メインメニューを開く

ジョセフ・アシュブルック(Joseph Ashbrook, 1918年4月4日 - 1980年8月4日)は、アメリカ合衆国天文学者である。

目次

生涯編集

アシュブルックは、ペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれた。1947年にハーバード大学で博士号を取り、1946年から1950年までイェール大学で、1950年から1963年までハーバード大学で教壇に立った。1953年からスカイ&テレスコープ誌で働き始め、1954年から1980年まで"Astronomical Scrapbook"というコラムを連載した。1964年からは雑誌の編集も始めた[1]

研究編集

アシュブルックは、銀河までの距離を評価するための道具として、ケフェイド変光星を最初に使い始めた研究者の1人である。彼は、長い間、アメリカ変光星観測者協会に所属していた。

彼は、過去1世紀の古い観測記録を検討し、火星自転周期を数ミリ秒以内という非常に正確な値で決定した。

1956年には、シリル・ジャクソンと、周期彗星アシュブルック・ジャクソン彗星を共同発見した[1]

名誉編集

出典編集

  1. ^ a b c "Ashbrook, Joseph", by Leif L. Robinson, pp. 65-66 in The Biographical Dictionary of Astronomers, eds. Thomas Hockey et al., Springer: New York, 2007, ISBN 978-0-387-31022-0, doi:10.1007/978-0-387-30400-7.

外部リンク編集

死亡記事編集