ジャン=マリー・ドムナック

ジャン=マリー・ドムナック(Jean-Marie Domenach, 1922年2月13日 - 1997年7月5日)は、フランスの著述家・知識人。左翼的カトリック思想家として知られる。

ドムナックはリヨンに生まれ、同地のリセ・デュ・パルクで学んだ。

1957年に、文芸・政治雑誌『Esprit』の編集長に就任する。人格主義を謳う同雑誌は、1945年エマニュエル・ムーニエによって創刊され、1950年から1957年までアルベール・ベガンフランス語版によって継続されていた。ドムナックは54歳のときに編集長職を辞職し、著述活動と大学での教育に従事した。アルジェリア戦争における拷問に反対し、1961年のパリ大虐殺を批難する集会を組織した。

75歳のときにパリで没した。

著作編集

  • Gilbert Dru: celui qui croyait au ciel (1947)
  • La propagande politique (1950)
    『政治宣伝』小出峻訳、白水社文庫クセジュ〉1957年
  • Communism in Western Europe (1951、共著 Mario Einaudi, Aldo Garosci)
  • Barrès par lui-même (1954)
  • Yougoslavie (1960、共著 Alain Pontault)
  • Le retour du tragique (1963)
    『悲劇への回帰』岩瀬孝訳、中央公論社、1987年
  • The Catholic Avant-Garde: French Catholicism Since World War II (1967、共著 Robert de Montvalon)
  • Il vicolo cieco della sinistra (1970、共著 Thomas Molnar and Augusto Del Noce)
  • Emmanuel Mounier (1972)
  • Le christianisme éclaté (1974、共著 Michel de Certeau)
  • Le Sauvage et l' Ordinateur (1976)
    『野生人とコンピューター』古田幸男訳、法政大学出版局、1989年
  • Ce que je crois (1978)
  • L’autogestion c’est pas de la tarte (Maquis du Vercors) (1978、共著 Marcel Mermoz)
  • Malraux (1979、共著)
  • Enquête sur idées contemporaines (1981)
    『世紀末を越える思想』桑田禮彰訳、新評論、1984年
  • La Violence et ses causes (Unesco, 1980) as Violence and its Causes (1981)
  • Lettre à mes ennemis de classe (1984)
  • Des idées pour la politique (1988)
  • Ce qu'il faut enseigner: pour un nouvel enseignement général dans le secondaire (1989)
  • Approches de la modernité (1990)
  • Europe: le défi culturel (1990)
  • À temps et à contretemps (1991)
  • Une morale sans moralisme (1992)
  • La responsabilité, essai sur le fondement du civisme (1994)
  • Le crépuscule de la culture française? (1995)
  • Regarder la France. Essai sur le malaise français (1997)
  • Gilbert Dru, un chrétien résistant (1998、共著 Bernard Comte, Christian Rendu, Denise Rendu)
  • Beaucoup de gueule et peu d'or. Journal d'un réfractaire (1944–1977) (2001)

編著編集

外部リンク編集