スパイカー・C8Spyker C8 )とは、オランダスパイカー・カーズが製造・販売している2ドアーの自動車。

スパイカー・C8
スパイダー
Broughtonsspyker.jpg
Spyker C8 Heck.JPG
販売期間 2000年-
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
2ドア クーペ
エンジン 4.2L V8 400PS
4.2L V8 ツインターボ 525PS/600PS
駆動方式 MR
変速機 6速MT
全長 4,185mm
全幅 1,880mm
全高 1,080mm
ホイールベース 2,575mm
車両重量 1,250kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2001年にオープンカーの「スパイダー」(Spyder )とクーペの「ラヴィオレット」(Laviolette )を発売。1997年にスパイカー・カーズによって復活したスパイカーブランドの最初の車種となった。

車種編集

市販車にはソフトトップの「スパイダー」「スパイダーT」、筒状のエアインテークがついたガラスルーフを搭載した「ラヴィオレット」「ダブル12S」がラインナップされている。「スパイダーT」は「スパイダー」の高性能バージョン。「ダブル12S」はレーシングカーの「ダブル12R」のロードカーバージョンという位置づけで、ホイールベースが延長され燃料タンク容量も75Lから100Lに変更されている。

エンジンはアウディ・S8に搭載されていた4.2L V型8気筒DOHC40バルブエンジンで、ミッドシップレイアウトを採用。ベーシックラインの「スパイダー」と「ラヴィオレット」には400PSの自然吸気仕様を積み最高速度300km/h、「スパイダーT」には525PSのツインターボ仕様を積み最高速度320km/h、「ダブル12S」には400PSの自然吸気仕様と600PSのツインターボ仕様が用意されそれぞれ最高速度は300km/h、345km/hとなっている。トランスミッションは全車6速MTである。

ドアはガルウィングであり、ボンネットやボディ側面にもエアインテークを配置、リアにはディフューザーを装着するなど派手な外観をもつ。

インテリアにはすべて本革が使用されるほか、クラシックカーのようなメーター配置、航空機プロペラに似た4スポークのステアリングが特徴的である。

レース活動編集

 
2006年のル・マンを走った「スパイダーGT2-R」。オープンボディの外観は市販車とさほど変わりない。

スパイカー・カーズは2002年のル・マン24時間レースに出場するため、C8をベースにBMW製 3.4L V8エンジンを搭載した「ダブル12R」を開発。まずはアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)の初戦セブリング12時間レースに参戦したが、マシントラブルによるリタイアに終わった。その後、2002年のル・マンにGTクラスで出場するもリタイア。

2003年には「ST チーム オレンジ スパイカー」が市販車と同じアウディ製 4.0L V8エンジン(480PS仕様)を積んだ「ダブル12R」でル・マンのGTクラスに参戦。クラス最下位ながらも完走を果たした。

2005年、新たに「スパイダー」をベースとしたレーシングカー「スパイダーGT2-R」を開発。450PSを発生するアウディ製 3.8L V8エンジンを搭載し、オープンボディにロールケージを装着した。同年のル・マンのGT2クラスにエントリーしたが、完走出来なかった。また、この年からFIA GT選手権にワークス参戦を開始。使用するマシンは「スパイダーGT2-R」で、第9戦珠海で初ポイントを獲得、第10戦ドバイではクラス2位に入った。

2006年、初の「スパイダーGT2-R」2台体制でル・マンのGT2クラスに参戦したが、どちらもリタイアに終わった。一方、FIA GT選手権では第4戦スパと第9戦アドリアでポイントを獲得した。再びALMSに参戦。

2007年も引き続き2台体制でル・マンのGT2クラスに参戦したが、2台ともリタイアとなった。引き続きALMSには出場するが、FIA GT選手権にはエントリーしていない。

外部リンク編集