メインメニューを開く

クスコ (Cusco;Qusqu) は、ペルーの南東クスコ県の県名および県都の地名。アンデス山脈中の標高3,400mにある。人口約30万人。

クスコ
Cusco
ペルーの旗
Cusco, Peru.png
クスコの市旗 クスコの市章
市旗 市章
位置
クスコの位置(ペルー内)
クスコ
クスコ
クスコ (ペルー)
座標 : 南緯13度30分 西経71度58分 / 南緯13.500度 西経71.967度 / -13.500; -71.967
行政
Flag of Peru (state).svgペルー共和国
  クスコ県
 市 クスコ
地理
面積  
  市域 3,310 km2 (10,860 mi2)
標高 3,399 m
人口
人口 (2002年現在)
  市域 319,422人
その他
等時帯 ペルー標準時間 (UTC-5)
公式ウェブサイト : www.municusco.gob.pe

クスコとは、ケチュア語 (Quechua) で「へそ」を意味し、インカ帝国(正式名称タワンティン・スウユ(Tawantinsuyu))の首都で、文化の中心だった。現在もペルーで有数の都市の一つである。

目次

歴史編集

キルケ文化編集

 
サクサイワマン遺跡(1989年10月撮影)

1200年代にインカ人が移住して来る前、900年から1200年にかけてキルケ人がこの地域を支配していた。クスコ郊外のサクサイワマン要塞の遺跡を炭素14法(放射性炭素年代測定)で分析したところ、1100年頃のキルケ文化による要塞であることが判明した。その後、1200年代以降にインカ人勢力がここを占拠した。2008年3月13日、考古学者により古代の寺院、道路、導水設備の遺跡がサクサイウアマンで発見された。2007年の発掘調査の結果、寺院が要塞の脇で発見され、要塞には軍事的な機能だけでなく、宗教的な機能があったことが示された。

インカ時代編集

1200年代から1532年までの間、クスコはインカ帝国の首都であった。クスコの町並みは、聖なる動物であるピューマをかたどったものとの説があるが、証明はされていない。インカ人の統治下で、町はUrinHananの2街区に分かれ、それぞれが更に2つに分けられていた。4つの街区は、北西のChinchasuyu、北東のAntisuyu、南西のQontisuyu、南東のCollasuyuであった。道路はそれぞれの街区から、対応する帝国の州邦(suyu、スウユ)に伸びていた。それぞれの州邦の指導者は対応する街区に家を建て、毎年、一定期間クスコに住まなければならなかった。

パチャクテクの治世以降、皇帝が亡くなると、帝位は息子のひとりが引き継ぐ一方で、その財産は残る一族の者に分け与えられた(分割相続)。したがって帝位継承者は自ら一家を興し、自分が死んだ後の子孫を扶養するために、新しい領地を帝国に加える必要があった。

インカの伝説によると、クスコはサパ・インカパチャクテクによって建設された。彼はクスコ王国を、活気のない町から巨大なタワンティン・スウユ帝国へと変えた。しかし、考古学的な証拠によると、パチャクテクの統治以前から町は徐々に有機的に発展していた。町は決められた計画によって建設され、2つの川は町を取り囲むように注ぎ変えられた。クスコの都市計画は、帝国の他の町に模倣された。

1527年のワイナ・カパックの死後、クスコはアタワルパの支配領域となった。1532年4月、町はアタワルパ軍に占領された。 (w:Battle of Quipaipan) その19ヵ月後、町はスペイン人征服者に侵略された(クスコの戦い (w:Battle of Cuzco) )

スペイン人による征服編集

1533年11月15日、最初のスペイン人がクスコに到着した。征服者のフランシスコ・ピサロが公式に到着したのは、1534年3月23日であった。

植民地化の結果は都市の建築を通してみえる。侵略の後、スペイン人植民者は数多くのインカ帝国の建造物、寺院、宮殿を破壊した。彼らは破壊で残った壁を、新都市建設の土台として使用した。そして数多くの教会、女子修道院、大聖堂、大学、司教区を建設した。インカ帝国古来の建築方法に、スペインの影響が融合した建造物であった。スペイン人は土着の寺院をカトリック教会に、宮殿を彼ら侵略者の住居に変え、キルケ構造のターワンティンスーユ (w:Tawantinsuyu) を伴うなど、クスコの建造物は重厚な文化が融合していた。インカ人がキルケ構造の上に建造物を建てたように、スペイン人はインカ人によって建てられた巨大な石の上に建造物を建てた。スペインの建物は、インカによって建設された巨大な石の壁の上に作られている。これらインカ時代の石積みは、石と石の間に「カミソリの刃一枚通さない」と言われる巧緻さである。また、周囲にはサクサイワマン遺跡やケンコー遺跡など、数多くの遺跡が点在する。

クスコはアンデス地域において、スペイン植民地とキリスト教布教の中心であった。農業、牧畜、鉱山やスペインとの貿易のおかげで、クスコはおおいに繁栄した。

気候編集

クスコの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 27.8
(82)
27.2
(81)
26.1
(79)
26.1
(79)
28.9
(84)
25.0
(77)
25.0
(77)
25.0
(77)
27.2
(81)
28.9
(84)
27.8
(82)
30.0
(86)
30.0
(86)
平均最高気温 °C (°F) 18.8
(65.8)
18.8
(65.8)
19.1
(66.4)
19.7
(67.5)
19.7
(67.5)
19.4
(66.9)
19.2
(66.6)
19.9
(67.8)
20.1
(68.2)
20.9
(69.6)
20.6
(69.1)
20.8
(69.4)
19.75
(67.55)
平均最低気温 °C (°F) 6.6
(43.9)
6.6
(43.9)
6.3
(43.3)
5.1
(41.2)
2.7
(36.9)
0.5
(32.9)
0.2
(32.4)
1.7
(35.1)
4.0
(39.2)
5.5
(41.9)
6.0
(42.8)
6.5
(43.7)
4.31
(39.77)
最低気温記録 °C (°F) 1.1
(34)
2.2
(36)
1.7
(35.1)
−3.9
(25)
−4.4
(24.1)
−5.0
(23)
−8.9
(16)
−5.0
(23)
−1.1
(30)
−1.1
(30)
−1.1
(30)
0.0
(32)
−8.9
(16)
降水量 mm (inch) 145.3
(5.72)
133.7
(5.264)
107.0
(4.213)
43.2
(1.701)
8.7
(0.343)
1.5
(0.059)
4.0
(0.157)
8.6
(0.339)
21.8
(0.858)
39.4
(1.551)
71.9
(2.831)
122.7
(4.831)
707.8
(27.867)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 18 13 11 8 3 2 2 2 7 8 12 16 102
湿度 64 66 65 61 55 48 47 46 51 51 52 59 55.4
平均月間日照時間 143 121 170 210 239 228 257 236 195 198 195 158 2,350
出典 1: 世界気象機関 (UN),[1] BBC Weather[2]
出典 2: Danish Meteorological Institute (sun and relative humidity),[3] Sistema de Clasificación Bioclimática Mundial (extremes)[4]

世界遺産編集

  クスコ市街
ペルー
 
クスコの街並み
英名 City of Cuzco
仏名 Ville de Cuzco
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(4)
登録年 1983年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

クスコの市街は、1983年世界遺産文化遺産)に登録された。

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

観光編集

大聖堂編集

アルマス広場編集

インカ時代「戦士の広場」として知られたアルマス広場は、フランシスコ・ピサロによるクスコ征圧宣言など、たびたびクスコの歴史における重要な事件の舞台となってきた。また、植民地時代ペルーで起きた反乱の指導者とされるホセ・ガブリエル・コンドルカンキの処刑もここで行われた。

スペイン人は、広場の周囲に今日まで残るアーケードを建設した。大聖堂とラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会はどちらも広場に面している。

ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会編集

 
ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会

ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会(「イエズス会の教会」の意)は、インカの皇帝、ワイナ・カパックのアマルカンチャ宮殿のあった場所に、1576年にイエズス会によって着工され、アメリカ大陸におけるコロニアル・バロック建築の代表例とされる。ファサードは石の彫刻、祭壇は金箔で覆われた木の彫刻でできている。教会は、植民地時代のクスコ学校の貴重な絵画が残る地下礼拝堂の上に建つ。

太陽神殿編集

博物館編集

  • 旧コロンビア美術館英語版
  • マチュピチュ博物館
  • インカ博物館
  • クスコ歴史地区博物館
  • クスコ伝統織物センター
  • カカオ・チョコレート博物館
クスコの町並
夜のアルマス広場
アルマス広場

人口編集

人口±%
16145,000—    
17616,600+32.0%
18126,900+4.5%
18209,000+30.4%
182715,000+66.7%
185016,000+6.7%
186115,000−6.2%
187717,000+13.3%
189018,900+11.2%
189620,000+5.8%
190025,000+25.0%
190833,900+35.6%
192030,500−10.0%
192532,000+4.9%
192733,000+3.1%
193135,900+8.8%
194040,600+13.1%
194545,600+12.3%
195150,000+9.6%
195354,000+8.0%
196180,100+48.3%
1969115,300+43.9%
1981180,227+56.3%
1993250,270+38.9%
1997275,318+10.0%
2000295,530+7.3%
2005375,066+26.9%
2006382,577+2.0%
2007390,059+2.0%
2008397,526+1.9%
2009405,000+1.9%
2010412,495+1.9%
2011420,030+1.8%
2012427,580+1.8%
2013435,114+1.8%
2015434,654−0.1%

18世紀後半まで、クスコは大陸最大の人口を抱え、リマよりも多かった。INEIによれば、2015年現在の人口は、434,654人である。

地区別の人口
地区 面積
(km2)
人口
(2007年)
世帯数
(2007年)
人口密度
(hab/km2)
標高
(海抜)
クスコ 116.22 km2 108,798* 28,476 936.1 3,399 m
サン・ヘロニモ 103.34 km2 28,856* 8,942 279.2 3,244 m
サン・セバスチャン 89.44 km2 85,472* 18,109 955.6 3,244 m
サンチアゴ 69.72 km2 66,277* 21,168 950.6 3,400 m
ワンチャク 6.38 km2 54,524* 14,690 8,546.1 3,366 m
総計 385.1 km2 358,052* 91,385 929.76
*国勢調査 (INEI)[5]

交通編集

アビアンカ・ペルーラン・ペルー航空など多くの航空会社が就航するアレハンドロ・ベラスコ・アステテ国際空港がある。また、マチュ・ピチュ遺跡との間、およびチチカカ湖のほとりのプーノとの間にペルー南部鉄道が走っている。バスも各地との間に運行されているが、高い標高のせいもあって道路状態が悪く、特に雨期は空路・鉄道と比べて確実ではない。

姉妹都市編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ World Weather Information Service – Cuzco”. UN. 2012年12月18日閲覧。
  2. ^ Average Conditions Cusco, Peru”. BBC Weather. 2012年12月18日閲覧。
  3. ^ Peru - Cuzco (pg 209)” (Danish). Climate Data for Selected Stations (1931-1960). Danish Meteorological Institute. 2012年12月18日閲覧。
  4. ^ Peru - Cuzco” (Spanish). Centro de Investigaciones Fitosociológicas. 2012年12月18日閲覧。
  5. ^ Censo 2005 INEI

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 南緯13度30分 西経71度58分 / 南緯13.500度 西経71.967度 / -13.500; -71.967 (クスコ)