この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はピント、第二姓(父方の姓)はネトです。

ジョアン・ネト(João André Pinto Neto 1981年12月28日 - )は、ポルトガルコインブラ出身の柔道選手。階級は73kg級。身長175cm[1][2]

獲得メダル
ポルトガルの旗 ポルトガル
柔道
世界柔道選手権
2003 大阪 73kg級

人物編集

柔道は8歳の時に始めた[3]。2001年のポルトガル選手権で優勝した際のドーピング検査で禁止薬物のナンドロロンが検出されたことで、3ヶ月の出場停止処分を受けた[4][5]。 2003年の世界選手権73kg級では銅メダルを獲得した[2][6]。しかし、2004年のアテネオリンピックでは7位に終わりメダルを獲得できなかった[1][2]。その後階級を81kg級に上げた。2008年のヨーロッパ選手権では優勝を果たすが、北京オリンピックでは9位だった[1][2]

主な戦績編集

73kg級での戦績

81kg級での戦績

脚注編集

  1. ^ a b c Biography and Olympic Results
  2. ^ a b c d listes des judokas
  3. ^ João Neto | Judo
  4. ^ Judo: João Neto suspenso pela Federação” (2002年3月21日). 2015年3月17日閲覧。
  5. ^ Judo: Processo arquivado” (2002年6月2日). 2015年3月17日閲覧。
  6. ^ WORLD JUDO CHAMPIONSHIPS

外部リンク編集