メインメニューを開く

ジョン・ピール(John Peel、1939年8月30日 - 2004年10月25日)は、イングランドラジオ・パーソナリティーDJである。1967年からBBCのラジオ1において世界中の最先端の音楽をかけたことで知られている[2]。『100名の最も偉大な英国人』において、第43位に選出された[3]

ジョン・ピール
John Peel
John Peel BBC cropped.jpg
生誕 John Robert Parker Ravenscroft[1]
(1939-08-30) 1939年8月30日
イングランドの旗 イングランド ヘスウォール
死没 (2004-10-25) 2004年10月25日(65歳没)
ペルーの旗 ペルー クスコ
職業 ラジオ・パーソナリティーDJ

目次

経歴編集

1939年8月30日、ヘスウォールに生まれる[4]。1957年から1959年までのあいだ、イギリス陸軍の砲兵隊にてB-2のレーダー操作員を務めた[4]。その後、ロッチデールの工場に勤務した[4]

1960年にアメリカ合衆国へ渡り、テキサス州ダラスのラジオ局、WRRに勤務した[4]。1963年、『リヴァプール・エコー』紙の記者としてケネディ大統領暗殺事件を取材した[4]

1967年、イングランドに戻る[2]海賊放送局のラジオ・ロンドンにて、深夜番組『The Perfumed Garden』を担当し、イギリスの聴取者にキャプテン・ビーフハートフランク・ザッパを紹介した[4]。この頃から、「ジョン・ピール」を名乗り始めた[4]。1967年、BBCに新設されたポップ・ミュージックの放送局、ラジオ1と契約を交わし、『Top Gear』を担当した[4]。『Peel Sessions』では、スタジオにミュージシャンを招いて演奏させた[2]。ほとんどの聴取者には知られていないバンドが頻繁に招かれており、その多くはレコード会社と契約する前に出演していた[2]。同番組により、数千のバンドが無料での録音と放送の機会を与えられ[4]XTCのように、そこから才能を認められレコード契約を勝ち取るアーティストも輩出された[5]

同時に新人の音源の発売・流通にも乗り出し、1969年から1972年まで、自らのレコード・レーベル「ダンデライオン」を主宰した[6]

1998年からは、BBCのラジオ4の番組『Home Truths』も担当した[2]。同年、大英帝国勲章を授与された[2]

2004年10月25日、休暇のために滞在していたペルークスコにて心臓発作により死去[2]。65歳没[2]。ラジオ1では、ピールの死去が伝えられたのち、彼が気に入っていたジ・アンダートーンズの楽曲「ティーンエイジ・キックス」が流された[7]。彼の遺体は、サフォークの聖アンドリュー教会に埋葬された[8]。その墓石には、同楽曲からの1節 ("Teenage dreams so hard to beat") が刻み込まれている[9]

ラジオDJとして編集

  • 最先端の音楽をかけるという姿勢はその死まで変わることはなく、晩年はダンスミュージック、特にダブステップの人気向上に一役買った[10]
  • 息子のトム・レイヴェンスクロフトもラジオDJとなり[11]、2018年現在BBCラジオ6ミュージックに出演している[12]
  • ピーター・バラカンは青年期にピールの番組をロンドンで聴いており、「『誠実さと音楽に対する情熱』が伝わってきた」と振り返っている[13]

脚注編集

  1. ^ Beaujon, Andrew (2004年11月17日). “The Last DJ: John Peel, 1939-2004”. Spin. 2018年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Sisario, Ben (2004年10月26日). “John Peel, BBC Radio Disk Jockey, Dies at 65”. The New York Times. 2018年2月2日閲覧。
  3. ^ McManus, Darragh (2008年10月22日). “Is it time to stop the John Peel hero worship?”. The Guardian. 2018年2月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i Cartwright, Garth (2004年10月27日). “John Peel”. The Guardian. 2018年2月2日閲覧。
  5. ^ アンディ・パートリッジ トッド・バーンハート『XTC コンプリケイテッド・ゲーム』太田晋訳 DU BOOKS 2017年 ISBN 9784866470030 P74
  6. ^ BRITISH CULT LABEL COLLECTION Vol.6 ダンデライオン・レーベル登場!”. 芽瑠璃堂 (2008年4月9日). 2018年2月3日閲覧。
  7. ^ Montgomery, James (2004年10月26日). “John Peel, Legendary DJ And Champion Of Acts From Bowie To Franz Ferdinand, Dies”. MTV. 2018年2月2日閲覧。
  8. ^ Scott, Tim (2017年6月15日). “Talking 'Teenage Kicks' With The Undertones' John O'Neill”. Noisey. 2018年2月2日閲覧。
  9. ^ Caraeff, Ezra Ace (2011年5月26日). “True Confessions”. The Portland Mercury. 2018年2月2日閲覧。
  10. ^ 杉山仁「Dubstepシーンの成り立ち」(『ベース/ビート・ミュージック・ブック』シンコー・ミュージック・エンタテイメント 2012年 ISBN 9784401636709 P15)
  11. ^ Grandon, Marisol (2006年8月17日). “Replace Dad? That would be hateful”. telegraph. 2018年2月3日閲覧。
  12. ^ BBC Radio 6 Music Tom Ravenscroft
  13. ^ パブでバラカン(3)…海賊ラジオがあった”. YOMIURI ONLINE (2015年9月29日). 2018年2月3日閲覧。

関連文献編集

  • Garner, Ken (2007). The Peel Sessions: A Story of Teenage Dreams and One Man's Love of New Music. BBC Books. 
  • Heatley, Michael (2004). John Peel: A Life in Music. Michael O'Mara Books. 
  • Peel, John; Ravenscroft, Sheila (2005). Margrave of the Marshes. Bantam Press. 
  • Peel, John (2008). The Olivetti Chronicles: Three Decades of Life and Music. Bantam Press. 
  • Wall, Mick (2004). John Peel: A Tribute to the Much-Loved DJ and Broadcaster. Orion Books. 

外部リンク編集