2004年アテネオリンピック

2004年にギリシャ・アテネで開催された第28回夏季オリンピック
アテネオリンピック (2004年)から転送)

第28回オリンピック競技大会(だい28かいオリンピックきょうぎたいかい、: Jeux de la XXVIIIe olympiade: Games of the XXVIII Olympiad: Αγώνες της 28ης Ολυμπιάδας)は、2004年8月13日から8月29日までの17日間、ギリシャの首都アテネで開催されたオリンピック競技大会。一般的にアテネオリンピックと呼称され、アテネ五輪と略称される。

2004年アテネオリンピック
第28回オリンピック競技大会
Games of the XXVIII Olympiad
開催都市 ギリシャの旗 ギリシャ アテネ
参加国・地域数 201
参加人数 10,684人
競技種目数 28競技301種目
開会式 2004年8月13日
閉会式 2004年8月29日
開会宣言 コンスタンディノス・ステファノプロス大統領
選手宣誓 ゾイ・ディモスカキ
審判宣誓 ラザロス・ヴォレディス
最終聖火ランナー ニコラオス・カクラマナキス聖火リレー詳細
主競技場 オリンピックスタジアム
夏季
2000年シドニー 2008年北京  >
冬季
2002年ソルトレークシティ 2006年トリノ  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

夏季オリンピックとしては21世紀に入って最初の大会である。アテネで開催するのは、1896年の第1回大会以来、108年ぶり2回目[1]。メイン会場はアテネオリンピックスポーツコンプレックス

目次

大会開催までの経緯編集

 
オリンピック総合運動競技場

1997年9月5日に行われたIOC総会で開催が決定。アテネは近代オリンピック開催100周年を記念して1996年大会の開催都市に立候補したが、アトランタに敗れていた。また、1回目の最低得票がケープタウンとブエノスアイレスの2都市になったために、2回目は落選都市決定戦という形で行なわれた。

2004年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
アテネ   ギリシャ 32 - 38 52 66
ローマ   イタリア 23 - 28 35 41
ケープタウン   南アフリカ共和国 16 62 22 20 -
ストックホルム   スウェーデン 20 - 19 - -
ブエノスアイレス   アルゼンチン 16 44 - - -

大会マスコット編集

双子の神と言う設定。

  • (姉)アテナ(もしくはアティナ)
  • (弟)フィボス

古代ギリシャ神話に登場する人物(神)がモチーフで、アテナはアテーナー、フィボスはアポローンがモチーフ。

ハイライト編集

開会式編集

 
開会式

通常、オリンピックでは開会式の選手入場行進を行う際、先頭にギリシャ、以降開催国の公用語のアルファベット順に出場国の選手団が行進し、最後に開催国の選手団が入場する。が、この大会ではギリシャが開催国だったため、先頭にギリシャ国旗のみを行進させ、次にギリシア語アルファベット順(α、β、γで始まり、χ、ψ、ωで終わる)に出場国の選手団が行進し、最後にギリシャの選手団が入場した。北朝鮮韓国の選手団は合同入場を行っている[2]

表彰式編集

各メダリストには、メダルの他に古代オリンピックに倣いオリーブの枝で作った葉冠が贈られた。180個程度がアテネ市内の花屋によって作られたもので、オリーブの他にギリシャに自生している草花をあしらった一つひとつ手作りの品であった。オリンピック発祥の国ならではの演出であったが、「選手たちがそれぞれ帰国した際に税関での検疫で回収されるのでは」と懸念する声もあった。実際に検疫に引っ掛かることはなかったようである。また、金・銀・銅の各メダル制作はアテネにある高級宝飾品店ゾロタスが担当した。

なお、会期の最終日に行われる男子マラソンの表彰式は、本大会より閉会式の中で行われるようになった[3]

閉会式編集

中華人民共和国で4年後に開催される2008年北京オリンピックへの引き継ぎ式で、IOCのジャック・ロゲ会長から北京市の王岐山市長にオリンピック旗が手渡され[4]、8分間の紹介演技では張芸謀が演出総監督を務めた[5][6][7]

各競技のハイライト編集

 
近代五種競技
 
テニス競技

実施競技と日程表編集

競技名 / 日付 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
開閉会式
陸上競技
水泳 競泳
水泳 飛込
水泳 水球
水泳 シンクロナイズドスイミング
サッカー
テニス
ボート
ホッケー
ボクシング
バレーボール
体操
バスケットボール
レスリング
セーリング
ウエイトリフティング
ハンドボール
自転車競技
卓球
馬術
フェンシング
柔道
ソフトボール
バドミントン
射撃
近代五種
カヌー
アーチェリー
野球
テコンドー
トライアスロン
競技名 / 日付 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

国・地域別メダル獲得数編集

国・地域
1   アメリカ合衆国 36 39 27 102
2   中国 32 17 14 63
3   ロシア 27 27 38 92
4   オーストラリア 17 16 16 49
5   日本 16 9 12 37
6   ドイツ 13 16 20 49
7   フランス 11 9 13 33
8   イタリア 10 11 11 32
9   韓国 9 12 9 30
10   イギリス 9 9 12 30

参考

国・地域
15   ギリシャ(開催国) 6 6 4 16
  • メダルを獲得した国・地域の数 :75
  • ドーピングによる失格選手数 :24人(メダル剥奪は金3、銀1、銅3の7人)
  • 日本人メダル総数:男子20個、女子17個

主なメダリスト編集

主な競技会場編集

競技施設の建設をはじめとする準備は、事前の計画より大きく遅れ、2年前の段階で4割程度と進捗率は低いままであった。急遽、水泳センターを屋外化するなど設計変更による簡略化が図られたが、それでも開会式当日まで間に合わず、工事が続く施設が相次いだ。こうした準備不足は、後年、IOC関係者がアテネの有様を他の大会の準備状況の物差しに使うなど、語り草となっている[8]

オリンピック終了後、年間1億ユーロかかる維持費を抑制するため、ギリシャ政府は商用施設への転換を図り[9]、2005年、施設を管理する国営企業のハジエマニュエル会長により、競技施設などの運営、管理を民間企業に委託して、エーゲ海沿いのファリロン会場にゴルフ場やテーマパークなどの複合施設の建設、国際放送センターを博物館にしようとする方針が示された[10]。しかし、施設の売却が進まないまま、経済危機を迎えて、ファリロンのスタジアムなどは雑草が生い茂っている[9]

大会規模編集

  • 運営費 :70億ユーロを超えるといわれる。(当初予算総額46億ユーロ)
  • 放送権料 :日本(1億5500万ドル)、アメリカNBC(7億9300万米ドル)
  • チケット販売数 :360万枚(総数530万枚)

テレビ放送編集

  • アテネオリンピック放送機構(Athens Olympic Broadcasting)を通じて、全世界に向けて放送。放送機材等はワールドワイドパートナーであるパナソニックが担当。
  • ギリシャ国内では、ギリシャ国営放送 (ERT) の各チャンネルが、生中継を中心に放送したが、その他の放送局では、放送権の関係で、ダイジェスト番組も含め、一切放送されなかった。

ハプニング編集

  • テレビ朝日系が8月16日に放送されたが、女子ソフトボール・予選「日本-アメリカ」戦が前試合による試合開始遅延や延長戦のため、女子バレーボール・予選「日本-イタリア」戦の試合開始までに決着が付かず、女子バレーは第1セットの途中から放送した。また、同じ日にNHKが野球・予選「日本-オランダ」戦の途中で「体操・男子団体決勝」に切り替えた。
  • 8月22日の女子マラソンは、地上波ではTBS系列で放送され、放送が深夜ながらも20%の高視聴率を獲得したが、同時間帯に地上デジタルではNHKで放送され、TBSを含む各在京キー局の社長から批判が相次いだために、2006年トリノオリンピック以後の五輪中継およびハイライトの負担割合がこれまでのNHK75%・民放25%からNHK70%・民放30%に修正された。
  • 8月21日野球「日本-チャイニーズタイペイ」戦延長のため、日テレ系列(UMKOTVを除く)の24時間テレビの放送開始が若干遅れて、24時間テレビのメイン会場の日本武道館の観客からブーイングが起きた。さらに、翌日(8月22日)にテレビ宮崎も「24時間テレビ」の終了時間が延長し、深夜1時にテレビ朝日受けの中継が入った関係上、その前の『NNNきょうの出来事』の途中で飛び降りし、そのまま「オリンピック中継」に入った。

脚注編集

  1. ^ かつて4年ごとの大会の中間の年に中間大会をギリシャで行うという取り決めにより1906年にアテネオリンピックが行われたため、これを含めた場合は98年ぶり3回目となる。ただし、中間大会自体がこの1回で終わっており、1950年にIOCがこの大会の公式記録を削除し特別大会とされたため、公式にも108年ぶり2回目である。
  2. ^ 今日の歴史(8月14日) 聯合ニュース 2009/08/14
  3. ^ 2012年ロンドンオリンピックの閉会式テレビ中継の男子マラソン表彰式でのアナウンスより
  4. ^ “Olympic flag handed to Beijing”. チャイナデイリー. (2004年8月30日). http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2004-08/30/content_369896.htm 2018年2月28日閲覧。 
  5. ^ “[平昌五輪]チャン・イーモウ監督 閉会式での北京PR演出に自信”. 朝鮮日報. (2018年2月19日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/19/2018021901276.html 2018年2月26日閲覧。 
  6. ^ “[平昌五輪]チャン・イーモウ監督 閉会式での北京PR演出に自信”. 聯合ニュース. (2018年2月19日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/02/19/0200000000AJP20180219002200882.HTML 2018年2月26日閲覧。 
  7. ^ “平昌五輪閉会式、ハイテク駆使した演出「北京の8分」で世界の人々を招待”. 中国国際放送. (2018年2月23日). http://japanese.cri.cn/2021/2018/02/23/181s269973.htm 2018年2月26日閲覧。 
  8. ^ “リオ五輪用の地下鉄は「完成しない」が住民の共通認識”. 扶桑社. (2014年7月29日). http://topics.jp.msn.com/wadai/spa/article.aspx?articleid=5245684 2014年7月30日閲覧。 
  9. ^ a b FRIDAY 2012年6月29日 34-36頁 ユーロ危機「巨大ハコモノどもが夢のあと」
  10. ^ 管理・運営を民間委託へ/アテネ五輪施設の後利用”. 四国新聞社 (2005年5月18日). 2012年7月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集