スイカズラ属Lonicera または Caprifolium)はスイカズラ科の属の一つ。

スイカズラ属
Lonicera japonica, flower.JPG
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: スイカズラ属 Lonicera
学名
Lonicera L.
英名
Honeysuckle

特徴編集

低木または蔓性木本からなる。北半球におよそ180種が分布する。特に中国に100種以上を産し、日本にもスイカズラウグイスカグラキンギンボク(ヒョウタンボク)をはじめ20種ほどある。が美しくまたは芳香を放つため栽培されるものもある。日本原産のスイカズラも栽培されたものがアメリカなどで野生化し問題になっている。

は卵形の単葉で対生し、縁は全縁か、まれに裂ける。ツキヌキニンドウは花序直下の2枚の葉が融合している。多くは落葉性であるが常緑性のものもある。花はラッパ形または筒形の花冠を持ち、色は白、赤、黄色など。芳香を持つものが多く、またを多く出す。果実は液果で赤、青、黒などに熟し、数個の種子を含む。ハスカップ(クロミノウグイスカグラ)など一部の果実は食用になるが、キンギンボクなど毒性のあるものも多い。

編集

日本に自生する種編集

その他の種編集

ギャラリー編集

参考文献編集