ジョゼフ・ダイス

スイスの元連邦参事会メンバー

ジョゼフ・ダイス(Joseph Deiss、1946年1月18日 - )は、経済学者であり、スイス連邦政治家スイスキリスト教民主党の党員)である。1999年から2006年までスイス連邦参事会参事で、外務相(1999–2002)と経済相 (2003–2006)、2004年にスイス連邦大統領を務めた。また、2010年には国際連合総会議長を務めた[1]

ジョゼフ・ダイス
-Joseph Deiss - World Economic Forum Annual Meeting Davos 2004-2.jpg
国際連合総会議長
任期
2010年9月14日 – 2011年9月14日
副大統領マーク・ライアル・グラント英語版
前任者アリ・トレキ英語版
後任者ナーセル・アルナセル英語版
スイス連邦参事会参事
任期
1999–2006
前任者Flavio Cotti
後任者ドリス・ロイトハルト
スイス連邦大統領
任期
2004年1月1日 – 2004年12月31日
副大統領サミュエル・シュミット
前任者パスカル・クシュパン英語版
後任者サミュエル・シュミット
個人情報
生誕 (1946-01-18) 1946年1月18日(77歳)
スイス連邦, フリブール
国籍スイス
政党CVP/PDC
子供3
専業経済学者
署名

経歴編集

政治家としての経歴編集

 
連邦参事会のメンバー7人と連邦事務総長(2004年)。左からモーリッツ・ロイエンベルガーサミュエル・シュミット、パスカル・クシュパン、ダイス、ミシュリン・カルミー=レイ、クリストフ・ブロッハー、アンネマリー・フーバー=ホッツ連邦事務総長、ハンス=ルドルフ・メルツ

1981年に政治活動を始めた。

学者としての経歴編集

フリブール大学で経済学と社会科学を学び博士号を取得、ケンブリッジ大学キングス・カレッジで多くの研究を行っていた。その後、フリブール大学で経済学の講義を行う役職を取得した。1983年には、チューリッヒ工科大学ローザンヌ大学ジュネーヴ大学などの客員教授となった。

1993年-1996年には、National Price Supervisorを務めた。その後、フリブール大学の社会経済学部部長に就任した。同時期にライファイゼン銀行などの会長職も務めた。2009年、ビジネススクールローザンヌから名誉学位が授与された。

個人の経歴編集

結婚し、3人の息子がいる。 非政府団体International Raoul Wallenberg FoundationとAFIS Swiss International Civil Servants Associationの名誉会員。

著作編集

  • Manuel d'économie politique, with Danielle Meuwly, 1st edition 1994, reedited.
  • Initiation à l'économie politique : analyse économique de la Suisse, 1st edition 1982, reedited.
  • Economie politique et politique économique de la Suisse, 1st edition 1979, reedited.
  • The regional adjustment process and regional monetary policy, 1978.
  • La théorie pure des termes de l'échange international, doctorate thesis, 1971.

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集