スカースデイル英語: Scarsdale)は[3]アメリカ合衆国ニューヨーク州ウェストチェスター郡にある町村。スカースデイル町はスカースデイル村と同一地域を占めるが、コミュニティは似た政治状況の州のいくつかの村のうち1つの村政府と単独で活動することを選択した。

スカーズデイル
Scarsdale, New York
町村
スカーズデイルの公式印章
印章
スカースデイルの位置
スカースデイルの位置
スカーズデイルの位置(ニューヨーク州内)
スカーズデイル
スカーズデイル
スカーズデイルの位置(アメリカ合衆国内)
スカーズデイル
スカーズデイル
スカースデイルの位置
座標: 北緯40度59分32秒 西経73度47分13秒 / 北緯40.99222度 西経73.78694度 / 40.99222; -73.78694座標: 北緯40度59分32秒 西経73度47分13秒 / 北緯40.99222度 西経73.78694度 / 40.99222; -73.78694
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州
ウェストチェスター
創立1701年3月21日
町として法人化1788年3月7日
村として法人化1915年5月24日
行政
 - 町村長ダン・ホクヴァート
 - 村マネージャーステファン・M・パッパラード
面積[1]
 - 計6.67sq mi (17.27km2)
 - 陸地6.66sq mi (17.25km2)
 - 水面0.01sq mi (0.02km2)
標高217ft (66m)
人口2010年
 - 計17,166
 - 概算 (2016)[2]17,909
 - 密度2,689.04/sq mi (1,038.19/km2)
等時帯東部 (EST)UTC−5
 - 夏時間(DSTEDT(UTC−4
ZIPコード10583-4409
市外局番914
FIPSコード36-65431
GNIS0977410
ウェブサイトwww.scarsdale.com

2010年の国勢調査では、人口は17,166人であった[4]

歴史編集

植民地時代編集

ケイレブ・ヒースコートCaleb Heathcote)は土地を購入し、そこは17世紀末にスカースデイルとなった。1701年3月21日に王家の領地に昇格した。名前の由来はダービーシャーにあるヒースコートの本籍地(Sutton Scarsdale)にちなむ。1712年の最初の人口調査では、住民は7人のアフリカ人奴隷を含んで12人であった。1721年にケイレブが死ぬと、娘たちが財産を継いだ。その財産は1774年に崩壊し、1788年3月7日に町が正式に設立された。

この町の中の現在ガーデンロードとママロネックロードの交差点になっているところで、アメリカ独立戦争の際に大陸軍とイギリス軍が一時的に衝突した。イギリスの指揮官ウィリアム・ハウはガーデンロードの現在でも残る農家の家に宿泊していた。スカーズデイルでの戦争の歴史はジェイムズ・クーパーの小説『スパイ』の基礎を形成した。これは著者が現在のヒースコート地区にあるAngevine Farmに住んでいた時に書かれたものである[5]

1790年–1945年編集

1790年の最初の連邦人口調査によると、町の人口は281人であった。1840年までにこの数字は255にまで減り、大部分が農場主や農家であった。1846年、ニューヨーク・アンド・ハーレム鉄道によりスカースデイルがニューヨークとつながり、通勤者の流入をもたらした。

 
スカーズデール・ウーマンズ・クラブの歴史的なオークの木(2012年9月)

1891年、Arthur Suburban Home Companyが150エーカー (0.61 km2)の農場を購入し家族の住宅地へ転換し、田舎から郊外へのコミュニティの変換を始めた。市民の機関はすぐに現れた。Heathcote Association(1904年)、Town Club(1904年)、Scarsdale Woman's Club(1918年)、Scarsdale League of Women Voters(1921年)などである。スカースデイル高校とグリーンエーカーズ小学校が1912年に建設され、エッジウッド小学校は1918年に開校した。最初の店は1912年にポパムロードとガースロードの角に開店した。1915年までに人口は3千人に達した。1930年までには1万人に到達した。

1940年、ドイツの外交員Gerhardt Alois Westrickは、スカースデイルにある家で秘密裏にアメリカの財界人と会ったが、ニューヨークのBritish Security Coordinationにより作られたNew York Herald Tribuneの記事への反応[6]という世間の圧力により家族はコミュニティから追われた[7][8]。その後彼はアメリカに非友好的な活動を追求したことにより追放された。

1945年-現在編集

 
ハーウッド・コート

Otto Dohrenwend率いる「10の委員」が公立学校で「共産主義者の侵入」を主張していた1950年代に、スカースデールが国家論争の対象となった[9]。町の徹底的な調査により、これらの主張は拒否された。役者の中(オジー・デイヴィスルビー・ディーピート・シーガー)には「共産主義者の共感者や破壊活動家」と言われた人もいたため、スカースデイル市民委員会として知られる同集団は1963年に公立高校でフリーダム・ライダーズが利益を得るのを防ぐために訴えた[10]

1961年にはさらなる論争が町を覆った。Charles S. McCallister率いるスカースデイル・カントリークラブが、ユダヤ教から米国聖公会へ改宗した若い男Michael Cunningham Hernstadtが、クラブに来るのが初めてだった若い女性Pamela Nottageをエスコートするのを拒否したことである。その時、建物からユダヤ人を締め出すのがクラブの方針であった[11]。これに対し、Saint James the Less教会のGeorge French Kempsell師はクラブの決定を支持するものが聖体を拝領することを禁止すると発表した[11]。この出来事は町の反ユダヤ主義の衰退の転機となった[11]

1928年より歴史的に有名なWayside Cottageにあったスカースデイルの公立図書館は1951年にWhite Plains Post Roadに移転した[12]。図書館の背後の原動力はニューヨークの出版業者S. Spencer Scottであった。彼は1938年に村が建物の資金調達を拒否したのちにこの計画に10万ドルを調達した。新しい図書館は2万7千冊の本とともに開館し、Sylvia C. Hiltonが最初の司書として働いた。

町の5つの小学校のうち最後に開校したヒースコート校は1953年9月に開館した。この100万ドルかけた建築上のランドマークはシカゴのPerkins & Willにより設計された。ニューヨーク州公立学校委員会の委員長Walter B. Cockingが献呈演説を行った[13]

1967年、国務長官でありかつて長らく居住者であったディーン・ラスクベトナム戦争の真っ最中にスカースデイルに戻り、町のマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したが、無言の抗議とともに迎えられた[14]

スカースデールはアメリカ最高裁判決のテーマとなったことがある。1985年のACLU v. Scarsdaleで、これにより公共の場所に置かれるキリスト出生に関するいわゆる「トナカイルール」が確立され、地元の宗教団体が公的財産にキリスト生誕の像を設置する権利を支持した。

1985年の事例Board of Trustees of Scarsdale v. McCrearyでも最高裁判所に関わっている。これは公的財産の私的に後援されたキリスト出生像の展示に関するものである。

Caleb Hyatt House、スカースデイル駅、Scarsdale Woman's Club、United States Post Office、Wayside Cottageは国家歴史登録財に入っている[15]

歴史家編集

スカースデイルの村の最初の公式歴史家はRichard Ledererである。Ledererは1993年に亡くなり、Irving J. Sloanに引き継がれた[16]。2008年にSloanが亡くなり[17]、Eric Rothschildが村の歴史家の地位に就くと推測されている。

地理・気候編集

国勢調査局によると、村の総面積は6.6平方マイル (17 km2)であり、0.15%は水地である。マンハッタンのミッドタウンから約25マイルのところにあり、メトロノース鉄道の急行で約30分でアクセス可能である。湿潤大陸性気候の地帯にあり(ケッペンの気候区分でDfa)、冬は寒く雪が多く、夏は熱く湿度が高く4つの季節に分かれている。[18]

人口統計編集

人口推移
人口
19203,506
19309,690176.4%
194012,96633.8%
195013,1561.5%
196017,96836.6%
197019,2297.0%
198017,650−8.2%
199016,987−3.8%
200017,8234.9%
201017,166−3.7%
2016(推計)17,909[2]4.3%
U.S. Decennial Census[22]

2000年の国勢調査では[23]、17,823人、5,662世帯、4,993家族が住んでいた。人口密度は1,036.4人/km²であった。5,795の住宅があり、平均密度は337.0軒/km²であった。

2000年の国勢調査によると、人種分布は白人(非ヒスパニック)84.1%、アジア系12.6%、アフリカ系アメリカ人1.5%、ヒスパニックまたはラテン系2.6%であった。

5,662世帯のうち、51.0%に18歳未満の子供がおり、81.8%が夫婦で一緒に住んでおり、5.0%が夫がおらず女性が世帯主、11.8%が非家族であった。全世帯の10.6%は個人であり、6.3%は65歳以上の一人暮らしであった。世帯の平均構成人数は3.14であり、家族の平均構成人数は3.35人であった。

年齢分布は18歳未満が32.8%、18歳~24歳が4.0%、25歳~44歳が22.8%、45歳~64歳が28.7%、65歳以上が11.6%である。平均年齢は40歳である。女性100人当たりの男性人数は94.4人である。18歳以上の女性100人に対する男性人数は89.2人である。

世帯の平均収入は18万2792ドルであり、家族の平均収入は29万1542ドルであった。平均収入の男性対女性比は10万ドル当たり6万2319ドルであった。1人当たりの収入は8万9907ドルであった。これは国内で59番目に高い所得であり、人口が1万人以上の町では2番目である。家族の約1.7%、人口の2.8%は貧困線以下にあり、18歳未満は3.2%、65歳以上は2.3%が含まれていた。ニューヨーク市の富裕な郊外として知られており、様々な富裕ランキングで高い位置に常にいる。2013年にはCNNマネーリスト"top earning towns"の1位にランクインし、家計収入の中央値は30万ドルに近かった[24]。2016年の調査によると、ニューヨーク州の中で小企業にとって良い都市で2位にランクインされた[25]

民族編集

2000年現在、アメリカで働く日本人にとって好都合な場所であった。ニューヨーク・タイムスのLisa W. Foderaroによると、日本では住宅ストックや学校の良い場所として知られていた[26]。1991年までは、ニューヨーク市で仕事をする多くの日本人ビジネスマンはひとまとめにスカースデイルに異動することを選択していた[27]。日本人が大量に定住したことは、アメリカの人々、特にスカースデイル高校の生徒の間で摩擦を引き起こすこととなった。日本人居住者は市民ではなく、アメリカ政治に精通していなかったこともあり、町の政治活動の多くに参加することができなかった。多くの日本企業がコミュニティに対応しているようである[28]

ユダヤ人のための大きく活発な場所でもある[29][30]

教育編集

 
Brewster Roadから撮ったスカースデイル高校
 
スカースデイルのOur Lady of Fatima Schoolの学生たちが Yonkers Saint Patrick's Day Paradeで行進する様子

スカースデイル公立学区は小学校区Edgewood、Fox Meadow、Greenacres、Heathcote、Quaker Ridgeで5つの小学校を運用している。これらの学区は自治会の一部であり、スカースデイル中学、スカースデイル高校も同様である。

スカースデイルと郵便番号が共通する近隣のGreenburghという町では、Edgemont Union Free School Districtがある。この地区は、GreenvilleとSeely Placeという2つの小学校と7歳から12歳の生徒を受け入れるEdgemont Junior/Senior High Schoolから構成されている。地区には所有する中学校はないが、その代わりに7-8年のミドルスクールと、9-12年のハイスクールが組み合わされている。

French-American School of New York (FASNY) はスカースデイルに就学前のキャンパスを持っている。

図書館編集

ここの図書館はWestchester Library Systemの38の公共図書館の1つである。2万5千平方フィートの図書館には14万7千冊以上の本と視聴覚資料が収蔵されている。のべおよそ39万7084のアイテムが貸出されている[31]

消防編集

フルタイムの火災救助は派遣されたプロの消防士47人、スカースデイル消防署のボランティア消防士95人により行われている。派遣された人には部長、7人の隊長補佐、消防士がいる。ボランティア消防士はSFDの3つのボランティア消防会社からの人でなっている。現在3つの消防署があり、4機のエンジン(予備1台)2台の梯子(予備1台)1つのユーティリティユニットの消防装置の車隊を運営している。入り交じった消防隊員は2013年に約1400件の緊急コールに対応した[32]

郵便編集

スカースデイルのZIPコードは10583である。中央郵便局はChase Roadにあり、建物がN国家歴史登録財になっている[33]

10583のZIPコードは以下の地域で使われており、その全人口は村の人口の2倍ある。これらの地域にはさらに2つの郵便局がある。さらにニューロシェル市は郵便局が位置し、コード10583が割り当てられている。この郵便局はWilmot RoadのGolden Horseshoeショッピングセンターにあり、ニューロシェルの"Northend"にある地域にサービスをしている。

イベント編集

スカースデイル・タウン・プールは2007年のEmpire State Gamesの会場であった。チャリティの年1回の自動車ショーScarsdale Concours d'Eleganceの本拠地であり、Southern Westchester Food やWine Festivalも開催されている。

ローカルメディア編集

週刊新聞であるThe Scarsdale Inquirerが地域の問題をレポートしている。この新聞は1901年に出版された[34]。3つのPEG (Public, Educational, Government)ケーブルテレビ局のサービスが提供されている。42,76チャンネルでScarsdale Public Television (SPTV)、43,75チャンネルでScarsdale Government Television、27,77チャンネルでScarsdale Public Schools (SPS) TVである。

関連項目編集

  • スカースデイル - ロックバンド『UNISON SQUARE GARDEN』の楽曲。同バンドのギターボーカルを務めており、この楽曲の作詞・曲を担当した斎藤宏介はスカースデイルの出身である。

脚注編集

  1. ^ 2016 U.S. Gazetteer Files”. United States Census Bureau. 2017年7月5日閲覧。
  2. ^ a b Population and Housing Unit Estimates”. 2017年6月9日閲覧。
  3. ^ メリアム=ウェブスター大学辞典によるとScarsdaleの発音はスカースデイルに近いが、母音aと濁音のdに挟まれているsがzに聞こえるので、カタカナ表記でスカーズデイルあるいはスカーズデールとする人もいる。
  4. ^ Profile of General Population and Housing Characteristics: 2010 Demographic Profile Data (DP-1): Scarsdale town, Westchester County, New York”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2011年11月15日閲覧。
  5. ^ History of Scarsdale”. scarsdale.com. 2015年2月25日閲覧。
  6. ^ The Secret History of British intelligence in the Americas, 1940–1945 pp. 56–57
  7. ^ "Germand Forced to Give Up His Scarsdale Home", The Evening Standard, August 3, 1940
  8. ^ "WESTRICK TO QUIT HOME IN SCARSDALE; Nazi Agent, Under Investigation for Car License Application, Drives 'Perfectly' in Test", The New York Times, August 3, 1940
  9. ^ SCARSDALE HEARS RED CHARGE AGAIN; School Head Tells Citizens' Group Choice Is Among Bare, Rich or Dictated Programs, The New York Times, April 8, 1952
  10. ^ O'Connor, Carol A. A Sort of Utopia, Scarsdale: 1891–1981, published 1983
  11. ^ a b c Scarsdale Parish Rector Limits Communion Over Anti-Semitism by John W. Stevens, The New York Times, Jan. 13, 1961
  12. ^ Folsom, Merril. Scarsdale Opens Its New Library. The New York Times Oct. 2, 1951
  13. ^ Education Notes, New York Times, May 23, 1954
  14. ^ "Rusk Runs Into Peace Vigil in Scarsdale", The Norwalk Hour, March 8, 1967
  15. ^ National Park Service (13 March 2009). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 2020年10月12日閲覧
  16. ^ Richard Lederer, 76, Scarsdale's Historian”. nytimes.com (1993年2月3日). 2015年2月25日閲覧。
  17. ^ JournalNews:Longtime Scarsdale teacher remembered for influence on generations
  18. ^ World Map of Köppen-Geiger climate classification”. The University of Melbourne. 2014年9月12日閲覧。
  19. ^ Historical Weather for Scarsdale, New York, United States of America - Travel, Vacation and Reference Information”. Canty and Associates LLC. 2011年10月24日閲覧。
  20. ^ Scarsdale Westchester County New York average temperature, sunshine and precipitation data”. Homefacts.com. 2011年10月24日閲覧。
  21. ^ Monthly Averages for Scarsdale, NY (10583)”. The Weather Channel (2011年11月). 2011年11月12日閲覧。
  22. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2015年6月4日閲覧。
  23. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  24. ^ Top-earning towns - Scarsdale, NY (1) - Money Magazine
  25. ^ The 8 Best Cities for Small Business in New York State” (英語) (2016年9月14日). 2016年9月19日閲覧。
  26. ^ Foderaro, Lisa W. "For Expatriate Families, A Home Away From Home; Foreign Enclaves Dot the Landscape as County Attracts Temporary Residents." The New York Times. May 7, 2000. Retrieved on January 17, 2014.
  27. ^ Handelman, David. "The Japanning of Scarsdale: East Meets Westchester." New York Magazine (ISSN 0028-7369). New York Media, LLC, April 29, 1991. Vol. 24, No. 17. 40-45. - CITED: p. 41.
  28. ^ Handelman, David. "The Japanizing of Scarsdale: East Meets Westchester." New York Magazine (ISSN 0028-7369). New York Media, LLC, April 29, 1991. Vol. 24, No. 17. 40-45. - CITED: p. 42.
  29. ^ Powell, Mike. "Scarsdale, N.Y., Real Estate Buying Guide". Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  30. ^ Muslim Scholar, Looking to ‘Speak the Truth,’ Teaches the Holocaust and Islam”. The New York Times. 2015年2月25日閲覧。
  31. ^ Scarsdale Library » About Us”. scarsdalelibrary.org. 2015年2月25日閲覧。
  32. ^ Fire Department”. scarsdale.com. 2015年2月25日閲覧。
  33. ^ National Register of Historic Places listings in Westchester County, #88002428
  34. ^ Library of Congress: Chronicling America: The Scarsdale Inquirer”. Chroniclingamerica.loc.gov. 2012年7月18日閲覧。

外部リンク編集