レッコ(Giuseppe Recco: 1634–1695) に引き継がれた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Michal Litwinowicz in L'Âge d'or de la peinture à Naples, p. 151

参考文献編集

  • B. de Dominici, Vite de' pittori scultori ed architetti napoletani (3 volumi),Stamperia del Ricciardi, Napoli,1742
  • Matteo Lafranconi, FORTE, Luca, in Dizionario biografico degli italiani, vol. 49, Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 1997.
  • La pittura a Napoli da Caravaggio a Luca Giordano, Electa Editrice, Milano, 1983
  • Achille della Ragione - Collezione della Ragione - Napoli 1997