スパルタン (原子力潜水艦)

艦歴
発注 1976年2月7日
起工 1976年4月26日
進水 1978年5月7日
就役 1979年9月22日
退役 2006年1月
その後
除籍
性能諸元
排水量 水上 4,200トン
水中 4,900トン
全長 82.9m
全幅 9.8m
吃水 8.5m
機関 ロールス・ロイスPWR1型加圧水型原子炉 1基
蒸気タービン 2基
1軸推進
最大速 水中 30ノット
水上 20ノット
潜行深度 600メートル
乗員 103名
兵装 21インチ魚雷発射管5門
スピアフィッシュ
ハープーン UGM-84B
トマホーク block III
探索装置 2001型ソナー (探信/受聴)
2007型ソナー (受聴)
197型ソナー (音響要撃受信機)
1006型レーダー
攻撃/索敵潜望鏡
モットー Courage With Great Endurance

スパルタン(HMS Spartan, S105)は、イギリス海軍原子力潜水艦スウィフトシュア級原子力潜水艦の5番艦。この名を受け継いだ艦としては7代目にあたる。

艦歴編集

「スパルタン」は、ヴィッカーズ・シップビルディング・アンド・エンジニアリングバロー・イン・ファーネス造船所で1976年4月26日に起工され、レイモンド・ライゴ提督の妻によって1978年4月7日に進水し、1979年9月22日に就役した。

スパルタンは1982年3月30日にフォークランド諸島へ派遣を命じられる。それはアルゼンチン軍が侵攻する2日前のことであった。スパルタンは島に到着した最初のイギリス艦艇であり、イギリス軍により設定された200マイル (370km) の封鎖海域を強化した。直後にスパルタンはアルゼンチンの商船がスタンリーに機雷を敷設しているのを発見する。しかし攻撃命令は下されなかった。これはイギリス軍が急速に戦火を拡大させることに対して懸念を抱いていたためであった。しかしながら空母ベインティシンコ・デ・マヨのような重要目標に対しては命令が下されていた。スパルタンはコンカラーのようにフォークランド紛争では大きな戦果を挙げなかったが、アルゼンチン空軍の動向に対する偵察で価値ある情報を提供した。スパルタンの存在はアルゼンチン艦艇が出港することに対する大きな脅威となった。

1999年には、トマホーク巡航ミサイルが装備された。

スパルタンは2006年1月に退役した。

関連項目編集