ストラ・エンソフィンランド語: Stora Enso Oyj)は、フィンランドヘルシンキに本社を置く林産企業。林産品および製品のほか、パッケージング事業やバイオマテリアル事業を手掛けている。世界30カ国以上に現地法人を、17カ国に工場を持つ[1]。日本法人はストゥーラエンソジャパン株式会社OMXH25銘柄の一つ。

ストラ・エンソ
Stora Enso Oyj
Stora Enso headquars Helsinki Finland 02.jpg
ヘルシンキの本社
種類 株式会社
市場情報 Nasdaq Nordic STERV
Nasdaq Nordic STE R
本社所在地  フィンランド
00101
Kanavaranta 1, ヘルシンキ
設立 1998年(22年前) (1998
事業内容 林産品・紙製品および関連製品の製造販売
代表者 Annica Bresky(CEO
外部リンク www.storaenso.com(英語)
テンプレートを表示

概要編集

1998年末、スウェーデンのストラ社とフィンランドのエンソ社の合併により誕生した[2]。エンソ社の起源は、古く14世紀にまでさかのぼる。現在ではフィンランド・スウェーデンをはじめ、ドイツロシアなどヨーロッパ全域及びアメリカ合衆国中国などに拠点を持つ[3]。林産企業として世界大手の一角をなし、フィンランドではUPMに次ぐ規模を有している[4]株主名簿にはフィンランドおよびスウェーデンの個人、機関投資家のほか、フィンランド政府、フィンランド社会保険庁などがならんでいる[5]

伝統的な林業・製紙業から事業の多様化をはかっており、事業別の売上では、林業が16%、製紙業が28%、パッケージング関連が37%、バイオマテリアル事業が15%となっている[1]

日本法人編集

日本法人「ストゥーラエンソジャパン株式会社」は東京(九段下)にオフィスを持つ。

出典編集

  1. ^ a b Annual Report 2019 (PDF)” (英語). Stora Enso Oyj (2020年2月13日). 2020年9月8日閲覧。
  2. ^ 細田木材ホームページ
  3. ^ Capacities by mill in 2018”. ストラ・エンソ. 2018年3月21日閲覧。
  4. ^ 19th Annual Global Forest, Paper & Packaging Industry Survey- 2016”. プライスウォーターハウスクーパース. 2018年3月21日閲覧。
  5. ^ ~米衣料専門店大手リミテッドブランズの「IRサイト」~(大和インベスター・リレーションズ)

外部リンク編集